義兄

    816 :ちわわ 2009/01/05(月) 12:33:34 0
    今年のお正月の話。
    うちの旦那は種無し。結婚して3年経ってまわりがうるさくて検査に行ったら種無しと判明した。
    残念だけど旦那が好きで結婚したんだしそれでもいいやと私は思ってるんだけどトメはそう思ってなく、
    どうしても私を悪者にしたかったみたいでずーっと子無しに対するイヤミを言われ続けてた。
    旦那はもちろん自分のせいだと言いトメを〆るもトメは絶対嫁のせいと言い張り今年の正月も一触即発の空気に。
    毎年こうなので今年は義実家には行くのをやめようと思ってたんだけど、海外出張の義兄夫婦が
    日本に帰ってきたのと良ウトがガンで余命宣告をされているので仕方なしに行ったんだけど「やっぱり」な展開。
    毎年こうでウトに「トメいいかげんにしろ!」と怒鳴られ三つ巴の喧嘩になるんだけど、ここで義兄が立ち上がり
    台所から出刃包丁を持ち出し、トメの前の机にだん!と置いた。

    「嫁子さん(私)すまない。嫁(兄嫁)すまない。お前達はいつもこんな事言われてたんだな
     親父、おふくろ、俺もこいつ(旦那)も種無しだ!いらん玉ぶら下げてんだよ。嫁のせいじゃないんだ。
     言葉で言ってわからないんだったらそれ(出刃)でこんないらん玉取ってくれ。
     それが種無しの自分達を産んだおふくろの責任だ。親父、これ取ればおふくろはもう何も言わない。安心出来るだろ?」

    なんていうか凄い重い空気になって兄嫁さんは号泣。私もつられて号泣。旦那も俯いて涙流してた。
    ウトも「悪かったな。皆追い詰めたな。ったくお前達にこんな母さんまかせられないよなぁ。心配だよ本当に」と言って泣いた。
    トメは出刃をじっと見ながら「ごめんなさい」と謝って出刃を台所にしまって二階に行った。
    大の大人が狭い義実家のこたつにぎゅうぎゅうに入りながら泣いてるのは凄い寂しかったよ。

    結局その後はウトが遺産の話をしたりトメの行く末を話し合ったりしたんだけど、
    それじゃあまりにも悲しい最後のお正月になってしまうと思ってトメと話し合って
    ウトが行ってみたいと言っていたカラオケに行き家族で歌を歌って楽しげに帰ってきた。

    なんていうか怒涛のお正月だったけど、結婚して初めて良いお正月だったなと思ったよ。

    885 :ちわわ 2019/10/06(日) 10:11:06 ID:xP.at.L2
    45歳の義兄が22歳の女性.と結婚すると報告してきた。
    非正規で仕事が長続きしない義兄と結婚するなんて結婚詐欺じゃないかとみんな、とても怪しんだ。

    何している人なのか聞いても「大学生」としか言わない。そもそも相手の女性.の写真もない。
    馴れ初めを聞いたところ、義兄が5年ほど前に工場の仕分けのバイトをしていた時に出会ったのだという。

    休憩の時に女子高生のバイトたちが固まってお喋りをしていたらしい。
    休憩室にはテレビがあって皇族のお姫様が15歳年上の男性.と結婚式を挙げたというニュースが流れていて、
    高校生たちが「え?この人誰?」「皇族なの?」「佳子さまの従姉?」などと喋り始めた。
    その中で1番可愛かった子がそのお姫様について「大正天皇のひ孫にあたる人だよ」「佳子さまから見て父親のはとこだね」と説明したという。

    しかし、他の高校生たちは興味がないのか、
    「え~!15歳差とか嫌だ~」「10歳上までは良いけどそれ以上、上は厳しいよね~。」と相手の男性.叩きを始めた。
    (相手の男性.を叩いているというか、単純に年の差婚の話をしているだけだろう)

    可愛い女の子が「でもあの衣装ってあの旦那さんくらいの年齢の方が雰囲気出そう。」と発言した。
    (結婚式の衣装はお姫様が十二単、お相手である神主の男性.は平安貴族みたいな束帯姿だった)
    それを聞いて他の女子高生たちも「そうかもー。」「落ち着きがあるよね」と考えを改めた。

    義兄の話はここで終わったので義両親と夫が「それで?」と言ったら「え?俺は告白されたんだよ?」とキョトンとしている。
    よく分からないがそのお姫様のご主人と同い年である自分がいる場所で、ご主人に対してポジティブな発言をしたってことは俺に対する告白だろうとドヤ顔をしていた。

    中島みゆきの糸を鼻歌で歌ってたこともあったらしく、若い子がそんな歌知らないだろうから俺のために調べて遠回しにアプローチしたんだろうとも言ってた。
    「会話をしたことは?」と聞いても「いつも挨拶してしてくれたし告白はされてる」と主張。

    言っておくが「糸」は中高生の合唱コンの課題曲に使われることもあるから世代を問わず有名。
    うちの長男(16)も中学の合唱コンで歌ってたし、次男(12)も去年6年生を送る会で歌ってた。

    「それで相手の女の子はどうしてるの?」
    「年齢的に多分、大学生だろう?大学卒業したら俺を迎えにきて一緒に暮らすつもりだろう。20歳の時に来なかったってことは短大じゃなくて四大に行ったんだろうし。」
    「弟(私の夫)の家は男の子だけだし、
    うちは女の子が複数になるかもな」と一人で語る。当然だが連絡先も持っていない。
    それに関しては「結婚前に男に連絡先教えるようなB***hじゃない」と言われた。

    こんな勘助みたいな思考を持っていることにドン引きした義両親が大激怒で家から追い出した。
    一人暮らしさせただけなので何かやらかしたら怖いから時々義両親が見張りにいくらしい。

    田舎のため、その女の子がどこの子かすぐわかったが、その子はお母さんが嫁いびりに耐えかねて娘の就職か進学?を機に娘を連れて遠方の実家に帰ったため、こちらに戻ってくる可能性.は低いという。
    つーか、その子の親は早くに結婚したらしく、義兄より年下だった。

    2 :ちわわ 2016/03/01(火) 10:50:10 ID:nCM
    いちおつです

    相談です。
    娘の園グッズを作らなければいけないのですが手を怪我してしまいました。
    既製品で揃えるか…と思っていたが、なんと義兄(姉旦那)が作ってくれると。
    義兄はすごく手先が器用な人で、ふだんの趣味はジオラマ。すばらしく精工なのを作ります。
    姉家の息子の園グッズを試みに作ってみたら裁縫にハマってしまったとかで
    うちのも作ってくれると有難い申し出でした。
    ちなみに甥の園グッズもすばらしい出来でした。
    ただ義兄から1つ条件が。「絶対に俺が作ったと言ってくれるな」と。
    甥の園グッズの出来があまりに良くて、「うちにも作ってチョーダイ」がやたら涌いたんだそうです。
    男が裁縫は恥ずかしいという気持ちもあるようです。
    そして姉いわく「私が作ったという嘘もついてくれるな」。
    かと言って手を怪我してる私が作ったことにしたらもっと不自然。
    母に「じゃあ既製品を買ったってことにすればいいの?それ義兄さんに失礼じゃない?」
    と相談すると「確かに失礼。でも私が作ったことにするのもやめて」と釘を刺されてしまいました。
    友達には「既製品だって言ったら言ったで、どこで買ったの?いくらしたの?って
    質問攻めになるから嘘はすぐバレるよ」と言われました。
    ちなみに園グッズは8割方出来上がっており、これまた凄い出来です。
    この場合「誰が作ったの」と聞かれたら、皆さんならどう答えますか?

    852 :ちわわ 2019/10/05(土) 05:19:08 ID:hc.mv.L1
    いい歳してフリーターしてた義兄が何を思ったか一念発起して司法書士をめざすと言い出したらしい
    大学時代(といっても10年程前)は法学部だったし基礎はある!とのことで
    それだけなら好きにしろって話だったけど、先日突然夫を呼び出した義父が「兄の予備校費用(と勉強期間中の生活資金など)計200万を貸してくれないか」と頼んできた
    昔からいやがらせばかりしてきた兄&そんな兄に甘い父に嫌気がさして早々に家を飛び出た過去もあり、金を貸す気はないと夫が渋ると「司法書士になったら毎月いくらか返させるし、別にいいだろ、借りるぐらい」と食い下がる
    それなら、兄貴に自分でカードローンでも組ませろよ!と吐き捨てて夫が帰ろうとした時、義父は「兄が挫折したらどうする。200万もの借金が返せるわけないだろ!」と言い放ったらしい
    俺の200万は借金じゃないのか、いざとなれば踏み倒させる気だったんだ、と嘆きながら帰ってきた夫を見て義実家にスレタイ

    185 :ちわわ 2012/09/15(土) 02:31:42 0
    義兄夫婦と義両親の仏壇でもめて?います 
    未だ混乱、興奮しててうまくまとめられず読みにくいですが吐き出させてください 

    夫は2人兄弟の弟で、義兄はお見合いで結婚したのだけど、その人がなんというか
    悪い人ではないと思うんだけど
    端的に言ってしまえば世間知らずのお嬢様って感じの人だった
    実家交流も自分の実家の方にべったりで、家も義実家の近所(自転車で20分らしい?)だし
    孫(その人からみれば娘)も3人いるのに殆ど夫の実家とは交流しないつもりのようで、義両親共に寂しがっていたし
    一昨年義父がなくなってからもそうだった

    先日義母も亡くなり、告別式も終わった後、普通だったらお骨は長男である義兄宅へ……なんだろうけど
    ここで義姉がそれを拒否
    義兄も強く言えないらしく、「じゃあ実家(義母が亡くなり空き家)に置いておこう」とか言い出してメダマドコー
    夫が空き家に置いておくのは…と言っても「納骨までほぼ毎日仕事帰りに拝みにいくから!」とか言う
    結局話し合いの末、次の日曜までは実家(空き家)へ、それから納骨までは家が預かる事になった
    私自身義両親にはよくして貰ったし、家は子供2人(姉と弟)も祖父母大好きで、
    特に姉の方はものすごくなついていて式の時も泣き通し・式前も棺の側から離れないレベルだったので
    お骨を預かる事は構わないけれど、なんだかなーと思ってしまった
    (義実家より我が家の方がお墓に近いからって理由付けもあったけど)
    ただ、そもそも家は次男でお墓が違うから、あくまで納骨まで預かるだけです、と強調はしておいたんだけど
    今度は義両親共に入ることになった仏壇で才柔めた

    続きます

    503 :ちわわ 2009/12/14(月) 19:36:32 0
    義兄45歳「男はいくつになっても結婚できる」と本気で疑わないブサ
    おまけに未だに一年更新の契約社員で男として一つも良い所が無いけど
    長男教のトメに育てられたせいかスペック最低なのに、自分に自信があるせいで
    「結婚できて当然、子供が欲しいから20代後半までの女を紹介しろ」と煩い。
    家が近所なので、度々会うのが憂鬱だった。
    そんな時、会社の後輩(20代前半、かなり可愛い子)が遊びに来た。
    一緒に近所の喫茶店に行く途中、義兄とばったり。
    「おいXX(私の名)どこに行くんだ?」と見るからに上機嫌で声をかけてきた。
    うわ、嫌な奴と会ったロックオンされたらどうしようと思っていたら
    後輩の方から義兄に挨拶してきた。
    「初めまして、XXさんの後輩でOOと言います、いつもXXさんにはお世話になっています」
    にやける義兄。
    「そうなんだ。それにしても、XXの後輩にこんな若くて可愛い子がいるんだね。俺なんかもうおじさんだから若さがまぶしいよ」
    (多分、そんな事無いですよ、と言って欲しかったんだと思う)
    そうしたら、後輩の子が
    「いいえ!xxさんのお父さんはお若いですよ!とてもこの前還暦を迎えたようには見えませんから」と笑顔で言い放った。
    自分が私の父親だと思われている事に気がついて義兄ポカーン。
    あぁ、そういえばついこの前父親に還暦のお祝いでゴルフクラブあげたって話をしたっけ
    確かに義兄頭薄いし老けて見えるからなぁ・・・。
    怒るかと思ったけど、後輩の子が可愛い顔でにこにこして悪意が無いのが解るからなんか「じゃあ」みたいな事をもごもご言いながら帰って行った。
    あぁ!すっきりした!。
    と、思ったら後で「若すぎる子は失礼だから、20代後半から30代前半までの女を紹介しろ」と電話が来た。
    なんだかなぁ

    536 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2017/09/11(月) 18:06:28 ID:xEY
    夫の兄つまり義兄がとても女性.にもてる人、らしい。
    らしいというのは又聞きばっかりで実際をよく知らないから。
    数回しか会ったことないけど、別にイケメンではない。
    むしろフツメンよりちょっと下くらい。背も170センチ前後で普通。
    でも学生時代からモテモテで、一人に糸交れなくてとっかえひっかえしてきたらしい。
    「へーそうなんだーふーん」
    としか思えないんだけど、義母も夫もそれを凄く気にしていて
    どうしてもの時(冠婚葬祭とか)以外は私と義兄がバッティングしないようにしてる。
    私が義兄に惚れてしまうのを恐れてるらしい。
    別に会いたい相手でもないからいいけど、あからさまに匂わされるたび微妙な気持ちになる。

    その義兄に「結婚を視野に入れた彼女」ができたそうな。
    親に紹介したいとかで、来月義実家で食事会をすると夫に言われた。
    いつものように私は呼ばれず夫だけ行くと言う。
    どうでもいいからへーへーと聞いてたら
    夫「すねてるの?」
    「兄に彼女ができたの気に入らないの?」だって。
    何でそうなる。
    改めて義兄に興味ないし貴方たちが言うようなイケメンとも思わんと説明したのに
    「まあそういうことにしとくさ…」と言われた。
    何それむかつく。
    これから帰宅するけど気が重いわ

    このページのトップヘ