食事会

    847 :ちわわ 2019/11/26(火) 11:20:56 ID:???
    リアル婆の愚痴です。
    嫌な方は、読みとばしてくださいね。
    娘にも、娘の夫くんにも、イラッとしているの。
    娘の家は、わが家から近くて娘義実家からは各駅停車で1時間弱にある。
    先日、孫の発表会が、婆家や娘夫婦家から各駅停車で10分弱の会場で行われ、婆家も娘の義両親ご夫婦も行ったのだけど・・。
    発表会終了後、皆で食事でもと言われたけど、事前に聞いてないし、爺はそもそも翌日から仕事連勤というときは、家でも軽食しか摂らない人で、できれば発表会も欠席したいくらいの人。
    それと、息子一家と水入らずでの食事の方がいいかな?社交辞令かな?
    と思ったのもあって、お食事はご一緒しなかったの。
    そしたら、娘夫くんから娘に、せっかく遠くから来てくれた自分の両親に対して、お前の親は失礼だと、愚痴を言ったらしい。
    その愚痴を娘が婆に言うのよ。
    1度なら婆も思案が足りなかったのかなって反省もしたけど、日にちを置いて3回ほど聞いたら嫌になっちゃって。
    婆だって、発見会の件では娘夫くんに言いたい事もある。
    爺だって、ノンビリと発見会を見たかったのにビデオ撮影を頼まれ、婆だって別の娘家事情でゆっくり見られなかったし・・
    ゆっくり発表会を見れた、娘夫くんや娘義両親が羨ましかったわ。
    娘が自分の夫に頼まず爺と婆に頼んだ事に、彼は気づいてなかったみたいだから、娘が悪いのか・・
    娘夫くんの家は、せっかく親戚になりご縁ができたのだから、もっともっと親睦しましょう!というご家庭の方針で、
    婆家は、爺も婆も事前に聞いてない親睦会は、心の準備がほしいのよね・・
    あんまり娘に不満を言うと、娘も心が休まらないので、愚痴を言わせてもらいました。

    705 :ちわわ 2017/09/17(日) 22:52:43 0.net
    うちは義実家と敷地内別居
    義弟の家は徒歩7~8分の所にある義父名義の土地に建ってる
    義母が人を集めて手料理でもてなすのが好きな人なので
    月に2~3回は義家族と一緒に食事する
    大人たちは休みがバラバラなので誰か彼か抜けることもあって
    私はここ数回、残業だ出張だで欠席が続いていて
    おとといの集まりに久しぶりに参加した
    そうしたら義弟嫁が
    「お義姉さん逃げてばっかりだからもう来ないと思ってましたー
    私ばっかりにお義父さんたちの面倒見させてずるいですよね」
    と、何をとち狂ったのか義両親の前でしゃべり始めた(多少酒は入ってた)
    それが義父の機嫌を損ねて食事会は即解散
    いつもは料理を持たせてくれる義母が
    「私の料理なんて迷惑だよね」と拗ねてすべて捨ててしまった
    義弟嫁の顔をひっぱたいてやりたかったわ…
    昨日今日と義両親のご機嫌伺いで休みが終わった

    791 :ちわわ 2015/07/06(月) 17:37:03 ID:EE4
    先々月、義弟夫婦とお子さんが遊びに来る
    うちが家を新築してしばらく経った+両家親も呼んだ後なんで一応お招き
    私、お手製のレシピまとめノートを横に夕御飯を作りもてなす
    その後、義弟嫁さんがやたらと携帯にメールをよこすようになる
    私はPCでのSNSやメール派なので携帯ポチポチは正直うざったいのだが
    なんの遺恨もない親戚相手にすげなくするのもな、と適当に相手をする
    半月くらいして、どうやら本題らしき話題になる(後から気づいたんだけど)
    以下、絵文字付きの長いメールを簡略化

    義弟嫁「先日のご飯、美味しかったですー。またおじゃましたいな」
    私「両旦那が休みで事前に連絡くれるなら、いつでもどうぞ」
    義弟嫁「お義姉さんって、いつもレシピ見ながらお料理するんですか?」
    私「そうね。先人が分量出した料理は裏切りませんからね」
    義弟嫁「私、料理あんまり得意じゃないから尊敬~(絵文字)」
    私(返信なし)

    義弟嫁「今度おじゃましたいって言ってたじゃないですかー」
    私「そうね。いつ頃とか考えているなら早めに連絡くださいね」
    義弟嫁「実は、義両親(私と義弟嫁の夫たちの両親)に入学祝いの
    お礼がしたくて。でもうち狭いじゃないですか」
    私(それとこれと何の関係が?)「はあ」
    義弟嫁「それで、もし良かったら(私)さんのうちで、お食事会とか
    させてもらいたいなって思って」
    私「なんでやねん」
    義弟嫁「いきなり関西弁うけるw それにうちの子も(私息子)と
    会いたがってるんですよ」
    私(なんだかなあ)「食事会ならお店を予約しましょうか」
    義弟嫁「でも、私も(なにゃらごちゃごちゃ)それに義両親にももう
    (私)さんの家で、って言っちゃってるし」
    私(本物のバカだ)「しゃあないから一回だけな。二度はないぞ」

    さて、当日の昨日、義弟嫁さんは右手にわざとらしい包帯を巻いて来ました
    「お料理手伝おうと思ってたのにごめんなさい」とかほざいてました
    昼ごろからうちの息子ときゃっきゃしていた義両親も心配させていましたが
    私にとっては大歓迎です正直新しい台所を下手に使われたくありません
    張り切って買い物して来た大量の食材をガンガン料理してもてなしました
    義弟嫁は「あの、レシピは?」とか「そんなに適当で大丈夫ですか?」やら
    背後霊のように張り付いて鬱陶しかったので笑顔で説明しました
    「私、実家が大家族だったもんで、少人数用の洒落た料理って慣れてないんですよね
    お玉で計れる煮物とかなら大得意なんで、大船に乗ったつもりて任せてください!」

    何かを言いたくて食事会を計画した様子だが前言通り二度目はない
    一時期は十人も住んでいた農家で台所仕事を手伝っていた女をナメんな

    このページのトップヘ