風邪

    788 :ちわわ 2009/10/13(火) 14:56:56 ID:EP+riqT8
    小学生の時、風邪で高熱が出て朦朧として小児科へ行った。
    解熱剤を座薬で入れましょうという事になり、診察室の隣の処置室に連れていかれた。
    そこには注射待ちの男の子が二人いた。看護師さんに「お友達いるけど、ここでやっちゃっていいよね?」と聞かれたが、座薬を知らなかったし早く帰りたかったのでOKしてしまった。

    手早く脱がされ座薬を入れられる私を、目をまん丸にして見てた彼らの顔が忘れられない。

    ちなみに彼らの内の一人が、今の旦那ではありません。

    82 :ちわわ 2016/06/05(日) 17:01:52 ID:Ap7
    下の子が今月で一歳。そろそろ家族旅行したい!と思い立つ

    乗り気でない夫に、ネットで調べた「赤ちゃんウェルカムのお宿」などを含めた旅行プランをプレゼンする。

    夫乗り気になる。近距離別居してるウトメも連れて行きたいと言い出す。ウトメ好きの上の息子(2歳)も喜ぶ。
    私、渋々承諾する。

    ウトメも喜び、一緒に行くことになる。旅行予定日決まる。

    旅行前前日になって、下の子が風邪引く。私、旅行の延期を提案する。却下される。

    ウトメと夫と上の子、今朝旅行に出発。 ←今ココ

    3 :ちわわ 2006/09/07(木) 23:19:35 ID:u1sGnHNt
    1さん乙です。
    前スレの雨の話で思い出しました。

    今年の梅雨時のこと。
    曇り空だから大丈夫だろう、とベビーカーに赤を乗せて買い物に出かけたら
    帰りは土砂降りに。
    ベビーカーにはいつもベビーカー用のレインカバーを積んでいるのでそれを装着。
    ところが傘を差したままじゃベビーカーってうまく押せない。
    自分用のレインコートなんて持ってないし、ベビーカー(というより中の人)が
    無事ならいいや、とちょっと小走り気味に家路を急ぎました。

    家まであと50m、というところで後ろから軽トラック(たぶん近所の農家の
    方だと思います)が走ってきて、追い抜いたと思ったらブレーキを踏んで止まり
    中から女性.が出てきました。
    「ちょっとあんた!濡れてるじゃないの!お母さんが風邪引いたら大変じゃない!
    とりあえず乗って行きな!・・・って何とかシートがないとダメなんだっけ。じゃあ傘!
    傘ならあるよ!」とビニール傘を出してきて渡そうとしてくれました。

    家が近所だということと、傘は持ってるけどベビーカーが押せないので差してないことを
    告げると「本当に大丈夫?家に着いたらちゃんとあったまって大事にするんだよ。
    お母さんは無理しちゃだめなんだからね!赤ちゃんだけじゃなくて自分のことも大事にしなさいね」
    と言ってそのまま走り去っていきました。

    ちょうどその頃産後鬱になりかけで周囲から「がんばれ」「赤ちゃんがいるからしっかりしないと」
    としか言われないことが辛かった時期なので「私の体を心配してくれた」ことと「無理をしなくてもいい」と
    言ってくれたことが何よりもうれしかったです。

    295 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2016/12/17(土) 05:59:13 ID:fXh
    週に一度、隣県に住む旦那弟が実家自営業の打ち合わせを兼ねてうちに遊びに来る
    以下旦那と3人で食事をしているときの会話

    私:「先週はちょっと風邪気味だったけど、
    病院に行ったらすぐ治ったわ。今回は軽く済んでよかった。
    まあ、寝込んだら旦那にインスタントうどんでも買ってきてもらうけど」

    義弟:「え?兄貴が何か作るんじゃないの?」

    私:「いろいろ教えたけど、才能もやる気もないみたいw」

    旦那:「まあ、今は何でも安く買えるし!」

    私:「でもね、これでもマシになったんだよ。最初の頃は、
    私が40度の熱で寝込んでて、なにかお弁当買って食べてって言ったら
    ニコニコして帰ってきて"ねえねえ、天丼弁当ととんかつ弁当どっち食べる?"
    って、油の匂いだけで吐きそうになったわw」と笑いながら愚痴ったら…

    義弟:「あああああ~! すみません、うち一家全員どんなに具合悪くても
    絶対食欲落ちずに普通に油っこいものをガツガツ食べるんですよ…」

    旦那:「だよな…。具合悪いから食欲がないって感覚ないよな(´・ω・`) 」

    私:「工工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工工」

    …でも、この話を聞いてかえって安心した
    悪気なんてなくて、それがこの人の家族の普通だったんだと
    想像力はもとからあまりない人だけど、言えば何でも学習してくれて、
    今ではちゃんと病人食っぽいものを買ってきてくれるようになったし

    ちなみに一族はほとんどがインドア系の仕事でハードに動く人は少ない
    ハイカ□リーなものばかり好んですごい量を食べるけど、なぜか全員スリム
    昨年94歳で亡くなった伯父さんは毎日外で天丼や焼き肉を食べていたと聞いた

    「世の中広いなあ、いろんな人たちがいるなあ、
    お互いに宇宙人だと思った方が腹が立たないし、優しくできるんじゃ」と思った一件

    このページのトップヘ