義実家

    683 :ちわわ 2014/05/03(土) 11:13:00 ID:lcFxASvpm
    ウトがマジキチで絶縁したい。

    私 29歳
    夫 31歳
    結婚一年目。子ナシ。
    旦那とは20歳の時に出会っていろいろあったけど、26歳で付き合い、そのまま結婚。

    私は東京生まれ東京育ち、旦那は北関東出身で付き合ってる時も度々義実家には顔を出してた。
    強烈なコトメもいるが、害はなく、ウトメも普通に見えた。最初は。
    付き合いも長くなるに連れ、ウトの実家にまで顔を出させられて旦那の従姉妹たちに早く結婚しろ、子供作れの嵐だった。実際、私は早く結婚したかったし、子供も欲しかったから彼らのやかましさはありがたくもあった。
    親同士の顔合わせもすませ、付き合い当初から結婚することは決めていたので、籍をいれることなく旦那の地元に私は移住。
    私はすぐに地元じゃいい仕事も決まったが、旦那は決まらず最初の一ヶ月、なぜか私だけ旦那の実家に居候して過ごすことに。
    これが、想像以上にキツかった。

    当初から一ヶ月で出ていくのは決まっていたし、毎週末私は東京の旦那宅に帰っていたので平日だけの居候だった。仕事も始めたばかりだけど、すぐに忙しくなり残業もよくしていた。
    居候初日に、旦那が「これで十分」というから2万円を生活費で渡したら、あとから旦那に「もっと欲しい!!」と怒鳴っているのを聞いてしまった。
    朝ごはんを作ってくれていたけど、昼は買い弁、夜も残業と嘘ついてほとんど食卓には同席しなかった。
    たまに早く帰ればかならずケーキやお菓子などを手土産にし、ご機嫌とりに必タヒだった。
    ウトはお金が大好きで、意地悪をしてくるような人じゃないけど残業した私に「今日は○○○円稼いだね」とか、出張にいったといえば「お昼はおごってもらったのか」「中学の学費は?」とか下世話なことばかりきいてきた。
    挙句に旦那の元カノの話を根掘り葉掘りきいてきたり、旦那の元カノが交際4年で別れた相手だったことを私に「もったいないことしたわよね」といってきたり、強烈な身内フィルターで寝ても覚めてもコトメのことを褒めちぎったりとありえないことばかりだった。
    私は両親にそんなこと言われたことも聞かれたことも無かったら嫌悪感が半端なくて、予定より早く引越し先を決めて、ちょうど一ヶ月で出て行った。

    引越しの日、手伝いに来たウトメが私と旦那の写真アルバムを勝手に引っ張り出してニタニタしてた。
    「本当ひどい顔ね」と言われたから、取り上げた。
    それから会うたびに孫孫孫孫いうから、籍もいれてないんだから無理というとウトから旦那に早く結婚しろ、と話が入り移住から半年して籍をいれた。
    私の両親にはいったけど、ウトメには言わなかった。兼ねてから金の話ばかりするトメに辟易としていた旦那は孫孫攻撃がくるのをわかってて黙ってた。
    母の日のプレゼントは、旦那が出張にいっていたからしばらくして渡したら「ああ、よかった。もらえないかとおもった。」といって私をドン引きさせ、
    お彼岸には義実家と私には無関係のトメ実家の二つお持たせを持っていったら、(トメは三姉妹の真ん中、トメ実家にはトメ姉が婿養子といる。)「妹の分がない」といって旦那をキレさせ
    私実家のお土産を渡したらそのままトメ実家に目の前で「これ、うちから。」と渡されたり
    とにかく下世話で品のない行動ばかり。

    内緒で籍をいれたことが新婚旅行にいったことでわかり、義実家には呼び出され旦那共々こっぴどく怒られた。
    それに対して、なんで内緒にされていたかわかるか?と旦那がきれて、母息子の大げんか。もうこの家には来るなと、言われた。
    それ以来ほぼ半年、義実家にはいってない。来月トメ父の三回忌でどうしても会わなきゃ行けないけど、これを機に絶縁したい。

    712 :ちわわ 2019/01/05(土) 19:38:16 ID:Un6
    長い長い、お正月の出来事の愚痴です。長文嫌いな人はスルーしてね。

    12月29日に妊娠が判明。
    別にサプライズのつもりはなかったんだけど、31日に義実家に行った時に義父母に報告したら
    義母が速攻でケーキ焼いてくれたのね。
    そして夕方義兄夫婦がやってきて、夕食が終わって8時頃にそのケーキを切り分けてくれたんだ。
    義兄「なんのお祝いですか?」義母「私ちゃんがね・・・」となって、おめでとーおめでとーって雰囲気に。
    いやまだ妊娠が分かっただけだしそんな大袈裟な・・・と思いつつ、やっぱり嬉しかった。
    嬉しかったけど、心の隅で「マズイ・・・」とも思った。
    案の定義兄嫁さんが不機嫌全開になり、その理由を全員が察してお通夜のような空気に。
    義兄嫁さんはその後部屋から出て来ず、翌日の元旦も拗ねて部屋から出て来ない。
    義母、ケーキを作ったのがまずかったかしらってオロオロしながら部屋に出向いて謝ったみたいだけど
    戻ってきたら「私ちゃんと話したいんだって」って言われて部屋に向かった。
    向かいながら正直私、腹が立ってた。
    私は27で結婚して2年目の妊娠。ずっと欲しかったから小躍りしたいほど嬉しい。
    義兄嫁は10年前に結婚した時点で既に35歳。(夫と義兄は年が離れている)
    諦めきれず現在も不妊治療中だそうだ。
    私も子供がすごく欲しかったからできない辛さは想像できる。
    だけどやってることがあまりに大人げないと思う。
    部屋に入ると目を真っ赤にした義兄嫁さんに「私ちゃんも同じ女忄生なんだから私の気持ち分るよね?
    サプライズってそんなに楽しい?」って言われた。
    「サプライズのつもりはなく、ただ妊娠が分かったのでお正月にお酒は遠慮したいってそう言う事を伝えただけです。
    あと、私がおねえさんの立場なら、自分の気持ちだけで回りを振り回したりしません」って言ってやった。
    言い過ぎとは思わない。

    525 :ちわわ 2011/06/21(火) 20:20:07 0
    > ずっと同居していておいしい思いしてきたんだから、私たちにも分けろ

    私の場合実親と同居なのでちがうと言われるかもしれないけど…
    義兄夫婦は私達が結婚前から同居してる。
    そのおかげかもしれないけど旦那が私の実家に婿養子に来るのは義両親大賛成だった。
    義母いわく、残る財産と言えばこの家くらいなので兄弟で分割は避けたかったから養子に行ってよかった♪

    私は一人っ子で実父、私、旦那が同じ業種についてる。
    実親と同居で母が専業主婦なので子供の面倒を見てもらえる。
    父が現役で母の体力がある間に(私が産休を長く取れるから)と言うことで2年置きで子供3人作れた。
    旦那は義実家の用達などは出来る範囲でやってる。

    義兄嫁から「実親と住んでいい目してるんだから還元しろ」と要求されてる。
    義兄夫婦が同居してるからこそ旦那が養子に行けたんだ、自分の犠牲の上であんたは楽してる!というのが主旨らしい。
    還元、というのは高度治療の医療費を負担してくれということらしい…

    930 :ちわわ 2019/01/19(土) 12:10:41 0.net
    穴埋めに去年の話を。

    月に一度の偽実家での食事。
    いつものように特上握りが6人前、干瓢巻が1人前届き、トメが鮨桶をみんなの前に、私が箸、吸い物、その他あれこれを配る。
    居間で偽両親、義妹夫婦、夫が座る。
    台所が一人指定席の私には、いつものように干瓢巻の桶。
    一つ頬張る。旨い。今しかないと思った。
    ご近所でもある鮨屋に電話した。
    「〇〇鮨です。」
    「×家の嫁子です。今日の出前ありがとうございました。」
    「毎度どうもね。何かあった?」
    「いえ、海苔巻き食べたらあまりに美味しくて感動したものですからお礼を言いたくて」「お、違いが分かるかい。」
    「普段食べる干瓢より甘くて肉厚で最高です」
    「国産無漂白の、いい品が入ったからね。」
    「それに赤酢のシャリと海苔の香りが絶妙に合ってて」
    「味が分かるお客さんで嬉しいね。握りのほうはどうだい。今日はカンパチと新子はかなりいいのを」
    「すみません、私はいつも海苔巻きだけなので」
    「え?握り6つ届けたよね?」
    「一つは大盛代わりなんです。」
    「生ものダメなのかい?」
    「そんなことはありませんが・・・嫁の常識と言われていますので。」
    「はあ?」
    「今日はありがとうございました。」(電話終了)
    その数日後、固定電話にも携帯にも偽実家からの着信留守録多数。
    翌月からは私のみ偽実家出禁です。ヽ(´∀`。)ノ
    私何も悪いこと言ってないよね?

    482 :ちわわ 2005/04/21(木) 13:03:25
    さっき、トメと義理姉が来た。
    私は色々とあって、旦那実家とはプチ絶縁。
    向こうから来る分には相手をするけど、
    こっちからは絶対に寄って行かない事にしている。
    そんな中、ゴールデンウィークに旅行へ行こうだと。

    トメ「今までの事は水に流して」
    義姉「もう気にする事はないし、一緒に行きません?」
    私 「行きません」
    トメ「こんなに謝っているのに、許してくれないの?」
    私 「加害者が被害者に対して、水に流してと平気で言う様な
       デリカシーの無い人達とは距離を置きたいので。」

    後、沈黙。そそくさと食事をして、帰って行った。
    張り付いた笑顔で、抑揚の無い声で言ったのが、余程恐かったのか。
    結構スッキリ。
     

    707 :ちわわ 2020/12/23(水) 18:42:43 ID:???
    >>705
    夫は一人っ子で、遠方住みだったけど免許証返納させたよ。
    ひとり暮らしの義父の運転が怪しくなって、認知症の気配も感じるようになってから
    片道車で6時間かけて月に2度夫婦で様子を見に行ったんだけど、行く度に車に傷が増えてて。
    必タヒで免許証の返上を訴えたけど、昭和一桁の頑固親父には通じなかった。
    義実家は車がないと買い物が不便だったし、月に何度か通院もしてたし
    あの世代の人たちってタクシー使うのをとても嫌がる。
    それでも【もしも誰かを撥ねたら】と思うと無理なんて言ってられなかったよ。
    2年ぐらいかけて説得しながら、通院の日には運転代行のアルバイトを手配することから始めて
    食事は私が作ってタッパーに小分けにして冷凍したものを定期的に送ってた。
    日用品も。買い物に行かなくて済むように。
    義父の友人にも根回しして、時々話し相手になりがてら遊びに行ってもらった。
    もちろん相応のお礼もした。
    交通費もそうだし、食費とかも全部うち持ちだったからその間の出費は半端なかったよ。
    でも【もしも誰かを撥ねたら】こんなもんじゃ済まないって思いが強かった。
    うちは娘がいるから、もし娘が撥ねられて顔に傷でもつけられたらって想像すると
    返上さえして貰えるなら何でもするって思ったし。
    そしてもしも義父が誰かを撥ねてタヒなせたりしたら、娘の将来にどんな影響があるかと思うとゾッとしたし。
    結局義父が根負けして返上してくれて、ついでにホームに入って貰えた。
    もちろん私の場合はそれで上手くいったのは幸運だったのかも知れないし
    色んな事情のお宅があるんだろうと思うけど、
    遠いから無理だとか、頑固で聞いてくれないとか、言い訳だけして誰かを撥ねた時には
    上級国民の家族のように世間様から見られる覚悟はしていて欲しいと思うわ。

    770 :ちわわ 2020/12/25(金) 11:46:07 ID:???
    すごく長くなったんだけど、愚痴こぼさせてね。
    人によっては気持ち悪いかも知れないから、その時はごめんなさい。

    あん摩マッサージ指圧師の資格を持ってる。
    10年前に結婚したんだが、義父が酷い腰痛だった時にマッサージしてあげたら
    すごく楽になったって喜んでくれて、以来義実家に行くと義父にマッサージしてあげてる。
    そんなに気持ちいいなら・・・って義母にも頼まれて、今は間に休憩を挟んで順番にやってる。
    全然嫌じゃない。
    マッサージしてもらうからって、いつも私の大好きな某有名洋菓子店のケーキ用意してくれてるし
    帰り際には施術代って言って3万もお小遣いくれるし。
    旦那も「いつも両親のこと大事にしてくれてありがとう」って言って色々買ってくれるし。
    私的にはわらしべ長者な気分。
    それに義父とはマッサージしながらクイズの出し合いするの楽しいし
    義母は、旦那の子供のころの楽しい出来事(ここ大事)を話してくれるから
    私自身それが楽しみでもあるわけ。
    それに、実は私は両親を小学生の時に亡くして叔父叔母に育てられたんだ。
    感謝はしてるけど、ずっとおじさんおばさんって呼んでた関係で
    高校を卒業したら家を出るように言われ、
    残っていた親の遺産で一人暮らししながら専門学校に通って資格を取った。
    正直寂しかったから義理とは言え、お父さんとお母さんが出来たのが嬉しいわけ。
    義父母もそれを分かってくれてるから可愛がってくれるんだと思う。

    で、前提が長くなったけど
    数年前に義兄が結婚したんだが、昨年の丁度今頃、
    義兄の奥さん(以下Aさんとします)から電話があって
    「今度の帰省からは、ああいうこと(上に書いたようなこと)はやめてほしい」って言われた。
    (義兄夫婦は地元で見合い結婚して、義兄の勤務先の飛行機の距離で暮らしており
    帰省は年に2回。Aさんは私より3歳年上)

    584 :ちわわ 2019/12/15(日) 15:00:23
    長文になってしまいました。申し訳ありません。

    同い年の義弟嫁のことが嫌いで、接するのが辛いです。
    態度に出さないように気をつけているつもりですが、だんだん上手く出来なくなってきて自己嫌悪が止まりません。

    夫の弟夫婦は、私達より数年早く結婚していて(私達は今年の春に結婚したばかりの新婚です)夫との交際中からよく話を聞いていたのですが、
    価値観が合わないと思うエピソードが多く、初めて会う前から苦手意識がありました。
    (弟夫婦の結婚式の際、夫の親族はあまり親戚付き合いがないため義両親はこじんまりとした式を望んでいたのですが、
    弟嫁が派手婚志向で大勢の人を招待したため、義両親は人数合わせに苦慮していました。弟本人には当然言えないため、夫に愚痴っていたそうです。
    また、500万円近くかかった費用もすべて両家親で負担した上にご祝儀も弟夫婦の懐に入れたため、かなりのプラスになったそうです。それを当然と思っている、自立していないところも苦手に感じていました。)

    私達が結婚し、弟嫁と直接交流するようになってからも、急激に距離を縮めようとしてくるところや、親戚の集まりの際に手土産を持ってこないなど
    非常識さを感じることが度々あり、ますます苦手になっていきました。

    そして、先日義実家で集まりがあった際も義母がお茶を入れようとしているのに手伝いもせずに座っているということが複数回あり、気遣いや常識なさに本当に嫌になってしまいました。(10名程度の集まりで、私と義母でお茶出しをしました。他に女忄生は弟嫁のみです)

    その集まりの際に、そういった気持ちが態度に出てしまっていたようで、上手く大人の対応が出来なかった自分が嫌です。

    夫は「(弟嫁が)気が回らない子なのはどうしようもないから、残念な子だな…と思いながら表面上だけにこにこしてればいいんだよ。態度に出ちゃうと、君にとってマイナスになっちゃうから。」と言っていますが、
    うまく割りきれず、弟嫁と接する度に黒い感情が出てきてしまい、しんどいです。

    276 :ちわわ 2015/12/23(水) 09:55:27 ID:gHe
    我が家は主人がハーフだからって事もあるんだろうけど挨拶としてキスをする家庭。
    いってらっしゃいでキスするしありがとうおはようおやすみでキスするし子供達に愛してるよー!と愛情表現としてもキスする。
    子供達(小5/小4/年少)も習慣になってるようで嫌がったりする事もない。
    もちろん、そういう事に慣れてないとか拒否感がある子や家庭もある事をわかってるから子供達には「やっていいのはパパママとじっちゃ達(主人両親)にだけだからね。」と教え込んでます。
    一昨日久しぶりに主人実家主催で我が家、私実家を誘ってくれてBBQをやった。
    (結婚後不定期で主人両親、私実家、我が家がなんとなく持ち回り的にBBQとかクリスマス会とか旅行を企画して集まってる。)
    兄は今までも参加してたんだけど、今回は去年結婚した義姉が初参加。
    全家族が集合し、お久しぶりです~なご挨拶タイム。
    うちの子達もじーちゃん達(私両親)おひさ~おいちゃんとみさちゃん(私兄と義姉)も久しぶり~と挨拶して回ってた。
    そして子供達はじっちゃ達も久しぶり~といつも通りほっぺにちゅ。
    じっちゃ達も子供達にちゅ。
    それ見た義姉がちっちゃい声で「え、キモ…」。
    兄が小声で「おい!」と義姉に注意して、あ、ごめん…とシュンとしてた。
    BBQ自体は問題なく楽しく終わった。
    ほんとにちっちゃい声だったからとなりにいた私と兄にしか聞こえてないと思うからいいけど次回から兄夫婦は誘いたくないな。

    766 :ちわわ 2014/03/05(水) 19:30:24 0
    夫は結婚前はもろに田舎の長男という感じでの人で、
    「自分は跡取り。嫁はうちのしきたりに従うもの」とか平気で言っていた。
    父親には逆らえず、母親のことは良妻賢母の鑑として尊敬していた。
    かなり不安だったが、家に関すること以外に関しては非常に尊敬できる人だったので、思い切って結婚した。
    結婚後、転勤で義実家とは新幹線使って半日かかる距離、私実家からは車で30分の地に引っ越すことになった。
    それを知った義実家が、仲人さん(夫上司)に「息子が嫁の家に取られないよう、嫁家とは距離を置くように、言い聞かせてやってください!」と依頼し
    呆れた仲人さんが夫に「君も大変だろうが、嫁さんをしっかり守るんだよ」と諭したあたりから、
    夫も「もしかしたらうちの親は変?」と思うようになったらしい。

    転勤して都会に来てみたら、故郷の狭い地域では常識だった「同居は当たり前」「別居の場合は、長期の休みは実家に帰る」「嫁家は夫家を立てて、全て遠慮しなければならない」なんて
    周りのだれもしていない事に気付いて、文字通り唖然としていた。