528 :ちわわ 2012/02/10(金) 23:20:29 0
    42度は救急車レベルなのかと知らなかった件

    入社間もない頃の話
    会社で、あれ?節々が痛い?と思ったとたん悪寒
    夏なのに全身ちょー激しい貧乏ゆすり、お前それわざとだろってくらい体が動く
    その日は金曜日だった、丁度4連休だったので余裕でなおると思いながら早退
    帰宅後、悪寒は消え失せ熱42度、薬、寝る、起きたのは夜の8時
    薬、寝る、起きたのは夜の10時
    薬、寝る、起きたのは朝の6時
    時間経過はこんな感じだった
    喉も乾かないしトイレも行きたくないし、とにかく寝ていたかった
    人の気配で起きたら母がすごい形相でわめいてる

    金曜昼に早退して、母が来たのが水曜の昼すぎ
    自分のなかでは一晩寝てただけのつもりが5日経過
    マンションのチェーン切られての救急車搬送

    退院後、自杀殳の噂がたってた

    176 :ちわわ 2019/11/03(日) 02:16:40 ID:0Td
    元彼がただの自己満迷惑男だった

    私はしんどいときはほんとに放っておいてほしいタイプで
    2,3日熱が出て外に出れなくても餓タヒしない程度にスポドリとか冷食とか買い置きしてる

    彼とデートの約束があったけど熱があったのでキャンセルした
    家に行くって言われたけど寝てて起こされるのも嫌だし丁重に断った
    どうせ来ると思ったけど
    そしたらデート予定時刻(18時)より遅く22時半くらいに来た
    何してたのかは知らない
    がちゃがちゃと鍵回して、開口一番「まだ起きてるし」って怒られた
    電気がリモコンじゃないから消すのが面倒で電気付けてただけで実際はほぼうとうとしてた
    一応ポカリとかゼリーとか買ってきてくれたけど
    「しんどいから一人にしてほしい」って言ったのに
    「心配だからいる」って聞かない
    追い出す気力もないし、結局勝手に泊まって次の日食欲がないのに
    「食べないとダメ!」って言って勝手に台所を使って
    【牛肉クッパ】なるものを作って「めっちゃうま!」って自画自賛しながら自分も食べて
    お肉なんて食べたくないのにがっつりこっちにも1人前盛り付けて食べるまで「食べろ!」って監視して
    まな板も鍋も自分の食器も洗わずに帰っていった
    彼が出た後しんどいのに流しの掃除と洗い物しなきゃいけないことに泣けた
    病気の彼女にうどんとかありきたりのものでなく凝ったものを作った俺
    一晩付き添って彼女の看病をした俺(なにもしてない)が好きなんだなって思って冷めた

    このページのトップヘ