脳梗塞

    299 :ちわわ 2014/02/07(金) 23:31:35 ID:9k/hhytU
    昨年末、友達と二人で居酒屋に飲みに行った時のこと。
    待ち合わせ場所から居酒屋まで歩いている時に友達が何度もコケて転んだ。
    寒くて凍結した雪道で歩き辛いけど何でそんなにコケるの、もう酔ってんの?
    なんて冗談を言いながら居酒屋に着いた。
    食事をとりながら飲んでいると友達はグラスをひっくり返したりお皿を落としたり
    トイレから戻って来た時に小上がりの段差でつまずいて転んだりしたので
    「まだそんなに飲んでないのにもうかなり酔ってる?」「痛っ、さっき転んだ時と同じ所ぶつけちゃった」
    なんて話をしていたら隣の席の男性.客が「ちょっといいですか?こちらのお嬢さん、様子がおかしいですよ
    すぐに病院行った方がいい」と言ってきた。
    言われてみれば呂律が回ってなくて聞きづらいし、掘りごたつなのに「足がしびれた」と言っていたので
    会計を済ませタクシーで救急病院に連れて行った。
    この時は急性.アルコール中毒かと思っていた。
    検査中、すごい時間がかかったので待合室で寝てしまっていたら看護師さんに起こされ
    「お友達、脳梗塞です。入院になるので家族の方に連絡とれますか?」と言われびっくりした。
    背中がざわざわブルブルした。一気に酔いが醒めるとはまさにこの事だと思った。
    そして、居酒屋で隣の席にいた男性.、私たちが大きな声で大笑いしたりしていたので気にはなっていだんでしょうが
    友達の異変に気づいてくれた事に驚き。すぐに病院へ、と言ってくれてありがとうと言いたい

    75 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2018/09/15(土) 20:59:09 0.net
    スマホからなので、改行がおかしかったらすみません。
    あと、病.気の話です。

    私の最大の修羅場は、28で脳梗塞になって、担当医に「あなたの年齢でこの病気になるのは異.常です」と言われた事。
    そのせいで救急車で運ばれたのに「ひどい偏頭痛」で片付けられ(当直医は内科医だった)、1晩放置された事から、次の日に再度行ったら見事に詰まった辺りが白くなっていて、経緯を話した母に脳外科?の医師が「誰だ!そんな事を言ったのは!」と激怒。
    (母に怒ったと思ったのは私の勘違いでした)
    そのまま入院になりました。
    後.遺症は左が詰まったので、右側の軽い麻痺(顔が1番きつい)と、右側の視野狭窄と、巻舌が出来なくなったくらいです。
    原因は、今は指定難病になっている膠原病でした。
    多少は不便な身体になりましたが、なってしまったのは仕方ないと思って、親から止められたのもあり、実家で生活しています。

    このページのトップヘ