恐怖

    378 :ちわわ 2019/06/30(日) 15:54:40 ID:hOP3m4900.net
    昔住んでたのが新興住宅地でモデルルームだった家
    三ヶ月に1回は金縛りに遭い、ラップ音は毎日
    家族も寝てたら毆られたり、白い手がにゅ~と出てきたりを目撃
    何年か前にgoogleで見たら他の住宅はそのままなのに
    その家は取り壊され、極狭住宅が3軒建ってた

    611 :ちわわ 2018/06/14(木) 15:18:51 ID:ozsT4Ztt0.net
    ごめん愚痴なんだけど

    旦那に結構きつい事言ったりヒステリックになる事がある
    最近特にそう
    旦那でこれだから子供産まれたら同じ事するんじゃないかと思うとすっごく怖い…
    旦那ウトに似て(対トメ談)モラ八ラ気質で
    「妊婦だからと言って甘やかしたりしない、ベビーベッドも自分で組み立てろ」
    「仕事辛いなら辞めてもいいけど、子供しか養わない」
    「男が優しいのは忄生欲があるから、ヤレないとわかってる家族には優しくなれない」
    とか平気で言ってくるし本当に優しくない
    優しいってレベルじゃなくて人として最低限の思いやりもある?ってレベル
    そんなだから私もついカッとなって怒るんだけど、私が怒るとTwitterで鬼嫁とか言って愚痴ってフォロワーの共感得ようとしたり

    何か色々嫌になるわ…

    324 :ちわわ 2016/08/29(月) 16:12:47 0.net
    実家に行ったら母が熱中症の症状で寝込んでいた
    同居してる兄嫁に話を聞いたら
    「何度言っても全然いうことを聞かないので最近は構ってません」
    「夫さん(実兄)が帰って来たら何とかするんじゃないですか」
    と言われた
    確かに母は意固地な年寄りだけど、同居なのに放置したら兄嫁も罪になるよと伝えたら
    「もう何度も救急車に乗って、その度に私たちが頭を下げてる
    救急や病院にも記録はあるので情状酌量の余地はあるんじゃないですか」だって
    内心このままタヒねばいいとか思ってるんだろうな
    恐ろしい女だ

    107 :ちわわ 2015/08/28(金) 00:02:54 0.net
    トメが作る食事を食べると、直後に私だけ必ず下痢をする。何か盛られてる?と思い、食事前に私の箸とコップを洗ったら、案の定、下痢しなかった!!!

    …うわ~…まさかとは思っていたけど…こんな事あるんだね…何盛られてたのか気になるわ…次回は箸とコップと取り皿を回収して調べてみようかしら。調査してくれる専門機関ないかしら。

    323 :ちわわ 2010/03/18(木) 14:33:20 ID:Q89S8s7o0
    もう17年も前のことだから時候と思いたい。
    そして自分の頭の中からも記憶を消したい過去。

    貧乏人なくせにそこしか受からなかったお嬢様大学(3流)でカツカツの生活をしていた私。
    仕送りがほとんどなかったため、バイトに明け暮れる毎日。
    もちろん贅沢な生活を満喫している同級生達と話が合うはずもない。
    とても孤独を感じていたある日、自炊の買出しをするため近所のスーパーに行く。
    それまでの人生で高級な牛肉というものを食べたことがなかった。
    牛肉といえばコマ、見たいな感覚しかなかったほど。。
    牛肉の陳列棚に目をやると最上段にはけた違いの高級和牛が。

    もうなぜそんなことをしてしまったのか、魔がさしたという言葉がこれほどぴったりくる瞬間ほかにない。
    小さめだけど分厚い塊のパックを自分のバッグの中に入れてしまった。それほど食べたい!とも
    思わなかったはずなのに。
    なんかものすごく冷静にほかの買い物をして、レジに並び、かごの中だけの商品分お金を払った。

    店を出たところで化粧の厚いおばさんに腕をそっと掴まれた。
    店員ではないようだったが、万引きGメンみたいなのと思った。
    小さい声で確かへらっと笑いながら<ごめんなさい、ゆるして‥>と言ったのを覚えている。
    それからすぐ近くに自分のアパートがあることを話したら
    おばさんは<そこで話しましょうか>とにこにこしている。そのままアパートへ。
    部屋に着くと急に泣けてきて謝りまくったが、ふとみるとおばさんは上半身ネ果。。
    意味がわからなかったが、気持ち悪くニヤッと笑ったおばさんは<ちょっと吸いなよ>と。

    乳首を震えながら吸った。そして私の股/間をまさぐりながらあえぎまくっているおばさん。
    あまりにショックだったからか、幽体離脱状態になっていた気がする。
    記憶も、自分とおばさんを見下ろして眺めている自分、という感じになっている。

    すぐに引っ越した。大学も辞めた。あの町には二度といっていないし、当時の知人もさっぱりいない。
    今は結婚して子どもも旦那もいるが、あのことは本当に誰にも話せない。
    肉は捨てた。
    長文駄文失礼しました。

    707 :ちわわ 2011/05/19(木) 10:08:33 ID:mXMGJ9K7O
    H中のハプニングスレとどっちに投稿しようか迷ったがとりあえずこちらに。
    私…21歳大学生。
    彼…22歳大学生。私の彼氏。
    A男…25くらい?社会人。
    B子…23くらい?社会人。A男の彼女。

    付き合って2年の彼の家にお泊りした。
    映画観たり一緒にお風呂入ったりできゃっきゃしつつ寝室に入ったのが午前0時。
    彼の家は間取りの関係上、寝室が玄関入ってすぐの部屋。
    もちろん窓もカーテンも閉めて戸締まりも確認してあった。
    が、いざ挿入ってときに玄関ポストに何かを入れる音が。
    なんか金属音だったので彼に見に行ってもらうと(フルチンのままw)
    こんなもんが入ってたと言って持ってきたのは鍵。
    彼の部屋の鍵に見え、日ごろ修羅場スレで見ていたアレ、
    浮氣を発見した恋人が何も告げず合い鍵だけ残して消えるというのを思い出してしまった。

    581 :ちわわ 2013/09/07(土) 15:41:48 0
    結婚前、浮氣相手と関係を解消してたら、突然彼女が家にやってきて鉢合わせた
    浮氣相手と二人して固まってたら、すっと横切った彼女が手にしたのは包丁
    ナンデスカソレ
    俺たちをテーブルに促して、何を思ったのか持参したリンゴをウサギの形に剥いていく
    一見なんてことなさそうな光景なのに、その一つ一つの精巧さに狂いっぷりが現れていた
    さらに突然きた理由が子供ができたからというので
    い、いかん真実を言ったら誰かタヒぬ…
    嘘をつこう、嘘にしよう、真実は誰も幸せにしない
    俺はさっきからまともに動かない頭をフル回転させた
    幸い彼女が見たのは二人で部屋を掃除する姿、決定的な証拠はない
    浮氣相手も俺の嘘に合わせてくれて、数時間後何とか誤解と思わせることに成功した
    浮氣相手との関係→同僚(これはほんと)
    部屋に一緒に居た理由→嫁への指輪を選んでもらっていた
    (指輪は手切れ金として浮氣相手に渡そうとしたもの)
    金がないので部屋でプロポーズをすると言ったら、
    汚い部屋では成功するものもしないと掃除を手伝ってくれることになった
    (掃除してたのは忘れ物の確認と痕跡の消去)
    何とかだまされた彼女はワーワーないて、憑き物が落ちたように俺と彼女に謝り続けた

    798 :ちわわ 2018/07/13(金) 17:03:34 ID:FK7ABWhq.net
    流れ読まずに申し訳ない

    今日子供を抱っこ紐に入れてエレベーターを待ってる時、知らないお婆さんに「エレベーター乗るときは子供の靴を脱がせるのよ?当たると迷惑だから」
    と言われたから「気をつけます」と答えたらお婆さん
    「気をつけるじゃなくて脱がせろって言ってるのよおおお!それが常識なのよ!?!?」
    と怒りだしてしまったんだけど、そんな常識あるの?
    今までエレベーターだけでなく色んな場面で子供の靴が当たらないように気をつけてたけど、エレベーターで靴を脱がせるは初耳だった
    いきなり怒鳴りだすお婆さん怖かったわ…

    864 :ちわわ 2016/10/25(火) 04:38:28 0.net
    小学校の卒業式の後、母親と電車に乗って祖父母の家に向かっていた
    その車中で、見知らぬ女忄生が母親に話しかけて来た
    母の知り合いだと思って、挨拶した
    母親が、その女忄生から見えない位置で私の腕を強くつかんだ
    でも顔は女忄生の方を見たまま、にこやかに当たり障りなく対応している
    会話を聞いているうちに、あれ?もしかしてこの人、母の知り合いじゃない?初対面?って気が付いた
    電車が駅に停まり、女忄生が手を振りながら降りて行った
    母はずっと緊張していた
    電車が動き出すと、母が「車掌さんを呼んでください」って言って
    やって来た車掌さんに、さっきの女忄生の特徴と降りた駅名、女忄生がずっと手を入れたカバンの中でカッターを握っていた事を告げた
    母は背が高く、その日はスーツに合わせてヒールのある靴を履いていたので
    私とさほど背が違わない女忄生のカバンの中が見えたらしい
    私は、母が半ば身体で隠すように女忄生から遠ざけられていたので女忄生がカバンに手を入れていたことも知らなかった
    とにかく相手を刺激しないように、にこやかに話を合わせながら
    私を守ろうと必タヒだった母の修羅場
    ちなみに母と女忄生とは全く面識なしだった

    488 :ちわわ 2016/08/17(水) 23:38:24 O.net
    未だに怒りがおさまらない修羅場。
    スレチでしたらすみません。
    アパートの二階部屋に旦那と二人暮らし
    24歳です。

    アパートの構造として、階段上がって右にお風呂場、左にリビング、リビングを通ってキッチン、物置化した寝室がある。
    リビングのソファで寝てたら、寝室から聞こえるごそごそという音で目覚めた。
    旦那が早く帰ってきたかと思って起きたら、まったく知らないオッサンがニコニコわらいながら寝室から出てくる。

    アルソ○クの警備員なんだけど、この部屋停電だから見てたんだよ。
    内藤さん(仮)のお宅だよね?お父さんとお母さんいつ帰ってくるかな?
    みたいなことを終始ニコニコ聞かれてヒヤリとした。

    アルソ○クの警備員何で勝手に入ってるの?→ブレーカーリビング入らなくても見れる→偽物?寝室ごそごそしてたし→騙された振りしないと命が危ない!
    と思ってニコニコ対応した。