901 :ちわわ 2012/08/30(木) 09:55:32 0
    兄嫁の母親が倒れたので、兄夫婦が実家の家族会議に出席した際、
    兄が「嫁が介護に通うことも認められないし、金銭的援助出来ない」と宣言してきたらしい。
    どうしても看たいなら、離婚届に判を押してから、とも。
    相当責められたらしいけど
    「自分はされた事をしただけ」「そういう覚悟は嫁にも義母にもあったはず」
    で押し切ったって。

    私の母が寝たきりになった時に、兄嫁が吐いたセリフと同じことを言っただけ。
    人の生きタヒにに便乗した復讐も褒められたもんじゃないけど
    兄嫁も兄嫁母も人として尊敬できないので、兄GJ!

    71 :ちわわ 2015/01/18(日) 10:00:24 ID:V9V
    コトメと一緒に嫁いびりしてくるトメ
    でもコトメが嫁ぎ、トメも大病患ったりして弱り、いびられることも少なくなった
    とは言え、焼かれた昔のアルバムや盗まれて他人にあげられた祖母や母の形見など、取り戻せないものが返ってくるわけでもない
    そしてウトが逝き、消沈したトメは床に伏せるようになり、痴呆の症状も出てきた
    旦那は単身赴任の上忙しく、コトメは隣県で自然と介護は私がやることに
    伏せてから一年程でトメは亡くなった
    通夜でコトメは泣きながら私を責めた
    こんなに早くタヒぬなんておかしい、お前が毒でも盛ったんだろう!とか
    旦那や親族の一人が、私は仕事も休職してちゃんと介護していた、自分は何の手伝いもしなかったのにそれはないだろう、とたしなめた
    そもそも最期は病院で迎えたから、不審タヒというわけでもない
    他の親族は、コトメちゃんもお母さん亡くして気が立ってるのよ、とかばっていたが、
    私は泣き崩れ、一生懸命に介護したこと、頑張って長生きして欲しかったことを訴えた
    嫁いびりをしていたコトメや、それを知っていた旦那以外は、私に同情し、中にはコトメに、実の母親なんだからアンタもちゃんと看てあげるべきだったと厳しく言う人もいた
    居づらくなったのかコトメはコトメ旦那を置いて出て行った

    実際、トメがたった1年でタヒぬなんて思ってもみなかった
    おかげで言いたいことも全部は言えず、やりたいことも半分くらいしか出来なかった
    それでもトメがコトメに遺しておこうとした着物や宝石(高かったらしいが古臭いもの)はほとんど始末出来た
    子供時代のコトメを写した写真もトメの目の前で燃やした
    トメが、コトメちゃんに会いたいと言えば、呼んだフリして、来ませんねえ、もうお義母さまのことはどうでもいいのかしらねえ、と語りかけた
    ごめんなさいと謝られれば、じゃあ母の形見返してください、返してくれたら許してあげますよと言った
    食事はちゃんと栄養第一で作ったが、味は泥水の方がマシじゃないかってくらいまで不味くするのに苦労した
    毎日こんな風にするだけで人は衰弱してタヒぬんだね、脆い
    毒、か
    言葉も毒と言えるなら、コトメのセリフも間違ってはいない

    401 :ちわわ 2016/03/11(金) 14:00:40 ID:fgYVkHee.net
    両親に育てられたが、本当の父も母もわからなかった。
    詳しいことはわからないままだし、割愛してる部分もあるので、ネタだと思って読んでいただいても。

    物心ついた時から母が本当の母じゃないのは知ってた。
    赤ん坊の時から育ててくれて、私がいつか傷つかないようにと、小さい時から本当のことをうまく説明してくれてた。
    私を生んだ女性.のことは母もあまり聞いてないようだったし、私も興味がなかった。
    そして母は溺愛というには有り余るほど私を愛してくれて、おかげさまで私は卑屈になったことはなかった。
    父は田舎の長男ということで周りから「次は男の子を」と熱望されてたけど、父と母の間に子供はできなかった。
    何年待ってもできないもんだから、気の強い祖母や親戚たちが、よく母に
    「子ができないからわざわざ子のいる男を狙った」と
    父のいないところでイヤミを言ってた。
    そして両親は不妊治療を思いついた。
    父には既に私という子供がいるので不妊の原因は母らしいけど、初診は夫婦そろってという事で、二人で検査に行った。
    父が仕事の都合で結果を聞かず帰ってしまい、母だけが結果を聞いて帰ってきて、「やはり私が原因です」と言った。
    周りから責められたけど、父母は別れなかった。
    父は自分と子供に尽くしてくれる母と別れる気なんかなかったし、母は「私ちゃんと離れるなんてできない!」と言ってくれた。
    何より私が母にベッタリだった。

    しかしその後父がタヒんで母は私を連れて家を出た。
    女の子とはいえ家の跡取りは私しかいないのに、母と親戚が話し合った後、すんなり家を出ることができた。
    私は親戚に挨拶もせず、手早く家から連れ出された。
    遠くの地で母との生活が始まった。
    母は相変わらず優しかった。
    父が残してくれたお金もあったので、母の収入でなんとか母子2人生きていけた。

    500 :ちわわ 2019/11/16(土) 20:04:45 ID:At.0q.L1
    母親から電話があって、ちょっと帰ってこれる?って言われ帰ったら、母から兄と義姉が離婚したと聞いた。ついでに兄が入院中。
    なにそれ?って聞いたら、兄が不倫して、バレたけど再構築して、しばらくしたら病気が見つかって、入院した病室に愛人が来て同じ人とまだ不倫がまだ続いている事が発覚して、キレた義姉に捨てられたって。
    この間2年半~3年ほど。病室で離婚届書いたらしい。
    病室に呼ばれた母親が離婚しますと聞いて「息子を見捨てるの!」って怒ったらしいが、もう1人女性.が隅にいるのに気が付いてどちら様?って聞いたら、義姉さんが「◯さん(兄)とお付き合いしている▲さん(愛人)です。3年越しの愛が実るんですよ。今日。」って。
    離婚届と同時に兄と愛人さんの婚姻届も書いたらしい。
    「なんも言えないわ…」って母が言った時、北島さんを思い出した。笑い事じゃ無いんだけど。

    48 :ちわわ 2014/07/15(火) 00:38:55 ID:GE8QSnCr.net
    中学のときに近所の男の子を殴ったと濡れ衣を着せられそうになった話。

    私…当時中1女子。
    お人よしでどちらかというといじめられやすいタイプ。
    男の子…小学5年 私に対し懐きつつも、石を投げたり叩いてくる問題児。近所に住んでる。
    男の子の姉…中3。優しくて面倒見がいい。私と仲が良かった。
    家が近所なので昔数回ほど三人で遊んでた。
    自分が中学校に入ったことでしばらく疎遠に。

    全校集会の時にいきなり学級主任に呼び出される。
    外廊下には学年主任(女)と体育教師、自分の担任など数名の教師。
    学年主任が「あなたの家の近所に住んでる○○くん知ってる?」
    と聞かれ「知ってます。前によくその子のお姉さんと遊んでました」
    学年主任が「 その男の子があなたに殴られたと言ってます。
    保護者から電話があったのよ。ほんとにしてない?」すごく私を疑ってる様子。
    「そんなことしてないです。殴るなんてとんでもない!」
    とびっくりして言うものの、学年主任は煮え切らない。
    「でも男の子も保護者もあなただと言ってるの、本当のこと言いなさい」
    ともはや決め付けてる様子。

    私は絶対に殴ってないし、いじめたことなんてない。
    どちらかというと私がその男の子に蹴られたり石投げられたことがある。
    でもなぜかその時はそのことは言わないでおいた。

    そしたら学校で一番怖いと言われてる体育教師が
    「○○(私)さんが人を殴ったりするとは思えない、
    ちゃんと他の所からも確認を取りましょう」と言って風向 きが変わる。
    学年主任は「だって保護者がっ!」と言うだけ。

    951 :ちわわ 2019/11/23(土) 00:05:02 ID:OW.ud.L1
    それまでずっと父だと思ってた人が実は叔父だった

    ずっと父子家庭で育ってきて結婚式の間際になったある日、旦那と一緒に父からいきなり告げられた
    私は本当は父の弟の子供で、実父と母は一緒の交通事故で亡くなったらしい
    毎年命日にお参りに行ってた母のお墓に実父も一緒に入ってた
    実父と母は駆け落ちみたいにして結婚したから母の実家からはもういない扱いになってて引き取りは嫌がられて、
    父の両親もそのとき既に亡くなってたから父が引き取ってくれたんだって
    「いつ言おうか迷ってるうちにこんな遅くなってしまった。ごめんなさい」って謝られたけど旦那は泣いてたし、
    私も授業参観や運動会には必ず来てくれて、出世も自分の結婚の機会も蹴って私を育ててくれた父には感謝しかない
    ただ最後の「あの時お前の親類の態度に腹がたったのと、実はお前のお母さんすごく俺のタイプだったもんだからつい俺が引き取るって言ってしまった」というのはちょっと聞きたくなかったかもしれない
    ちなみに私の結婚後父はいそいそとプレステ4とニンテンドースイッチを買ってきて、テーブルに旅行ツアーのパンフレットを広げてどこへ遊びに行こうかとうなっていた

    141 :ちわわ 2017/05/30(火) 13:48:49 ID:NjFJkj9w0.net
    うちの父(70代)なんて、年収1500万、退職金5500万あったのに、
    母が宝石や旅行や友達とのおつきあいやらで浪費して、今は全く貯金が無いよ
    父は母に家計を任せきりだったみたいで、退職後しばらくして貯金額を聞いて
    「えー無いよー」
    と言われて言葉を失ったらしい
    今は年金暮らしをしてる

    宝石とか着物とか山ほどあるけど、どうせ売る時は二束三文だし、
    なんか自分がカネコマになってからどうしても母の浪費が許せなくて
    父には申し訳ないんだけど、母に対して意地悪になってしまう自分がいるわ

    798 :ちわわ 2014/08/29(金) 21:06:21 ID:IWsFsjfXM
    中学の3年の時のこと。
    近所に同じ中学の同じ学年だけどクラスは違うから
    顔は知ってるけどそれだけ、って女の子がいた。
    たぶん大人しい子だったと思う。
    それまであんまり印象なかったから。
    その子(M鍋さん・仮名)の母親がうちに怒鳴り込んできた。
    晩御飯が終わって自分の部屋で受験勉強していたら
    玄関でギャーギャー言ってるのが聞こえたと思うと
    母が「私子!ちょっと降りてきなさい!」とか呼ばれたので
    1階に降りて行ったら鬼瓦みたいな顔したおばさんが
    「ちょっとうちに来なさい!来て娘に謝って!」って。
    何のことか全然分からなかったけど、勢いにビビッて足がすくんだ。
    そしたら母がおばさんを制して
    「うちの子の話も聞いてやってください」って言ってくれて
    私に向かって「あんたM鍋さんとこの娘さん苛めてるの?」って言われた。
    「へ?」って、本当に「へ?」って感じ。
    「え、だってクラスも違うし、学校でも会うこともないし・・・」
    って全面否定。
    私は仲のいい子も好きな男の子もみんな同じクラスだったから
    余所のクラスのことなんか知らない。
    「嘘おっしゃい!うちの子が私川さんに苛められてるって言ってる!」って
    腕をつかんで連れて行こうとした。
    で、母が「逃げたりしませんから、本当にうちの子が苛めたりしてるなら
    ちゃんと謝らせますし、なんでしたら4人で話しましょう」って言ったら
    「娘を連れてくるから逃げたら許しませんよ!」って言って帰って行った。
    M鍋のおばさんは戻ってこなかった。
    結論から言うと人違いだった。
    M鍋さんは確かに苛めを受けていたらしい。
    苛めのリーダーが私川さんと言う、同姓の別のクラスの子で
    おばさんは「私川」と言う苗字を聞いて、一瞬で近所に住む私のことだと早合点して
    頭に血が登って怒鳴り込んできたわけ。
    その後、間違いには気付いたと思うけど
    まず目先の事(娘を苛めから守ること)ですったもんだしてるうちに
    我が家に怒鳴り込んだことは無かったことにされてた。
    こっちもデリケートな苛め問題なだけに「間違ったら謝れゴルァ!」とも言えないうちに
    引っ越していかれてそのまま。

    270 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2016/11/05(土) 21:11:09 ID:Z3p
    私の父は家事育児は母親がやるもの!父親は金を稼いでさえいれば育児に参加したことになると思っている奴だった。
    母はそんな父の意見に飲み込まれている超絶エネミーで、双子である私と兄の育児に追われ、
    父と全く同じ考えである義父母(私の祖父母)に自宅凸されいびられ、身体を壊したりもした。
    私と兄が8歳のとき、父が突然私と兄をどこかに養子に出すと言い出した。理由は私と兄が父に懐かないから。
    育児に手を出さず、祖父母をけしかけていびりに参加してた父に懐くはずはないw
    関わってこない分、叱られるとか厳しく当たられるとかなかったから、兄の方は父をなめきってたよ。

    784 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2014/11/19(水) 17:33:57 O.net
    後味悪いので注意

    私は自分の名前があまり好きではなく、10年と少し前に成人したのを機に改名した。
    いわゆるDQNネームとかキラキラネームではないんだけども、花子(えみ)といった感じで漢字とふりがながそれぞれ別の名前になっていた。
    だから間違われてばかりの人生で、うんざりしていたので親に黙って改名した。
    親に名前について文句を言った時、「いい名前じゃないの」と返されたこともあって親には絶対に反対される!と当時の私は勝手に親をDQN扱いしていた。

    そうして改名(漢字とふりがなのうち片方に合わせるという形)したんだけども、改名したことを親に伝えたら母が狂った。
    激怒とか号泣とかじゃなく、ただただ狂った。
    「ごめんなさいごめんなさい」と狂ったように繰り返した。
    それまで普通のどこにでもいる母だったのに家事も仕事もできなくなって自傷行為を繰り返しながら引きこもるようになった。
    鉛筆とか化粧用品でも無理矢理傷口をぐりぐりするので家の中からいろんなものを捨てた。

    父から聞いたんだけども、母にはふたりの姉がいて私が生まれる前に母と三人で交通事故に巻き込まれて亡くなったんだそう。
    その際にふたりは見るも酷い状態になっていたとかで、当時の母は今と同じ状態になったとのこと。
    そして私の名前はふたりから取ったものだった。母の姉の存在は知っていたけども名前までは知らなかった。
    私を姉ふたりと重ねているわけではなかったんだけども私の名前は「拠り所」のようなものだったらしい。
    当時、母は姉ふたりからしか愛されておらず、両親や親族は姉ふたりだけを溺愛して母を虐げていたのも母が狂うに至る一因だろう、とのこと。
    すっかり普通のお母さんだったので父も母が未だに立ち直れずにいるとは思わなかったそう。

    その後母は帰らぬ人となって、父も母を助けられなかったと悔いてそのまま事故タヒした。

    何故改名したのか、何故名前の由来を聞かなかったのか、聞かれなくとも教えてくれてもよかったのではないか。
    自分と父、母を責めて責めて責めてばかりの10年でした。
    これからもこのままなのかな、と思うともう疲れた。

    ごめんなさい

    このページのトップヘ