497 :ちわわ 2017/01/22(日) 02:54:58 ID:hU3
    子供の時、8歳下に生まれた弟が、両親に可愛がられているので
    両親を取られた気がして面白くなく、何とか意地悪してやろうと思っていた。
    弟がしゃべり始めた頃、私の動物図鑑がお気に入りになって
    動物の絵を指さして「うさぎ」とか「ライオン」とか読んでやるときゃっきゃっと喜んだ。
    よしここだ。
    私は「馬」の絵を指さして「ブタ」と教え込んだ。
    何度か繰り返すと、馬の絵を見ただけで弟の方から「ブタ!」と言うようになった。
    やーいバカ、と考えの浅い私はほくそ笑んだ。

    日曜日の午後、お茶の間で両親と私と弟がまったりしていると
    つけっぱなしのテレビが競馬中継の時間になった。
    画面いっぱいに映し出される馬、馬、馬。
    弟は興奮してテレビに駆け寄り「ブタ!」と叫んだ。
    両親「え?」
    弟、テレビの画面に指を押しつけながら「ブタ!ブタ!ブト!ブト!ブトブトブト!」
    舌が回らないので、途中から「ブト」になってしまった。
    さすがに母は子供のことをわかっている。「(私)ちゃん、(弟)に何か言った?」
    私「あうっ……」
    うなだれて白状すると、両親爆笑。
    父「俺も同じこと、弟にやった。親子ってそんなところも似るんだ」
    弟はそのことを覚えていないが、高校生くらいまで
    両親と私の間だけで「ブトはまだ寝てるの?」とか、弟のことをブトと呼んでいた。

    388 :ちわわ 2009/08/06(木) 13:48:40 ID:yUp0eyQT
    流れ読まずに携帯から。
    長文だし改行とか読みにくかったらごめんね。

    うちは一戸建て旦那と二人暮らし。赤はいません。
    かわりに1t越える馬ともう1頭の計2頭を私と旦那で飼ってる。
    ある日見知らぬ主婦と思われる女忄生が3歳ぐらいの子供を連れて庭に放牧していた2頭を見てた。
    しょっちゅう見学者はいるし、ああにんじんあげるのかな、と私は厩舎にいたからこっそり見ていた。
    しかし手には何も持っていない。
    もしかしたら角砂糖かニンニクか…なんて思い、あんまりにも微笑ましい光景だったから厩舎掃除に戻ったんだ。

    それから5分後、また気になって覗いてみたらなんとデカイこがいない。
    あまりの衝撃に2度見したけどいないものはいない。
    びっくりして飛び出し、玄関前や道路をみたけれど1頭しかいない。