196 :ちわわ 2018/09/14(金) 00:20:09 0.net
    5年前に父親が不イ侖して離婚した、現在19歳の娘です
    母親に引き取られました

    ざっくりですが、
    ・母親が「慰謝料も養育費も無しで離婚した、生活が苦しいから働け」と言うので中卒で働き出した
    ・中卒はまずいと思って去年から定時制に通っている
    ・面会も連絡をとることも許されなかった父親と偶然再会した
    ・実は財産分与も慰謝料も養育費も父親はきっちり払っていた
    ・私は進学していないのに、一般的な高校、大学入学のタイミングで父親に臨時のお金を請求して受け取っていた
    ・私には1円もまわってきていない
    ・その事を問い詰めたら「不潔男の娘が苦労して不幸になるのが面白かった、ざまぁみろ」と帰ってこなくなった
    ・住所は知らないけど、慰謝料で買ったマンションがあるらしいのでそこにいると思う

    まとめサイトくらいでしか家庭板を知らないので、フェイクとかよく見かけるので、とりあえずこれだけ書きます

    751 :ちわわ 2012/09/01(土) 19:47:47 0
    じゃあさ、俺の両親の話なんだけど
    家に帰ってくると父が4人の女忄生と母に囲まれていたのは修羅場になる?
    あの光景は忘れられないわw

    794 :ちわわ 2012/09/02(日) 18:22:20 0
    俺のかーちゃん、たまに人のタヒ期予言するからちと怖い
    そのときその時で予言の仕方が違うから法則が掴めない

    853 :ちわわ 2011/04/04(月) 00:23:56 0
    627はウチの親父かとオモタw

    ウチの父も母を思いやらず同居祖母の肩を持ってばかりで別居、離婚に至ったよ。

    認知症で何をするにもいちいち幼児みたいに駄々をこねてぐずる祖母相手に
    母は実の親でもないのに本当によくやってたと思う。
    時々キレることもあったけどやるべきことはやり、㬥カとか理不尽ないびりは一切してなかった。
    父は父で積極的に祖母の介護をしていたけど母と一緒にというより
    母が仕事でいないときは父が、という感じで交代で面倒をみることが多かった。
    祖母は父にべったべたで「ひどい嫁だ」と母への不満をいつもこぼしていたらしい。
    父はそれを全部真に受けてた。
    祖母が父に「嫁(母)に嫌味言われた」といえば母の態度が悪い。
    母が父に「祖母に(ry」といえば親の悪口をいう忄生格の悪い妻だ、となる。
    父のスタンスはいつも祖母側。

    しまいに母がノイローゼになって祖母の声を聞いただけで動機や吐き気がするようになっても
    「クリスマスに一人じゃかわいそうだから祖母も一緒に食事していい?」と。(父も母の症状は知ってた)
    (玄関から完全分離の2世帯だったんで食事は普段別にとってた)
    さすがに母がブチキレたら父は「そんなに嫌だと思わなかった」とさらりと言ったよ。

    358 :ちわわ 2012/08/24(金) 15:19:35 0
    小さい頃、大体母が原因で両親が大喧嘩していた。
    で、その日は特にひどくて
    「だから○○(私)は馬鹿なんだ!」
    と母が叫んだのが聞こえてきた。
    人の事を馬鹿か屑、のろまとしか言えない母。
    喧嘩だけでもこっちは泣きそうなのに自分の名前を出されてもう涙腺崩壊。
    そこに姉がすくっと立ち上がって両親に言った言葉がまた…。
    「ねぇ、-×-は+だよね。-×+は-。どう考えても母さんが-でしょ?じゃあ+が生まれるわけないじゃん
    頭良い子が欲しいんなら父さんが+の人を改めて探すか、母さんが-の人を改めて探すしかないよね。
    ま、母さんと新しいお父さんの所に生まれた子は悲惨だろうけど、だって-同士じゃん。あ、でも反面教師としては最高か」
    と言った。
    私も両親も唖然として空気が固まったのを覚えている。
    あの後姉は父に平謝り。母にも最終的には謝っていた。

    265 :ちわわ 2016/11/18(金) 21:56:48 ID:4Oi
    小学生の頃、ミステリーが好きで特に古谷一行の金田一耕介シリーズの映像化してたものは何度見てもお気に入りだった。

    あまりに印象深くておどろおどろしい感じが好きだった「悪魔の手毬唄」の数え歌を完璧に覚えて良く歌ってた。
    普通に歌うんじゃなくてあやしさを醸し出すように歌ってたんだけど、母とバスに乗った時にこっそり歌ってたら「今はやめなさい」と母に言われて脳内で歌ってたんだ。
    けど今思い出したら自分では気が付かなかったけど結構大きな声で歌ってたんだと思う。
    好きに歌わせてくれない!ってその時はムスッとしてるばっかだったけど、きっとすっごくかわいそうな子だって思われてたんだろうなーって。

    っていうか母が一番被害こうむってるじゃないかこれorz
    おかあさんごめんなさい

    959 :ちわわ 2010/06/22(火) 22:09:32 0
    今までまとめとか読んで、笑えないと思ってたけど、、、
    今、自分がはっちゃけてる気がする。
    聞いてくれるかな?

    787 :ちわわ 2014/02/20(木) 23:47:26 0
    こっそり投下。初カキコ。
    墓場に持っていく予定の修羅場。ていうか誰にも言えない出来事だが,「王様の耳はロバの耳ー!」ってしたい。
    今から3年前のこと。

    以下当時のスペック(私以外みんな地方在住)
    私 22歳 JD(春から院生)
    高校卒業後,実家から出て一人暮らし。長女。兄と弟がいる。
    母 パートタイマー。
    父 公務員。
    義伯父 母方の伯母旦那,公務員。夫婦仲良好
    子梨のせいか,私を凄く可愛がってくれてた。


    私は大学入って研究にはまってからずっと院に行くと宣言していた。
    親には「まあ好きにしなさい。お金は心配しなくていい」みたいな感じで了承をもらってた。
    ちなみに大学にいる間は奨学金が学費,仕送りが生活費,お小遣いはバイトといった具合。
    で,無事志望院にも受かり,バイトと研究に明け暮れていた頃。母からある通告を受けた。

    母「ごめん,お金の工面はしてあげられないかも」
    私「うん,そっか(ヤッパリナ)」

    正直これはちょっと予想していた私(時々仕送りがなかったりしたから)。
    貯金(200万ちょい)や奨学金やバイトで,親から仕送りを貰わずに進学する気満々。
    その旨を伝えて,大団円と行くはずが……母が変な親心を発揮した。
    「娘(私)に無理をさせちゃだめだ,まだあの子は親の庇護下だ」 とでも思ったのかも。
    私に断わりなく伯母夫婦に資金援助を申し込んだ。
    ここまで前提。

    521 :ちわわ 2014/08/31(日) 04:42:04 ID:bcXFSLCpL
    このスレでいいのかな?
    文章下手だけど。

    両親から虐侍を受けて育った。
    特に父親からの忄生的虐侍が辛過ぎたので、17才で両親が別居して母と祖父母と暮らすことになってからは父親には会っていない。

    大学の学費と生活費は私への慰謝料として母の口座に振り込まれていたが、その支払いが滞っていると母に嘘を吐かれバイトを始めた。
    後にわかった事だが、母はそのお金を当時の彼氏に貢いだり岀会い系に費やしたりしていた。
    ここで母と縁を切ることを考え始める。

    大学から私は実家とは新幹線の距離で暮らしていたんだけど、今年の始めからこちらの事情で三ヶ月ほど実家で世話になっていた。
    その頃、母は父と再婚したがっていて、私はそれに強硬に反対していた。
    けれども期限付きとはいえ住まわせてもらっている以上、あまり強くは言えない。
    生理的にはとても受け付けなかったけれど。
    それに呪いの真似事をするくらい憎んだ、しかも娘を汚した男と「淋しい」とか「お母さんだって女だから」とかいう理由で再婚しようとするなんて。
    思いっきり母に失望。

    祖父と母はやたらと父と私に接触を持たせようとしていた。
    私が祖父に父親にされたことを告白した時は「杀殳してやりたい」とまで言ってくれたのに、
    「○○(父)君も反省しているんだから」
    などと。
    祖父も母も、父から金銭的な援助を受けていたから、そのせいだと思う。

    この時、私にはもう親はいないと思って生きる事にした。

    その後、私は結婚。
    一応報告はしたが、祖父の言うように写真なんか送ってやらないつもり。
    結婚式はまだだけど、それも呼ばない。
    父親を連れてこられたら困るし。

    妊娠したけど、それも兄弟にしか言っていない。

    母から連絡がしつこいので、
    「産まれてくる子が男女どちらにせよ、ペドフィリアなんかには合わせられない。
    お母さんも私の子供がいやらしいことされたら嫉妬して私の子供に㬥カを振るうんでしょ?
    私の時みたいに。
    そんな人に会わせられない。
    私は過去と決別したいので、もう連絡してくるのもやめてほしい。」
    みたいな手紙を送って、絶縁。
    私以外の子供にも見捨てられ、母は祖父共々親類からも見捨てられ、さもしい生活を送っているらしい。

    前置き長くなったけど、一応小さな仕返しです。

    亡くなった祖母の仏壇に手を合わせられないのは悲しいな。

    480 :ちわわ 2014/08/18(月) 13:25:32 ID:TB8ZkKfrg
    ちっちゃいけれど、本当にちっちゃいけれど、小学校一年の時、父方の祖父母と同居してた
    その祖父母は農作業を母にさせて、私から見たら母を䖈めているように見えていた
    実際は母も好意でやっていたらしいのだけれど、私には祖父母は私から母に甘える時間を奪っていてるように見えて寂しかった
    おやつの時間は祖父母はいるけれど、母は農作業でいないのが普通だったから、自然と祖父母嫌い!になっていた
    小学一年生ながら、祖父母に「お母さんの仇だ!」と息巻いた

    家族が寝静まった後に祖父母の部屋に忍び込んで、蚊取り線香を廊下に出し、部屋を締め切った
    昼間、虫取り網でわざわざ捕まえた蚊(数匹)をコップに入れてラップして逃げないようにしてたので、ラップを取って蚊をぶっ放した。即、私は祖父母の部屋を出て自室に戻った

    次の日、祖父母は蚊に刺されて痒いを連呼。とかいう私も、蚊の返り討ちに遭っていたらしく、痒い。けれど、「ここで喚いたらダメだ!」と何故か思って、「ママは畑でもっと大変なの!痒いなんて言っちゃだめ!我慢しなきゃ!」とか何とか言ったと思う(たぶん、嫌がらせは気付かれてる)
    母がどうして?と聞いてきたので、「学校から帰ってきても、ママは農作業でお話する時間が無い」って泣いた
    その後はあまり記憶にないんだけれど、父の転勤で祖父母と別居になった
    今思うと、よく蚊を生きたまま捕まえられたなって感心するし、祖父母ごめんなさいって思うけれど、母には当時のことを怖くて聞けないw