病院

    411 :ちわわ 2019/05/27(月) 21:37:08 ID:xKxAxP2K.net
    職場の先輩が「みんなで週末飲みに行こう。俺が誘っとくから」って言ってて、その事を仲良い同性.の同僚とかに話したらまだ聞いてなかったみたいだから私から伝えて
    同僚と一緒に先輩に指定された場所行ったら「なんでお前ら(同僚)いるんだよ!」ってキレ始めた。
    私が伝えたって言ったら余計なことしやがってって言いながら思いっきりビンタされて肩押されて倒れたところにお腹を踏みつけられた。
    先輩は「俺が誘っとくから」と言って誰も誘わないで私と二人きりで焼肉を食べる予定だったらしくて、予定が狂ったからブチ切れたらしい。
    その後病院行ったら肋骨にヒビが入ってた。肋骨のヒビって筋肉痛みたいな痛みですごく地味。動かなければ痛くないんだけどコップでも軽いものでも持ち上げる動作すると筋肉痛みたいに地味~に痛いから腹立つ
    先輩は処分されたんだけど、言い分はずっと「おれは加減してた。怪我するほどのことしてない」。
    120キロ越えの相撲取り体型の先輩に踏みつけられてヒビで済んだのはほんとに加減されてたからな気がする

    161 :ちわわ 2018/08/10(金) 11:17:25 ID:Uriyr2Ps0.net
    墓黒を2つ白状します、歯医者さんでの話
    ひとつ目は上の子が小さかった頃、待合室にあった綺麗な絵本を読んでやり、出来心で持ち帰ってしまった
    最初は借りたつもりだったけど返しそびれ、その絵本を息子が気に入ったんでもう返さず何食わぬ顔で通院してた
    そしたら受付の女性.が「盗んだ絵本で読み聞かせするの恥ずかしくないですか?次来た時でいいんで返して下さいね」と小声で言ってきた
    メッチャ恥ずかしかった、その通り
    本は歯医者のポストに返しもうそこに行けなかった


    二つ目下の娘が自閉症なんで歯の治療をあちこちで断られ、やっと受け入れてくれた個人医院で娘が優しくしてもらったよ
    院長先生の人柄に惹かれ恋してしまった
    心の中にしまうつもりだったけどバレンタインにチョコと手紙を渡したけどホワイトデーに返しがなくて院長先生の態度が素っ気なく映り、ちょうど先生の奥さんのお腹が大きいのを知り、逆恨みして歯科医院の口コミに酷い事を書いてしまった

    699 :ちわわ 2019/08/27(火) 03:00:38 ID:Td0Jkyoh.net
    昔、実家の近くに花粉症の時期だけ大繁盛してる病院があり、病院の裏手は空き地があり花粉症の時期になると空き地は色んな地域のナンバーの車でいっぱいだった。
    中学の時、登校中にその空き地に前日の雨でぬかるんで、車のタイヤが空回りしてる他地域ナンバーの車が一台だけいた。
    ちょうど降りてきた運転手(20歳ぐらいの男の人)に「大丈夫ですか?」と聞いたら「後ろから車押してもらいたい」と言われ、押したけどビクともせず
    近くに放置された看板があったからタイヤの下に敷いて何度かチャレンジしたら車は抜け出したけど、私の靴は泥だらけになった。
    お礼を言われて「家まで送るから靴を履き替えよう。その後学校まで送る」と言われたけど足首まで泥だらけだし、二十歳ぐらいの男の人と何話していいかも分からなかったから、断ってダッシュで家に帰った。

    それから大学を出て県庁所在地に就職して1年目に、いいな~と思ってた先輩と数人で飲みに行く機会があって、「実家はどこ?」と聞かれたから「田舎ですよ、○○です」と言ったら
    「あ~!××病院があるよね?俺、大学の時に親に頼まれて、花粉症の薬を取りに行ったら車が空き地のぬかるみにハマっちゃってさ~」と言われた。
    「え?どうやって出れたんですか?」って聞いたら「中学生の女の子が車の後ろ押してくれたんだよ」と言ったから「看板をタイヤの下に敷きました?」って聞いたら「そうそう!中学生がコレ、タイヤの下に敷いてみましょう!って言ってくれて、それで出られたんだ!」って。
    「その中学生、私です!」って言ったら、周りも大盛り上がり。
    覚えてる限りの先輩の特徴(赤のナイキのパーカー、黒のハッチバック)を言ったら「絶対俺だー!あの時はありがとう!」って、周りの冷やかしもあり後日お礼ご飯に連れて行って貰ったのがきっかけで、付き合って先月結婚した。
    平凡な人生だけど、この出会いだけはほんと衝撃的だった。

    292 :ちわわ 2018/05/16(水) 20:50:07 0.net
    事故で左足に障/害抱える事になった彼女と捨てる時が相手の両親巻き込んで修羅場だったわ
    そもそも事故に遭う前から別れたくて仕方なくて別れ話持ち出そうとした矢先にわき見運転した車に跳ねられやがった
    一応連絡受けたから病院行ったら目を潤ませながら「わたし、足がちゃんと動かせなくなるんだって…」とかいかにもこれからの私を支えて発言
    付き添ってた彼女両親から「もう娘にはあなたが寄り添ってあげないと駄目なんです…!」って言われた瞬間に今まで我慢してたのが込み上げて「いや、無理です」って口から出てしまった
    そしたら次の瞬間殴り飛ばされたw

    368 :ちわわ 2019/07/17(水) 11:50:31 0.net
    先日出産した義兄嫁の産後のイライラに巻き込まれてLINEで文句タラタラ攻撃に遭っている。
    義兄嫁が出産したんだけど予定日からだいぶ超過してボーダーラインの2週間近く過ぎてやっと産まれた。
    義兄嫁の実母は再婚して別家庭なので頼れず、産前産後の手伝いは義母がする事になっていたんだけど予定していたより手伝いは長期化するわイラついた義兄嫁は当たり散らしてくるわ義母も散々だったらしい。
    まあ私は普段義兄嫁と接点ないし下の子が手足口病になったのもあって遠巻きにフーンそうなんだーと傍観してた。(義実家LINEに義兄から産まれた報告があったからそこでおめでとうといったくらい)
    ただある時義母がちらっと「私さんは促進剤使って予定日前に計画出産したから楽だったみたいよー」と漏らしたようで、急に攻撃の矛先をこっちに向けてきた。
    曰く「そんな楽な方法があるのに、私が苦しんでいるのを知ってて勧めてくれなかった。私が苦しんでるのは楽しかったか!(要約するとこんな感じ)」
    とキチみたいな勢いの文章が来た。え、私何も知らないし、義兄嫁も初産じゃないしそのくらい自分で考えなよとしか。
    と思って、義母にキチ文章を転送して丸投げしたけどさてどうしたものか。

    289 :ちわわ 2012/09/18(火) 10:38:00
    皆の嫁は病院行ってる?うちの嫁は結婚してすぐ病院通い出した。薬いっぱい飲んでるけど、いきなり起こり出したりは無くなった。でも以前のトラウマがあるからいつも機嫌伺ってハラハラしてる。
    うちの嫁はかなりの完璧主義で自分にボーダーの診断おりてから本買いまくって勉強してるみたい。
    性.格さえ良ければ見た目は完璧だし家事も完璧だし…ただ依存が酒と薬なんだよなぁ
    アル中とか最悪だわ

    569 :ちわわ 2009/04/08(水) 23:28:12 ID:RC6SaXQ5
    携帯からでしかもプチですが。

    私は5ヶ月の赤もち。
    赤さんに乳児湿疹が出てたので、先日病院へ行った。
    軟膏を処方され、早速その夜に塗ったら翌朝にはスベスベつるん!
    夫婦で喜んだ、という話を遊びに来ていたママ友(以下A)にした。
    Aの赤は3ヶ月。湿疹があるが、病院には行ってないと言っていた。
    そんなAが帰った後、その薬は見事に無くなっていた。
    気付いてすぐに電話したら素直に認めたが、あんまり悪いと
    思っていないらしく「あ、ごめんごめん」程度の謝罪だった。
    「薬は医者が症状を見て処方するもので、その薬は
    私子に合わせて出た薬だ。もし湿疹の原因がまだ解ってない
    A赤にとって良くないものだったら後悔するよ」と言ったのですが、
    Aは「薬なんてどれも同じ」という考えの人間らしく、返す気ゼロ。
    とりあえず電話を切り、どうしようか考えていたのですが、
    その日は寝ました。
    次の日の昼間、Aが薬を持ってうちへ来た。
    どうやら姑に怒られたらしく、以下Aの話。
    薬をA子に塗る→それを姑が見付ける→この薬どうしたの?→A「私さんから貰った」→姑「人の薬なんて!!」

    だそうです。
    姑さんに私と同じ事(症状に合った薬~)を言われ、
    反省しているごめんなさいと、かなりしょんぼりしてました。
    人の家から勝手に物を持っていく様な人とは
    もう付き合え無いとハッキリ言い、帰ってもらった。
    その後また謝罪メールが3通来たが徹底的に無視。

    以上です。

    102 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2013/04/28(日) 00:20:53 0
    元夫が入院して、私の住まいに近めの大学病院に入院した。
    夫の実家から遠いし、どうにか週に1回か2回だけでもいいから助けて欲しい と連絡が来た。
    元夫の母親に事情は聞いたが
    腰は低いけど「頭下げるからちょっとくらい助けてくれたっていいじゃない、オネガイ」な言動。

    身の回りなんか完全介護だし、病院には無料の洗濯場もあれば、敷地内にクリーニング屋もあるし
    離婚してるんで他人だから、何かあった時の対応や判断なんかできないじゃん?
    元夫メールは「知り合いがいなくて寂しい」「病院飯がまずいから久しぶりに家庭料理が食べたい」とだんだん図々しくなる寝言メール


    困ってる人を見捨てるのもよくないので
    夫の病室には私の実父を派遣し
     「同じ男同士、年配の人の事を素直に聞いて仲良くすればいい」とメールしてやり
    元姑さんの姉(某学会)に
     「この病院は入院中に○○の家に勧誘されて入信する方が多いので、息子を心配するお姑さんが心配。離婚した私に頼る位だし……」
    と真の家族からの支えを頼み
    元舅には「何も問題はない」と電話で元気づけ
    元小姑には「黙って見守っていてくれるだけでいい、何かあったら家族であるあなた方に負担が言ってしまうから」と気遣いメール

    直接自分でやってる事すくないからDQNな仕返しじゃなくてヘタレな仕返しかな?
    でもGWで猫と遊んだり、海外ドラマの一挙放送みるとか、レース編みするとかやる事いっぱいあるんで

    674 :ちわわ 2017/05/23(火) 12:38:13 ID:xqB
    姑が亡くなる前、最後に会ったのは多分私。(医療関係者以外では)
    もうかなりぼんやりしてる事が多くなって、その日は私を誰かと間違えてるみたいだった。
    「やりたい事はぜーんぶやった・・・幸せな人生だった・・・早くお父さん(義父)に会いたいわ・・・」
    みたいな事言ってたから、耳元で「行先は地獄だから会えませんよ」って言ってやった。
    ついでに「人を苛めて苦しめて好き勝手やって手に入れた幸せな人生ってなんでしょね。
    あんたのせいでタヒのうとした人もいたのに幸せな人生ですか、ずいぶんですね。
    閻魔さまは見てますよ。仏様も見てますよ。あんたが天国に行けるわけがない。
    幸せなのは今だけですよー」って一気に言った。
    自分がタヒを目前にした人相手にそんなことを言えるとは思わなかったけど、
    姑のそのセリフを聞いた時、なんかムカッとして反射的に言ってしまった。
    でも実際酷い姑だった。女の子ばかり3人産んで男の子を産めなかった私はどれだけ苛められたか。
    不妊の義弟嫁さんなんかもっともっと酷いことを言われて離婚を迫られたこともあって
    自杀殳未遂までしたんだ。
    それで義弟は奥さんを守るために縁を切って遠くに引っ越して行った。
    私たち夫婦も一緒に引っ越していけたらどんなに良かったか。
    色んなしがらみがあって逃げることは出来なかったけど、最低限の付き合いだけにしてた。
    癌があちこち転移しててもうダメぽって連絡あった時は「罰が当たったんだ」としか思わなかったけど
    最期の時に逃げるわけにもいかず、事務的に病院に通ってたけど
    これが言えたから通った甲斐があったのかも。
    でもまぁ、スカッとはしないわな。

    629 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2016/07/09(土) 10:53:21 ID:Zkf
    病院嫌いなわけじゃないのに病院行かない人ってなんなんだろうな

    職場のパートの人(還暦前、元正社員)が前に「昔、体調がすごく悪くて、でも病院が土日やってなくて大変だったのよ~。
    結局どうにもならなくて最後は仕事休むはめになったわ~」って言ってた
    私「すぐ病院行けば良かっんじゃないですか?」
    パート「仕事忙しいもの~」
    私「けど具合悪いなら休めばいいじゃないですか」
    パート「仕事忙しいって言ってるでしょ」
    いや仕事より体調だろうと思ったけどその場ではスルーした。
    うちの会社はそういうの寛容なほうだけど、多分昔は今より厳しかったんだろうな……と思った。
    けどそのパートの人、今週から妙に体調が悪そうで、どんどん浮腫みだしている。
    明らかにおかしいので周りの人も「早く病院行きなさい!」って言ってるけど笑って行かない。
    けど金曜になってとうとう浮腫みがひどい足を引きずり出して、退社後ようやく病院に行った。
    定時でそろそろ帰ろうかなってときに病院に行った結果報告の電話が上司に来たんだけど、
    やっぱり安静にしてなきゃいけないということでとりあえず来週はまるまる休むらしい。
    それを聞いた別のパートの人が「やっぱり~~~!だから何度も言ったのよさっさと病院行きなって~~~!」って
    言ってたけどほんとそうだと思った。

    昔はどうとかじゃなくて本人の性.格だよなあ……なんで病院行かないんだろう。

    このページのトップヘ