ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ

=用語= 🦴キチママ…思考回路がおかしい母親の事 🦴ボッシー/シンママ…母子家庭、シングルマザーの事 🦴サレ/シタ…浮気された側の事/浮気した側の事 🦴小梨/子蟻…子供がいない事/子供がいる事 🦴DQN…不良のような暴力的、非常識な人の事 🦴DQN返し…迷惑行為を受けた事に対する仕返しの事

    改名

    784 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2014/11/19(水) 17:33:57 O.net
    後味悪いので注意

    私は自分の名前があまり好きではなく、10年と少し前に成人したのを機に改名した。
    いわゆるDQNネームとかキラキラネームではないんだけども、花子(えみ)といった感じで漢字とふりがながそれぞれ別の名前になっていた。
    だから間違われてばかりの人生で、うんざりしていたので親に黙って改名した。
    親に名前について文句を言った時、「いい名前じゃないの」と返されたこともあって親には絶対に反対される!と当時の私は勝手に親をDQN扱いしていた。

    そうして改名(漢字とふりがなのうち片方に合わせるという形)したんだけども、改名したことを親に伝えたら母が狂った。
    激怒とか号泣とかじゃなく、ただただ狂った。
    「ごめんなさいごめんなさい」と狂ったように繰り返した。
    それまで普通のどこにでもいる母だったのに家事も仕事もできなくなって自傷行為を繰り返しながら引きこもるようになった。
    鉛筆とか化粧用品でも無理矢理傷口をぐりぐりするので家の中からいろんなものを捨てた。

    父から聞いたんだけども、母にはふたりの姉がいて私が生まれる前に母と三人で交通事故に巻き込まれて亡くなったんだそう。
    その際にふたりは見るも酷い状態になっていたとかで、当時の母は今と同じ状態になったとのこと。
    そして私の名前はふたりから取ったものだった。母の姉の存在は知っていたけども名前までは知らなかった。
    私を姉ふたりと重ねているわけではなかったんだけども私の名前は「拠り所」のようなものだったらしい。
    当時、母は姉ふたりからしか愛されておらず、両親や親族は姉ふたりだけを溺愛して母を虐げていたのも母が狂うに至る一因だろう、とのこと。
    すっかり普通のお母さんだったので父も母が未だに立ち直れずにいるとは思わなかったそう。

    その後母は帰らぬ人となって、父も母を助けられなかったと悔いてそのまま事故タヒした。

    何故改名したのか、何故名前の由来を聞かなかったのか、聞かれなくとも教えてくれてもよかったのではないか。
    自分と父、母を責めて責めて責めてばかりの10年でした。
    これからもこのままなのかな、と思うともう疲れた。

    ごめんなさい

    446 :ちわわ 2015/07/11(土) 22:41:31 ID:trY
    こっちがやめられたのかもしれないけど。

    この前買い物に行く途中にAという友人に会ったんだけど、Aは妊娠をきっかけに県外の自宅から実家に里帰りしていて、
    ほんの2週間くらい前に出産したばっかり。
    細部はうろ覚えだけど、こんな感じの会話を交わした。

    私「もう1人で歩き回れるんだ!?すごいねぇ。元気そうでよかった。おめでとう」
    A「初産なのに超安産で助かったよ。今から出生届出しに行くの」
    私「名前決まったんだね。どんな名前?」
    A「これ!旦那にはあんまりウケがよくないんだけど、私が命がけで産んだんだから決定権は私にある!ってことでこっそりこの名前で出しちゃうことにしたんだw」

    と見せられた名前・・・大変申し訳ないが、見た瞬間、シモ系の連想をした。
    知らない人もいるだろうけど、知ってる人もそれなりにいそうな隠語と似てる・・・というか、ほぼそのまま。
    たとえるなら「イカ臭い」って言えば、男の人ならギクってするよね。そんな印象の名前だった。
    字面だけを見ればそこそこ季節感もあって可愛いし、植物から取ってて読みも無難なんだけどね。
    指摘しようかと思ったけど、その単語を知らないっぽいAには「そんな連想をする方がいやらしい!」と
    気分を悪くされてしまいそうだった。
    A旦那も反対するならはっきり言ってやれよ!と思ったけど、もしかしたら気まずくて言えなかったのかも。
    それで結局「旦那さんに内緒なのはまずくない?」と曖昧に言うに留めてしまったorz

    そうしたらまあキレるキレる。
    それまで穏やかな子だったから、きっと出産後のハイというかガルガル期とかいうやつなんだろうが、
    「祝福したくないならしなくていいから!お祝いもいらない!」と瞬間沸騰して去って行ってしまった。
    ああごめん、おばちゃん止められなかったよ・・・とまだ顔も見たことのない赤子への罪悪感が半端なかった。