衝撃

    928 :ちわわ 2014/10/07(火) 14:46:47 ID:???
    大学生の頃、地元ではちょっと高級な和食屋でバイトしてた。
    完全予約制全室個室で内装もちょっと凝ってて、高い値段なのにそれなりにお客さんも入ってた。
    ある夜ひと組の家族が来店した。2、3歳くらい?の女の子を連れた30代前半くらいの夫婦。
    いつもどおりに個室に案内し、注文したコース料理を机に並べ「ごゆっくりどうぞ」と個室の扉を閉めた。
    1時間ほどしてその家族は会計を済ませにレジに来た。
    レジを打っていると奥さんが「すいません、子供が少し部屋を汚してしまって・・」というので
    お茶でもひっくり返しちゃったのかな?とか思いつつ「いえいえ構いませんよ~」と言いその家族を玄関まで見送った。
    さて片付けますか!ともう一人のバイトとお盆を持って個室に入ると驚くべき光景が。
    部屋が料理でめちゃくちゃなの。びっくりして声を上げたよ。
    まず個室の扉にはべっとりと魚の煮付けの汁が付いてる。
    壁と天井にはご飯粒がべっとり付いてる。床はスイカを握りつぶした?感じで身と種がぐちゃぐちゃになって散乱してる。
    すべての座布団にはおお茶がべっちょり。個室に置いてある壺の中には噛み砕いた天ぷらの残骸。
    額縁は茶碗蒸しまみれ。部屋の端っこらへんは子供がしたのかしらないけど粗相をしたあとも。
    子供がしたことにしては酷すぎる。ちょっと汚したっていうレベルじゃない。
    夫婦がこの店に恨みでもあってしてるのか?と思って予約した時の名前と電話番号を調べたけど今回が初めての来店らしい。
    店のオーナーもあの客は今まで一度も見たことないなぁという。
    結局大事にはせず、子供がしたこととして片付けたけど、未だに腑に落ちない。

    436 :ちわわ 2013/02/07(木) 18:37:51 ID:6++OQrjH
    軽く衝撃的だった話
    40代の元自衛隊員を採用した
    慣れない仕事で大変だろうと初日の終業間近に「初日はどうでしたか?慣れないと大変でしょう」と労った
    すると「他の仕事に比べたら全然楽」と返ってきた
    なんとなく自分の仕事を貶されたようでカチンと来たが、元自衛隊から見たら楽な仕事なんだろう
    むしろ頼もしいじゃないかと思うことにした
    ら、たった2日で来なくなった
    無断欠勤
    電話にも出ないので解雇通知を郵送で送り、出勤した2日分の給料を払うから取りに来いと書いた
    仕事を覚える前に来なくなったので、足手まといでしかない2日間だったが法律上2日分の給料は支払う必要があった
    でもこういう場合、大抵の人は取りに来ない
    いくら無断欠勤するような非常識な人間にも恥の概念はあるらしい
    でも、その元自衛隊、振り込めって手紙送ってきた
    連絡してきた振込先に不備があって入金が遅れたら電話で催促まで…

    衝撃だった

    626 :ちわわ 2014/06/25(水) 11:25:10 ID:utupAIVE.net
    流れ切ってごめん。

    実家にある一部屋が実は座敷牢で、一般的な家庭にはこの部屋がないと知った時が衝撃的だった。
    三方を山に囲まれて自販機や公衆電話もないような集落で、うちに限らず
    たいていの家には形は違っても座敷牢があった。
    実家の地域では「座敷牢」とは言わず、「奥座敷」「奥隠居」とみんな呼んでた。
    うちは座敷から数部屋行った突き当りに「奥座敷」があり、物心ついた頃には
    その部屋は精米する前のお米や樽につけた味噌などが置いてあった部屋だったので
    違和感など覚えずに過ごしてきた。
    結婚相手を実家に連れてきたとき、奥座敷から米俵持ってきてと頼まれて相手といっしょに
    奥座敷に行ったら、びっくりするくらい相手がドン引きしてた。
    マンションや新しい戸建てには奥座敷はないとわかってたけど、古い家ならどこでもあると
    それまでずっと信じてたのでただただ衝撃的だった。

    568 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2013/03/27(水) 01:42:10 ID:WT6UCrfh
    少し前のお話し。

    知人より譲り受けた小さい会社で、
    備品や小口現金を社員およびパート主婦の5人が共謀して横領してました。
    合計1千万ちょいぐらいだったかな。

    すぐにわかったのでそれとなく注意を促してたけど収まらず。

    しかたないので公開処刑にして懲らしめたら、
    3人失禁して5人全員離婚となり、前科持ちになったとさ。

    お子さん揃って土下座しにきてたのが2組みいたけど
    あれは哀れだった。

    83 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2011/08/10(水) 09:52:18 0
    今朝遭遇したプチ修羅場。

    今朝燃えるゴミ収集日。えっちらおっちら運んでいたら、呼びとめるおばはん。
    「これ上げるから、ゴミ持って行ってくれない?」と菓子袋を渡して来た。
    両手にごみ袋持っていたから「無理だから、貰えません。」と断った。
    そしたらそんなこと言わないでと渡して来た透明のゴミ袋見てびっくり!!
    猫が血だらけで目を開けたまま入っていた!!

    腰抜けそうになって、思わず飛びのいたよ!
    「昨夜息子が車でひいちゃって、夜中で処理出来なくて持って来ちゃったの。」
    そんなこと言われても、まるっとお断りだ!!と逃げて来た。

    ひいちゃった猫とか市役所とかに連絡すればいいのかな?

    319 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2016/09/28(水) 03:22:59 ID:EPK/v/ZY0.net
    花屋の友人が体験した話ねー。
    20代くらいの女性.が花の予約に来たんだって。
    頼んだ花は二つで、アレンジメントでおねがいします、って。
    一つは白い洋花で清純なイメージで
    もう一つはピンクのバラを入れてお淑やかな感じで。
    一応用途を聞いてみるとちょっと恥ずかしがってから、友人の結婚式に、と言っていた。花屋ってお悔やみとか法事のほうが多いから、大々的なお祝いの注文はつい張り切っちゃう、と友人は言っていた。
    支払いは当時でもいいと言ったけど、他の人が取りに来るかも、ということで支払いを済ませ、再度受け取り日時の確認と、注文書の控えを渡して話を終えた。
    当日、比較的暇なこともあって一つに30分以上の時間をかけて注文のアレンジメントを作った。
    友人の店では基本的には20分以内というノルマがあるけど、余裕があるなら時間がかかっても満足のいく、自分の最高のものを作りたい、というのが友人だった。この辺り花屋も芸術家気質なんだろう。
    というわけでここひと月で最高の出来、と言えるアレンジメント二つを前に自信満々、きっと、いや絶対喜ぶぞ、と思っていたそうだ。
    さて、約束の時間に来たのは当人ではなく中年かもう少しいってる女性.。
    控えは持っていたので引き渡すが、「頼まれて来たが心当たりが無い」といった感じで不思議そうに帰っていった。
    そこからの話は端折るけど、注文に来た女性.は受け取りにきた女性.(母親だった)が花を撮りに来ている間に首を吊ったそうだ。
    一つは自分用。もう一つは母へのプレゼント。後悔もあるし、ほんとうにお母さんには感謝している。けど耐えられない。そんな遺書があって、二つのアレンジメントが並ぶことになったぞ。
    端折った後の話は、亡くなったのが俺の家の近所の人だったからわかっただけで、友人には言っていない。
    男なのに感情移入が激しくて、お悔やみの注文を受けた日に偶然酒飲みに行ったりすると遺族がどんなに悲しいだろうと半泣きにまるほど優しい奴だから。
    この間の彼岸が明けて、お疲れ様と酒に誘ったら、酔っ払いながらもう居ない人を思って花を添える行為を思うと耐えられない、と泣いててちょっと引いたし。

    自作する自分と、迷惑をかけるであろう母に花を準備してまでタヒを選んだ女性.はどれほど苦しい状況だったんだろうか。
    これ以上は、流石に詮索出来ない。

    444 :ちわわ 2017/03/03(金) 09:50:00 ID:4Ky
    不倫なんて事をしでかす時点ですでに理解の範囲外なんだが、略奪婚までしちゃう奴らって頭の病気かなんかなのかな?
    我が身で「相手は配偶者に対して平気で不誠実な事をやらかす人間」だと体験してるはずなのに、何故そんなんと結婚するんだろう。
    うちの元旦那と不倫相手もラリって結婚して、数ヶ月は私に「負け組ざまぁwww」的な手紙を送ってきてたけど、1年経たずに元旦那がまた不倫したらしくて泣きながら私のとこに「騙された!あんな酷い男だと思わなかった!」ってきたけどアホなのかな。
    というかアホだから不倫なんてするのか。
    「不倫された者の気持ちになれたなら、当時の私の気持ちも理解出来るよね?」って言ってドア閉めたわ。
    何が衝撃的だったかって、
    「あなたは強いから私ほど傷ついてないでしょ!!私は繊細だからこんなに傷ついてるのに酷い!!やっぱり酷い男には酷い女しか手に入らないのね!!」だって。
    お前が言うか。

    このページのトップヘ