義実家

    12 :ちわわ 2010/02/05(金) 21:40:53 0
    >>1乙です。

    聞いてください。
    数年前に「空き家がもったいないから」と無理に引越しを命じられ義父所有の家に引っ越してきた。
    ありがたかったのだが、それから勝手に家に入る・パクリをトメとコトメにやられた。
    トメは長男が大好き。次男である私の夫は放置。
    事あるごとに比べられてた。
    「長男は銀行員の嫁をもらって」「学歴のある嫁は将来安心だわ」「お金に困っても長男家や私らのところに来るんじゃないよ!」
    私は高卒・専業。
    だがここにきて家業の業績悪化。家業を手伝うトメ・コトメ・長男・夫はてんてこ舞い。長男嫁は育児のため退社。
    私には祖父の遺産が転がり込んできてウハウハw私の孫の代まで遊んで暮らせるくらいの財産。
    それを知ったトメ。
    「今会社がヤバイの!お金を出しなさい!あんた達じゃ食いつぶすだけよ!」
    言い方があるだろう!と夫とともにキレ、
    「お金に困っても私らのところに来るんじゃないよ!けど今までの家賃分くらいは渡すから。でもお金がないのはなんでも経費で落としているアンタが悪いんだよ!」
    と言い放ち引っ越しした。
    その後、絶縁状態になったが会社の不正経理をバラしといた。
    遺産がなかったらこんなに強気になれなかったけど、今までおとなしくしていた私にはがんばった出来事だった・・・

    60 :ちわわ 2019/07/20(土) 00:35:45 0.net
    子どもが夏休みに入ったので遠方の実家に二週間ほど帰省するんだけど、旦那がしきりに「甘やかすのもほどほどにな、帰ってきてから大変なのはママなんだから」っていうのがすごく腹立つ
    そりゃ大変だけど年に数回しか会えない唯一の孫だもの、ジジババだって甘やかしたいに決まってるじゃない
    超近距離の義実家には毎週土日(あれば祝日も)連れていって、時間じゃないのにおやつを食べさせて買い物行けば必ずお菓子を買って…って甘やかしてるのに?そっちこそ甘やかすのはほどほどにしてよ
    「君たちが帰省するといろいろとなあなあになって帰ってくる」って羽伸ばしに行ってるんだからそりゃ少々はなあなあになりますよ
    カップ麺食べさせてるわけでも夜更かしさせてるわけでもないんだから勘弁してほしい

    結婚後に転勤で旦那の地元に来て、愚痴言える友達なんかいないから言えて少しスッキリした

    421 :ちわわ 2020/01/05(日) 08:42:26 ID:TBiZP+d/.net
    赤ん坊連れての義家。
    赤ん坊が泣いた時って義母がこれ幸いに抱っこしたいものだと思っていたら
    ガン無視。私が中座して抱っこした。

    私が抱っこするのは別にいいんだけど、なかなか泣き止まなくて
    うるさいわね、とまで呟く声が聞こえたので、外を散歩してきた。
    20分ぐらいたってやっと寝たので帰宅したら、
    私のお皿が下げられていて、箸と義父だけが食卓に残ってた。
    義母はせっせっと残った料理を片付けてる。私はほとんどなにも食べてない。
    義父が義母に、おい、皿を下げるな、と言ってくれたんだけど
    「片付かないでしょっ!さっさとして!」と怒鳴られてお箸片付けた。
    その後、起きた子供にベタベタ構いまくってた。
    マジクソ疲れた。

    61 :ちわわ 2016/05/11(水) 19:42:15 ID:DzfdA7md.net
    結婚記念日に旦那一族8名が急に泊まりに来ることに。
    再来週里帰り出産で実家かえるし、最後の二人で過ごす結婚記念日だからイタリアンコース予約したのに。
    「二人最後の結婚記念日でランチコース予約したので、お昼は各自食べた後に集合しませんか」ってはっきり言ったら、レストランついてきたい一緒に食べたい、だとさ。
    そして一族のひとりがチーズ嫌いな人おるからイタリアンキャンセルして違う店がいい!だって。

    夜と朝私達いれて10名分の食事作らないとならないし、布団レンタルしなきゃならないし、そもそも寝る場所ねーよ。
    子供も二名くるけど、ゲームとかケーキとか用意してって無理だ。

    雑魚寝でいいぞーって旦那言うけどそういう訳にはいかないし、お前車で寝れば?と言われたけれど、後期の妊婦にはキツいんですが。



    せめて、夜ご飯スーパーのオードブルじゃ駄目かな?もうすべて放置して明日にでも地元かえりたい

    765 :ちわわ 2020/01/20(月) 21:11:00
    今産後3ヶ月で今まで週一位で義実家いって子供の顔見せてて、今回2週間空けて行ったら久々だねー。こんなんじゃ子供がじーじとばーばの顔おぼえらんないだの文句言ってきた。

    義実家車で5分位の近距離なんだけどこういうものなのかな

    898 :ちわわ 2020/01/29(水) 11:11:58
    プレゼント、本当に悩みの種で憂鬱

    貰う側の愚痴なんだけど、子供へのプレゼントの保管場所を義実家にされる
    義実家が田舎の戸建てで、こちらは片道30分以上離れた賃貸なんだけど
    保管場所が大変でしょ、と自転車
    賃貸は振動が迷惑よね、とピアノ
    あまりゲーム漬けはよくないわ、とゲーム関連
    練習?が必要なものまで義実家に置いておかなければならず、毎日のように通わざるを得ない
    何度言っても取り合って貰えず、こちらで買ったものだからとまで言われたし
    こちらで別途再購入が吉だよね

    677 :ちわわ 2020/01/16(木) 07:18:19 ID:Zt6Q+tA8.net
    1人目妊娠中に義父母と義姉から突然ダンボール2つ分の肌着や服や上着が届いた
    ありがたいことではあるけど、私だって自分で選びたかった
    なのにありがとうと言わないとならないのがストレスだったな
    3歳までのサイズだったから、長く保管するハメになり管理も重荷だった
    プレゼントを考える時に一言相談して欲しかった

    844 :ちわわ 2020/01/26(日) 20:58:18
    旦那と喧嘩したら、一人になりたいと言い出し一歳の子と私を置いて
    あっちはウィークリーマンション借りて別居になった。
    三ヶ月離れて、お互い頭も冷えて子供のためにと別居解消したんだけど
    マンションは半年契約してしまったとのこと。
    よく半年分も借りるお金あったねと最近聞いたら
    義両親に出して貰ったと白状した。
    「早く仲直りして元の二人に戻りますように」と心配のライン送ってきたり
    別居解消になった途端孫に会いに来たりもした。
    白々しい。お前らが後押ししてたようなもんじゃん。
    大嫌い。

    722 :ちわわ 2020/01/17(金) 15:40:39 ID:34YUUilu.net
    旦那が勝手に義実家に顔出す約束取り付けてて文句言ったら、もっと大人になっておかん達に歩み寄ってほしいって言われた
    俺がお前の家行きたくないって駄々こねたらお前も面白くないやろ?同じことやってw

    391 :ちわわ 2012/10/29(月) 09:33:28 0
    トメと夫は仲が悪く(夫が一方的に嫌っている)、結婚前にウトが亡くなって
    いるので法事以外は帰省もせず、トメとは殆ど合わない状態。
    (会えば何かと嫌みを言われるので私も大嫌い)
    先日、ウトの七回忌で義実家に行ったが、トメは親戚の前で気が大きく
    なったのか、突然私に向かって、
    「あんた、私が息子に家事を躾けたから、楽ばかりしてるでしょう?」
    と偉そうに言って来た。
    夫から聞いてた話では、夫の子供の頃の朝食は食パンに(トーストではない)
    マーガリンかイチゴジャム、牛乳だけ。それでも良い方。
    ウトが長期出張で不在なのを良い事に、夕飯も食パンか菓子パンだったので、
    小学校の給食がおいしくて温かくて、大好きだったらしい。
    小学校高学年位から、自分でパンをトーストしてハムエッグを作るようになると
    トメは側で「男の癖に」って馬鹿にしてせせら笑っていたんだって。
    夫がむっとして言い返そうとしてたので、私が先に、
    「確かに私は夫が家事できるおかげで楽ですけど、トメさんみたいに
    子供の食事を手抜きする、鬼のような母親にはなりたくないですね。」
    とにっこり笑って返してやった。
    最初「トメさんのおかげで楽です」って脳内変換したトメは、そうでしょう、
    そうでしょうと頷いてたけど、「え?鬼って」と物凄く怒りだしたが、
    側で聞いてた親戚が一斉に私を擁護してくれた。
    (食パンばかり息子に食べさせてたって、ウトさんに聞いていたわよ、とか)
    トメは、夫が不在の上に、この子は好き嫌い多くて我が儘で、私はものすごく
    苦労してたのに、何でそんなに責められなきゃいけないの!と顔を真っ赤にして
    言い訳してたけど、お坊さん到着で皆さっさと仏間に移動。
    夫が、次は十三回忌まで来ないからとトメに断言して義実家を後にした。
    2人きりになって、余計な事言ってご免ってあやまったら、全然!嬉しかったと
    言ってくれてほっとした。

    このページのトップヘ