悲しい話

    866 :ちわわ 2015/07/17(金) 13:16:28 ID:Feq
    台風の来るたびに思い出す人がいる。
    実家の近くに良く居たお婆さん。
    いつも小さな巾着袋を持って、外をうろうろしている。
    巾着袋を持っていて、小銭とポケットティッシュが入っている。
    晴れでも雨でも、暑くても寒くても、昼間は一年中外にいるから日焼けで真っ黒。
    喋っているのは聞いたことがない。

    台風の迫っていたある日、学校から帰る途中でお婆さんを見かけた。
    廃屋の軒先を借りて雨宿りをしているようだったけど、
    もう随分と雨風は強くなっていて、雨宿りの意味があまりないような有様。
    お婆さんはびしょ濡れで震えていた。

    家に帰って、祖母にお婆さんのことを知らせた。
    祖母は少し考えた後、町内会長さんのお宅に連絡を入れ、出かけて行った。
    小一時間ほどで帰宅した祖母は、
    「あなたももう中学生だから、世の中にはこういうことがあるって
    知っておいてもいいでしょう」
    と、そのお婆さんに纏わることを話し出した。

    昔々、隣町の地主の家に娘が生まれた。
    この娘は「頭のゆっくりした子」(祖母談。知的に障碍がある、という意味だと思う)で
    地主夫婦は娘のことをとても心配していた。
    自分たちが世話をできるうちはいい。しかし、親は子より先にタヒぬ。
    自分たちのタヒ後、娘はどうなる?

    地主夫婦は、娘に婿を取ることにした。
    家、土地、資産は娘に全部付けてやる。だから娘を一生面倒見てくれ。
    そういう条件で婿養子を探し、娘を結婚させた。
    娘夫婦は地主夫婦と同居で生活し、穏やかに暮らしているようだった。
    そのまま数十年が経った。

    地主夫婦は随分長生きして娘の面倒を見たが、それにも終わりの時が来る。
    まず妻が、続いて夫が倒れた。
    夫婦ともに、最後まで「娘を頼む」と婿に頼んでいたそうだ。
    婿が葬儀やそれに伴う雑事を取り仕切り、そして、娘夫婦が資産とともに残された。

    1 :ちわわ 2021/10/02(土) 10:47:51 ID:FYCJFXDHp.net
    ワイ長男やけどあんなの出来んぞ
    お前ら出来るか?

    1 :ちわわ 2021/09/19(日) 10:54:35 ID:fk2kl0NlM.net
    お母さん『たっくんさ、明日からさ、学校行くときだけこれ使おっか。』スッ…

    ワイ『なにこれ?』

    お母さん『これね、脇にこうやって塗るの』

    ワイ『なんで?』

    お母さん『ん~?これ付けるとね いいニオイするんだよ?』

    ワイ『へぇ』

    お母さん『女の子にモテるよ~(*^^*)』

    ワイ『ほんと?じゃあつける!』

    お母さん『うん…付けようね…(T_T)』

     
    辛いわ…

    929 :ちわわ 2016/12/31(土) 22:47:07 ID:Nix
    嫁母に聞いた嫁とウインナーコーヒーの話
    まだ消費税がなかった頃
    嫁母は見合いして22で娘(嫁)を産んで、家庭を顧みない、多分アスペルガーか発達障碍の夫の分も女手一つで育児と仕事をしてた
    ある年の瀬に法事で夫の実家に帰る道中、夫に「ちょっと待ってて、友達のところに顔出してすぐ戻る」と娘共々、よく知らない地に置いていかれたらしい
    田舎だから年末に空いてる店もなく、携帯もない時代
    昼時を過ぎ、一時間待っても戻ってこず、娘をおろしてる間に財布の入ったカバンごと走り去られ、ポケットには高速のおつりの300円
    寒さだけでも凌げるところをと探していると、あいている喫茶店がひとつだけあったそうだ
    喫茶店に入り、メニューを見るも、お腹を空かせてるだろう娘に食べさせてやれる300円で買える食べ物なんてない
    せめて何か温かい飲み物をとドリンクを見ていると、コーヒーの下に一つ、ちょうど300円で頼める飲み物が
    【ウインナーコーヒー】
    母は考えた
    「ウインナーコーヒーって、ウインナーがついてるのかな?」
    「たぶん」
    「じゃあ、お母さんコーヒー飲むから、あなたはウインナー、はんぶこしましょう」
    「うん」
    そうして届いたコーヒーには、ウインナーではなく生クリームが乗っていた
    母は焦った
    でもそれを見た娘はニッコリ笑って言ったそうだ
    「お母さん、よかったね!お母さんの大好きな生クリームが乗ってるよ!」
    コーヒーが飲めない娘は上の生クリームを食べることを辞し、お水を飲んで過ごした
    店員にバレないよう、こっそり一欠片の角砂糖を舌の上に転がして
    その後夫が迎えに来ることはなく、自力で見つけた交番に助けを求めて難を逃れたそうだ
    夫は娘と妻を置いてきたことを 忘 れ て い た
    母は20年以上たった今でもその時のことを忘れられないという

    嫁に聞いた母とウインナーコーヒーの話
    ランドセルを買ってもらった頃だったか
    見知らぬ場所に母共々連れてこられ、唐突に父に車を追い出されたそうだ
    二人は父に捨てられたと思ったという
    寒い仲凍える母と歩きまわり、やっとのことで一緒に見つけた喫茶店に入ったそうだ
    いかにもチェーン店という感じで、若い店員は愛想が悪かったが店内はほのかに暖かくてホッとした
    母は娘にバレないよう、もう何回目かポケットの中にある小銭を数えたが、娘は母の持ち金の少なさを悟っていた
    漢字は読めなかったが、数字の大きさは理解できる
    母の手持ちでは娘が読めるコーヒーを頼むのが精一杯なことに気づいていた
    娘は安堵した
    よかった、お母さんの大好きなコーヒーは頼める
    すると母はとても良い提案が浮かんだというように、ニッコリと笑って娘に聞いた
    「ウインナーコーヒーって、ウインナーがついてるのかな?」
    娘はしばし躊躇があったものの、その「たぶん」と曖昧に返した
    そうして注文したコーヒーは、やはりウインナーはなくて、かわりに生クリームが乗っていた
    娘は安堵した。よかった、これならお母さんはコーヒーが飲める
    だけどお母さんはとても悲しそうな、辛そうな顔をしていることに気づいてしまった
    そんな顔をさせてしまったことが辛くて精一杯笑ってみたけど、母は悲しげに微笑みを返すだけだった
    そのときとても居たたまれなくて、私は大丈夫だと母がコーヒーに入れない角砂糖を一つ頬張ってみせて誤魔化そうとしたけど
    そんな強がりもやっぱり母にはお見通しなような気がして、同時に母のいたたまれないような気持ちも伝わってきて
    上手にその場をやり過ごせなかった後悔が今でも鮮明に残っているらしい

    二人共、それぞれ「昔、ウインナーコーヒーはウインナーが入ってると思っててね」と笑い話として話してくれたけど
    話の本質が切なすぎてどちらの話も涙腺が緩んだ

    19 :ちわわ 2010/04/07(水) 10:06:58 ID:zzNiY8Y2
    >1 乙。

    そっと投下。

    小さい頃の話で、三十年近く前だけど…今でも覚えている出来事。
    メ○ードの美容部員?を母と同期でやっていた人Aがいて、その娘A子とは歳も一緒で家が近く、よく母娘で遊んでいました。

    その母娘(プラス下に弟B)がうちに来たとき、無くなってしまったイルカのぬいぐるみ。
    三匹色違いをまとめて大事にしてたうちのひとつが無くなって、母と一生懸命探しましたが見つからずに落ち込んでいました。

    後日Bくんが自宅にてそのぬいぐるみを無造作にもてあそんでいて、
    「私のだから返して!」と言えなかった気の小さい私は、帰り道母に訴えました。
    母も私の大事にしていたものだと気づいていたようでしたが、
    「お母さんの大事なお友達だから…ね?○○くんはまだ小さいから、ひとつあげようね」と。

    今思うと、子供の前で母なりに考えた末の発言だったかもしれません、そのお母さんとは次第に疎遠になったようでしたから。
    しかしあんなに大きなものを、人様の家からしれっと持ち出す人の精神構造が解らない。
    そして自宅に持ち主が来ていても、平気で出しておける神経とか。

    Aの実家は近所にあり、裕福な地主さん。本人も、とても綺麗な人。
    おっきくて優しいお父さんが日曜は私たちも呼んで手作りカレーをごちそうしてくれたり、うちではとても買えないような家電のオモチャがたくさんあったり…
    (洗濯機とか掃除機。リアルに洗ったり吸ったりするもので、当時は珍しく憧れでした)
    そんなに恵まれているくせに!…って、子供心に傷つきました。

    イルカのぬいぐるみは、外に女の人がいてなかなか家に帰ってこない父が、ある日罪滅ぼしのように私にくれたものでした。
    「色ちがうのもいたぞ」って言うから、「ぜんぶほしい!!」ってお願いしたら次に買ってきてくれて。

    灰色がお父さん、ピンクがお母さん、水色のを自分と言う設定で、いつもくっつけて置いていたんです。
    今思い出すとちょっと切ないなぁ私w

    泥するような母親はゴミ。
    子供の大事なものを盗るような輩も多いようで、ココ読んで驚いてます。

    65 :ちわわ 2021/01/09(土) 12:15:37 ID:3P.qc.L1
    くだらないけど、自分の神経が分からん話

    子猫を保護して、そのまま飼って9年になる
    大人しくて賢い猫で、うちは子供のいない夫婦なもんだから
    情けない話だけどすっかり猫馬廘になり、子供のように可愛がってる

    先日、年賀状用にと、猫に牛の被り物を被せて写真撮影した
    可愛い(親バカ目線)写真が撮れて大満足し、被り物を外して何気なく
    「これ可愛いから大事にしまっておいて、次の丑年にもまた使おう」と言った時
    唐突に、ああ、次の丑年には多分この子はもう居ないんだな…と気づいて
    なぜかすごいショックを受けてしまった

    普段から、猫の寿命のこととか、シニア猫への対応についてとかは考えていて
    理解もしていたはずなのに
    こんなことで初めてリアルに、うちの猫が居なくなった世界を想像して泣いてしまった神経が分からなかった

    388 :ちわわ 2021/06/09(水) 23:10:23 .net
    子どもの担任が数ヶ月前にタヒ産したのよ
    コロナ疑われるの配慮したのかもしれないけど全校向けに
    タヒ産したので2週間おやすみいただきますっておたより配布してていたたまれない気持ちになったわ

    470 :ちわわ 2014/08/03(日) 20:13:45 ID:???
    上のお姉ちゃんネタで思い出したので書き込みさせて下さい。
    かなり前、無職の男と付き合ってた。そいつとは10年以上の付き合いで、無職の上パチンカス、DⅤ、モラハラ、マザコン、避妊もしない最低な奴だった。私は初めての彼氏だったので、完全に洗脳されており、そいつは毎日私の家にご飯を食べに来て、月々お金も渡していた。
    付き合って10年ほどたったある日、あるきっかけでそいつのお姉ちゃんと会うことになった。最初はお互い敬語だったが、すごくかわいくて優しい人で、話しもあうので仲良くなり、元彼ぬきでも会うようになった。ある日お姉ちゃんが泊まりに来た時、元彼からお姉ちゃん宛に電話がかかってきた。お前何で俺の彼女と仲良くしてんだよ!コロすぞ、ブス!と物凄く怒っていた。お姉ちゃんは、私ちゃんのことは家族になりたいくらい大好き。でも、友達としては弟とは別れた方がいい!10年以上も働いてないとかおかしいし、あいつはこれからも働く気はない!お父さんもお母さんも私もみんな暴カふるわれてる!と泣きながら話した。お姉ちゃんの胸元やお腹には元彼にやられた痣がたくさんあり、ガンを患っているお父さんにまで暴カをふるっていると聞き、それから連絡を一切たち別れた。
    しばらくは職場に怒鳴り込みに来たり、実家に突撃もされたが、職場の同僚の家に泊めてもらい、職場も異動になりなんとかおさまった。携帯も変え、お姉ちゃんに教えたところ、元彼がお姉ちゃんの携帯から私の番号を探しあてまたかけてきたので、お姉ちゃんとの約束で落ちつくまでお姉ちゃんとも連絡をとらないことにした。
    それから少したって、お姉ちゃんの携帯に電話をしたが解約されていたため、元彼の実家に電話をした。
    (元彼はニートなので家電には出ないので)
    お父さんが出たのでお久しぶりですと挨拶し、お姉ちゃんはいますかと言うとお父さんは無言になった。
    しばらく沈黙が続き、?と思っていると突然お父さんが泣き出し、あいつは亡くなったんです…と。
    今は天国にいますから、こちらも思い出すと辛いのでもう電話をかけてこないで欲しいとお願いされ一方的に切られた。
    電話のあと、涙がとまらず弟にお願いして元彼実家に駆けつけたが、弟がベルを鳴らしたが出てはもらえなかった。
    それから3年ほど経ち、お姉ちゃんの実家に車で行ってみたが新築の家だったのに売りに出されていた。
    病気のお父さんや元彼もどうしてるか知らないが、まだ元彼は働いてないと思う。

    17 :ちわわ 2017/01/02(月) 19:57:48 ID:bqn
    姉は美人。私はブス。
    パッチリお目目の姉は本当に美人で、私は同じ両親から産まれたのに、一重でブス。
    姉が不登校になったのが私のせいみたい。学校で「整形したらしい」「妹がブスすぎ」とか言われてるらしい。
    姉は整形してないし、私がブスで祖父母に近寄るな!って言われたし
    タヒぬしかない。私が誰に似てるかって言われたら皇太子様。
    姉は柴崎こうさんに似てる。

    292 :ちわわ 2015/09/15(火) 16:31:04 ID:oCV
    >>291
    数パーセントは届くかも!と思って募金してる

    もう10年前だけど、結婚式を改装休業直前の東京ス○ーションホテルでやったんだけど、
    その際、「改装終わって再オープンしたらまたいつでも来てね」みたいな無料宿泊券貰ったのね。
    5年で改装終わると休業前聞いてたのが、5年で終わらず、3年前テレビのニュースでホテル再開したのを聞いた。
    でもその時は第一子妊娠の後期。
    まだ予約取り辛いとも聞いたので、時期を待って予約取ろうと旦那と話してた。
    ちなみに再開しても特に手紙とかは無し。

    今年の結婚記念日、子供も育って親に預けやすくなって、さー予約取るかとホテルに問い合わせたら、
    「何その券?何この人?ゆすりたかり?」な反応で電話たらい回しにされた挙句、
    後日「その券は再開後一年までの有効とさせて貰ってま~す」だってさ・・・
    そんなこと一切告知されてないし、券にも書いてない!って言ったら、
    何かブツブツと、他にも券利用した方はすぐ泊まりに来たし、だいたい前とは違うホテルみたいなもんだから、
    あんな券発行されて後任の我々が迷惑してるみたいなこと言われた。

    旦那と茫然。
    我々もニュースで再開知った直後に券がどう使えるのか連絡すれば良かったのかも、とも思うけど、
    何か迷惑な人扱いされて、式の担当者の優しいおっちゃんとか、式の後寄ったホテルのバーのお爺さまの笑顔など、
    楽しかった式の思い出が黒ずんだみたいで寂しい。
    あのス○ーションホテルはもう無いんだなーと。

    一応後日、「断ってごめんねーこれで手打ちね」みたいな手紙と一緒に式当時の写真と手紙(なんかタイムカプセル手紙みたいな
    の書いてた。多分ちゃんと泊まれていれば部屋に置かれてたのだと思う)と、お茶の缶が紙袋に詰められて来たけど、余計寂しかった。
    今後東京駅で全電車泊まろうと、あのホテルには寄り付かないわー