修羅場

    299 :ちわわ 2015/05/10(日) 17:31:19 ID:ZsfhcmFx.net
    現在進行形の修羅場。
    兄家族が遊びに(というか母に母の日のプレゼントを渡しに)来るというので、姪っ子(姉の娘3歳・同居)と甥っ子(姉の息子1歳・同居)を連れてドーナツを買いに行った。
    帰って来たらリビングの空気が凍りついていて、姉がぶちギレてて兄嫁が泣いてた。
    母が二階に行ってなさいと言うので、姪っ子と甥っ子と、あと兄嫁の隣で泣きそうになってた兄の子(3歳女児)を連れて二階の自分の部屋へ。
    少しして母が飲み物とドーナツを持って部屋に来てくれて、何があったか教えてくれた。
    私が出かけてすぐ兄達が来たみたいなんだけど、兄が「買い物行くなら俺達が来るまで待ってうちの子も連れて行ってくれればいいのに冷たい」とか
    「あいつ(私)は姉ちゃんの子ばっかりかわいがってうちの子に冷たい」とか言ったらしく、兄嫁がそれに「そうだね」と同意。
    で、姉が「どの口が!」とぶちギレて、私が兄嫁にいびられていたことを洗いざらいぶちまけてしまったらしい。
    下ではまだ話し合い中みたいで、たまに兄と父の怒鳴り声が聞こえてくる。

    802 :ちわわ 2014/09/04(木) 20:45:17 ID:PnptI5f7.net
    私の母がまだ若い時にあった修羅場
    読みづらかったらゴメン



    母は当時20代半ばで、田舎から上京してOLをしてた。
    その時に付き合ってた彼氏とは結婚の話が出てて、彼の両親とも対面済みだった。

    んでその彼両親というのが、2人とも
    がっつり刺青をいれてた。
    なんでも彼父は、好きな女とお揃いの刺青を入れたい癖があるらしく
    息子にも同じことをさせようとした。
    彼氏は当時刺青は無かったけど、
    結婚する時にはいれるつもりだったらしい。

    母は彼父から
    「これが我が家の伝統だ。結婚するなら彫れ」
    と紹介された時に言われたとのこと。
    ※伝統のわりには彼の祖父母は刺青をしていなかったらしい、、

    母の答えはno。

    その後母は「刺青するぐらいなら別れる」と言ったが、彼氏が、嫌だの駆け落ちしようだのごねて、
    なかなか別れられなかった。



    ここまでが前提。

    5 :ちわわ 2020/05/02(土) 10:18:06 ID:Aj.ei.L4
    >>1さん乙です。
    テレワークになったものの、PCで出来る仕事も限られてて暇なので
    昔話を書き起こしてみる。

    10年ほど前に離婚した。結婚3年目。
    元夫はやり直しを切望したが、どんなに「魔が差しただけ」と言われても私にとっては浮氣は浮氣で、
    子供ができなくて義父母からの催促に参ってる時でもあったので、どうしても許すことができずに離婚を選んだ。
    周りの友人からは「一回だけなら様子を見てもいいんじゃないか」とか
    「あまりにも頑なさ過ぎる」とか私を責める人も何人かいて、
    いたたまれなくなって仕事を辞めて実家に帰った。
    別に地元で再就職しようとか、引っ越そうとかそう言う事じゃなくて
    私の田舎は小さな島だったので、気分転換の言うつもりで
    海を見ながら一ヶ月ぐらいのんびりしたくて帰ったわけ。
    再就職しやすい資格持ちだったので再就職への心配は無かった。
    島での再就職は無理な資格だけどw

    実家に帰って5日目だったか、
    父の釣り竿を借りて堤防で釣りをしながら今後のことを考えていたら
    中学まで一緒だったAくんがやってきて「久しぶりだねー」「おうー」とか言い合いながら
    色々しゃべってたら、
    Aくんも島をでて就職も結婚もしてたらしいんだけど、お兄さんが亡くなったものだから
    次男のAくんが跡を継いで戻ってこいって親からしつこく言われて
    それは無理だって説得のために戻ってきたけど修羅場中だって言ってた。
    島が嫌いとまでは思わないけど、一度外に馴染んでしまったら
    余程のこの島好きか、余程の覚悟か、余程の絶望でもないと完全に戻ってくるのは無理だって言ってて
    「うんうん、わかるわかる」って感じ。
    私の近況とかもAくんと話をしたら色々吹っ切れて、
    Aくんは翌日に帰るって言うからじゃあ私もってなって
    親には気持ちの整理がついたからって告げて帰ることにした。
    ちなみにAくんとは兄弟姉妹のようなもの。島の子供たちはみんなそうだった。
    恋愛感情は全くない。念のため。

    675 :ちわわ 2020/01/06(月) 16:29:53 ID:Orf
    年末年始は仕事で、今日から数日休みなので帰省してる。
    実家に着いて荷物を整理してたら玄関が騒がしくなり、何事かと襖を開けたら飛び込んできた知らないおばさんに掴みかかられ、訳がわからないうちに天井を見てた。
    柔道でぶん投げられたらしい。
    分厚い脂肪がクッションになったのか私はノーダメージ。
    むしろ私は視界が襖→廊下→知らないおばさん→天井とくるくる移り変わって処理が追いつかない方にパニック。「は?」しか言えないロボットみたいになってた。
    デブな私を投げた細身のおばさんがバランス崩してるすきに旦那が間に入り、同日に帰省してた妹の彼氏が駆けつけておばさんをつかまえてくれた。
    私の修羅場はここまで。

    後から駆けつけた母に宥められ、リビングで全員テーブルについた。
    おばさんもパニックになっているようで、まくし立てているんだけど文章に必要な要素がたびたび欠落してよくわからない。
    母がお茶を淹れながらおばさんが父(昨年没)の方の親戚だと教えてくれた。
    おばさんは私達がおばさんのことを知らないのに動揺。
    なんとか話してくれたことによれば、全ての元凶は祖父母だった。

    516 :ちわわ 2013/11/09(土) 21:57:58 ID:xzmP5pMB
    中2の林間学校で女子が発狂したこと

    前提として当時の俺は言い訳不能のキモデブ。それが原因で軽いいじめを受けてた
    中2の林間学校の2日目くらいだったか、夜にキャンプファイヤーを囲んでのフォークダンスがあった。
    異忄生と何分か踊ってまた別の異忄生と踊る。この繰り返し。しばらくしてAという女子とペアになった。
    このA、ほかのクラスメイトが「おいブタ!」とか囃し立てる程度の中、このAだけが俺のことを生理的に受け付けないらしく、近くを通るだけで逃げ出すほど
    ペア交代の時から俺をにらむA。割と顔立ち整ってて見た目いいやつだったが俺もそいつが嫌いでウエーと思いつつ手を取った
    その時点で「ひぃっ!」と悲鳴を上げるA、ただ音楽は続いているので最初は二人とも踊り続けてた。
    しかしみるみる顔が蒼くなりガタガタ震えるA。しかもなんかぶつぶつ言ってる。持ってる手が震えがどんどん大きくなり俺もなんか変だと思い始めてた。
    そしてAはいきなり「もういやぁぁ!!!」「ひぃぃぃぃ!」「はなしてぇぇぇ!!!!」と暴れだし他の生徒も気づいて踊りが中断
    その場にいる全員がぽかーんとする中Aは宿舎に駆け込んでいった。
    先生たちもあわててダンス中断。Aを追いかける数名の先生たち。結局その夜はAは別のクラスの女教師の部屋に移動させられ残りの日程もその先生と過ごした。
    そのあとは俺の方にも先生の取り調べが来て修羅場になったが意外なことに近くで踊ってた普段いじめてきたクラスメイト達が
    「Aがいきなり暴れだした」と口々に証言してくれ、お咎めなしになった。その後も俺含めほかのメンバーは予定通りの日程を進行
    その後卒業するまでAは普段通りだったため今もAが発狂した理由は不明のまま。
    ただクラスメイトの中で何かが冷めたのか囃し立てる人間もいたものの、いじめはほとんどなくなり快適な中学ライフを過ごした。
    ただ見た目かわいいJCが髪の毛振り乱しこの世のものとは思えない叫び声出して暴れてたのは衝撃だった。

    206 :ちわわ 2017/10/12(木) 19:27:46 ID:jc2
    終息しつつあるものの現在進行中の修羅場
    自分は直接の当事者ではないのであんまり詳しくは知らないけど、知った時本当に腹が立ったので吐き出したい
    弟が職場でパワ八ラと暴カを受けていた。

    弟は高校を卒業してしばらく経ってから飲食系アルバイトを始めて今年で多分7、8年くらい
    自分はその間に結婚して実家を出てる。
    お互い時間が合わなくて年に2回会うかどうかで、良い歳してフリーターの弟と付き合うのが少し億劫だった

    滅多に会わないものの、子供の時体が弱くて当時珍しかった父子家庭でお互い支え合って生活した弟の事は、弟と息子の間くらい大切に思っている
    そんな弟が傷害事件になるほどの暴カとパワ八ラを受けたと先週知らされた。
    膝が曲がらない程の怪我をして仕事から帰ったのが事の発端

    怪我をした弟のかわりに父が先方と話をしたそうだが、これがまぁ酷い

    父から聞いた要約によると
    会社の社長に「経緯を知りたい。相手は2人だと聞いているので連れて自宅へお越し頂きたい」と連絡して呼び出したのだが、挨拶も名乗りもせず入ってくるなり事のあらすじと言い訳を話しだした。
    「遊びの延長(じゃんけんして負けたら肩パンチ)でしていた」
    「仕事をミスしたので軽いツッコミとしてだった」
    「自分達はパワ八ラも暴カもしていない」

    記録する、と宣言しレコーダーで録音されているにも関わらずこの発言。
    父はあまりの言い分に頭に血が昇り2時間ほどネチネチと誘導し最終的には認めさせたそうだ
    細かい会話は聞いた自分がキレて乗り込みそうなのと、思い出しても情けなくなるからと教えてくれなかった
    その日は認めさせて証拠もとれたので解散した。
    また翌日にこれからの事を話し合うと言って先方達は帰っていった

    長いので一旦切ります

    171 :ちわわ 2014/08/17(日) 00:01:26 ID:NxiduPGk.net
    俺の仕事先に新人が入った
    新人って言ってももう40過ぎのおっさんで今迄ニートかフリーターみたいな
    何かオタクっぽくて髪も禿げかけのロン毛でボソボソ喋る人だった


    俺の仕事場では二人一組で業務を行うんだけど
    年令は関係なしで先に入った方が偉いし指示も出す感じ
    俺はまだ20代半ばだけど仕事場ではおっさんより先輩
    だから俺もおっさんに指示出したりして仕事こなしてた
    でもおっさんは何が気に食わないのかずっと不機嫌

    腹割って話しておかないとこの先仕事に差し障っても困るから
    仕事帰りに二人で飯食いに行ってお互い酒入れてから
    「何が気に食わないの?ハッキリ言えよ」って聞いた

    そしたら「なんで一回り以上年下に指示出されなきゃなんないんだ
    つーか俺の方が年上なんだからお前は敬語使え」とかボソボソ言ってきて
    確かに俺は口の利き方が良くない所もあるけどおっさんの言い方にカチンときて
    「ウチの会社は先に入ったヤツが偉いんじゃ!年令関係ねーわ!
    お前こそ俺に敬語使え!」って売り言葉に買い言葉で口論した

    んで口論の末におっさんが俺の襟首掴みかかってきて
    「生意気なんだよお!」とか叫ぶから
    「そんなに気に食わないなら社長に言え!社長が決めた方針だろ!」
    って言い返しながらおっさんのロン毛掴んで引っぺがした

    89 :ちわわ 2018/02/05(月) 10:17:57 ID:USvAEl47.net
    約2年前
    私、子供高1、中2、小6、旦那と義実家に義理父と同居。義理母は、事情ありで別居。
    旦那は、単身赴任してた。
    良いじいさんしてくれていて
    家族関係は、良好。
    …だと思っていた。

    ある夜、中2次女と入浴中、ふと気配を感じ振り向くと義理父、引き戸を細く開けお風呂覗いていた。
    実は、度々そんな気配はあった。
    思い余り旦那に
    「年頃の娘が居るのだから、気を使って入浴中は風呂場の前をむやみに通るな」
    と伝えてもらう。
    齢73なので色ボケかよ~ってノリで
    笑い話にして終わらすつもりだった。

    ふと、高1娘にじいさんになんもされてないよね?と聞いた。
    すると娘、今まで言えなかったが
    ジジイに下を触らせろと言われ
    ふざけんな。と言ったが
    彼氏を連れて部屋に居ると
    外からカーテンの隙間探して覗いてたり、
    気持ち悪かった。と言われ
    気が付かず、のほほんと良いお義父さんと思っていた自分の不甲斐なさが一番修羅場。

    直ぐに旦那に状況を伝えて
    1ヶ月経たずに引っ越し。
    その時、義理母もどういう理屈か
    ママ(私)が悪いのよ~的な事を言われ
    それ以来、旦那両親とは会っていない。
    もちろん今後、関わる気もない。

    804 :ちわわ 2017/04/02(日) 11:11:55 ID:vGc
    すみませんがとても長いです。

    30歳の時、知人の紹介で見合い結婚した。相手は小3の娘がいたが、私は初婚。
    実は恋愛して婚約までした男忄生がいたが、
    婚約してから分かった相手の家庭の宗教問題が原因で破談にしたことがあり
    最初から色々分かった上での見合いの方がいいと思うようになっていた。
    見合い相手の男忄生は、元妻が職場の男忄生と不イ侖の挙句子供を置いて出て行って2年が経っていた。
    最初にはっきりとそういう事情を話してくれて、娘なのでどうしても男親では分からないこともあり
    再婚を決意したことも正直に話してくれたのが好ましかった。
    お見合いにしては長いだろうが一年付き合って、娘もとても懐いてくれて結婚を決意。
    娘とは相忄生が良かったのか、わりと上手くいっていた。
    少し心配だったのは、少しでも予定より帰宅時間が遅くなると玄関先で泣いていた。
    また捨てられるんじゃないかと不安になるんだそうだ。
    それを聞いてこんな小さな子がそんなトラウマを持ってることが可哀想で仕方がなかった。
    その後、一度妊娠したが夫と意見が分かれた。
    妹が出来れば寂しさを癒すことが出来るんじゃないかと言う気持ちと、
    せっかく授かった我が子を産みたいと言う気持ちを持っている私。
    子供が出来れば実子に愛情が傾き、連れ子への愛情が薄れるんじゃないかという夫。
    そんなことはないと言っても「堕ろしてほしい」と譲らない。
    だったら最初から避妊を提案してくれれば良かったのに、妊娠してからそんなことを言うなんてと
    この頃から少しずつ不信感が生まれてきた。

    23 :ちわわ 2016/05/24(火) 00:28:10 ID:U7xD3sSb.net
    旦那が浮氣してた。
    私にベタ惚れで、いつもかわいいよとか君と子供がいてくれて本当に幸せだ、ありがとうと言ってくれていて、私のトラウマ?も一緒に乗り越えてくれて本当に感謝してたし子供も私の親も旦那のことが大好きだった。

    でも浮氣してた。
    10年以上前からの知り合いが相手だった。
    浮氣がバレたときも土下座して「愛してるのは君だけだ。本当に申し訳ない。この償いはなんでもするから離婚だけは許してほしい」と号泣された。

    その日は頭が真っ白になって何も考えられなかったので子供連れて実家に帰った。
    家に着いて私の何がいけなかったのか、毎日言ってくれた言葉がウソだったのか、こらからどうしたらいいのか考えては泣いて、考えては泣いて繰り返していた。

    子どもにはバレないように、次の日も幼稚園に連れて行き習い事にも連れて行き普通に過ごした。
    でも、気を抜くと涙が出てきた。

    旦那から「20時にそちらに行きます。君にも君の親にも謝りたい。話し合いをしてほしいなんて今は望まない。せめて謝らせてほしい。どうか顔を見せてほしい」とメールがきた。
    返事しなくても必ず来る人だと思ってたから返事しなかった。

    でも旦那は来ず、次の日も連絡なかった。
    さすがに旦那も浮氣の次の日に私の親に会うのは気が引けたかな。と思ってたら、旦那はうちに来る途中に事故に合ってタヒんでた。

    浮氣されたショック、旦那のタヒ、そして旦那がいなくなって8年経つ今でも旦那が忘れられないのが修羅場です。