ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ

=用語= 🦴キチママ…思考回路がおかしい母親の事 🦴ボッシー/シンママ…母子家庭、シングルマザーの事 🦴サレ/シタ…浮気された側の事/浮気した側の事 🦴小梨/子蟻…子供がいない事/子供がいる事 🦴DQN…不良のような暴力的、非常識な人の事 🦴DQN返し…迷惑行為を受けた事に対する仕返しの事

    修羅場

    604 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2005/01/24(月) 03:35:14 ID:+QeDs1DR
    高校生の頃、クラスにABCの仲良し三人組がいた。
    Cは、風貌はゴマキ風、
    いい奴なんだけど性.格が読めない変わった感じのキャラ。
    ABが真面目なのに対して学校もサボり気味で毎年ギリギリ進級。
    その割に教師達には不良扱いされるどころか、かなり
    気に入られていて(喋るとオッサンの好きそうな
    古風な事を言うからだと思う)、教師達はABCを姉妹認定して
    よくからかっていた(順番もそのまま)。
    続く

    884 :ちわわ 2017/04/12(水) 21:08:19 ID:req
    日課でウォーキングしてるんだけど、ある日突然大きな犬が垣根から飛び出してきて唸り声をあげて威嚇してきた。
    秋田犬を一回り小ぶりにしたような感じのおそらく雑種の犬で怖くって、
    でも走って逃げちゃダメだったのは何となく聞いた事があるような気がして
    ゆっくり後ろに後退りしたら、踵が躓いてつい「うわっ!」って声を出してしまった。
    そしたらその犬がまるでそれが合図のように飛びかかって来て
    何も持ってないから慌ててキャップを振り回して防御したけど全然効果なくて
    なんかもう無我夢中で悲鳴をあげながら目の前にあった何処かのお宅の門扉によじ登って
    向う側に転がり落ちた。
    騒ぎでそこのご主人が飛び出してきて、70代ぐらいの高齢のご主人だったけど
    散水用のホースで勢いよく水を掛けて犬を撃退してくれた。
    奥さんの方も「すぐに病院に行きなさいよ!」とか言ってくれて、消毒してくれた。
    パソツのふくらはぎの部分が破れてて、裾をまくりあげたら「:」みたいな牙が入ったような傷と裂けたような傷。
    必タヒすぎて噛まれたことにも気付いてなかった。
    ご主人が何処の飼い犬か知ってたので、飼い主さんには連絡しておいてくれると言うので
    そこんちの名前と場所だけとりあえず教えて貰って、一旦家に帰ってから病院に行った。
    幸い感染とかの心配はなく、抗生物質もらって傷の治療もしてもらってきた。縫うほどの深い傷ではなかった。
    その後加害犬の家に伺ったが留守のようで、庭にあの時の犬がいたので怖くてメモを残してきた。
    ここまでの流れと、治療費について話したい旨を書き、こちらの苗字と電話番号を書いておいた。
    5日ぐらい経ってやっと女忄生から電話があり、お詫びに訪ねてきたが延々と身の上話をされた。
    旦那さんが浮氣して女と出て行って、年中の男の子とふたりで暮らしているそうだ。
    その息子さんが庭で犬と一緒に遊んでて鎖を外してしまい、垣根の隙間から出て行ったんだろうと思うって。

    598 :ちわわ 2017/05/31(水) 21:42:08 ID:IpJ
    もう5年ぐらい前になるが、姉が離婚した時の話が凄かった。
    姉夫婦は小梨で原因は義兄にあったらしいが
    義父さんからは姉ばかりが石女扱いされて苛められたらしい。
    そんな時、義母さんがずいぶん姉を庇ってくれたらしくて
    味方がいることでどうにか耐えられたと言っていた。
    その義父が交通事故で亡くなり、義母さんと3人で暮らすようになってからは
    少しは安穏な生活になったようだった。
    が、3年ぐらいしかそれももたず、義母さんが自転車で転んで腰を圧迫骨折して
    3カ月ぐらい入院したあと自宅に戻ってきたが、ほぼ車椅子状態。
    姉は義母さんにはいつも助けてもらったからと仕事やめて専業になった。
    最初のうちは伝い歩きぐらいは出来てたそうだけど
    段々と足も弱ってきて、徐々に厳しい介護になってきたみたいだ。
    そんなふうに姉が義母さんの介護をしてる間、夫である義兄は職場の女と不イ侖していた。
    何年か経って、姉も義兄の浮氣に気付き失望したらしい。
    そりゃそうだ。自分の母親の介護をしてもらっておきながら外の女と浮氣かよって
    男の俺でもそりゃむかつくわ。
    その頃に一度だけ姉から話を聞かされたことがあった。
    俺は義母さんなんかほっといて離婚しろよって簡単に言っちまったが
    姉は義母さんには恩があるって言って、離婚は今はしないって言ってた。
    だからいつになるか分からないけど、見送ってから離婚するんだろうなと思ってた。
    で結局何年か経って義母さんも亡くなったわけだが、
    亡くなる少し前に姉に封筒を渡したらしい。
    結構分厚い定形外の封筒で、自分がタヒんだら開けなさいって言ったそうだ。

    907 :ちわわ 2016/10/02(日) 00:44:53 ID:M7e
    会社の後輩(24歳女、以下T)の話。
    新卒だった2年前からうちのチームに入ったんだけど、
    チームリーダー(40歳男、以下Mさん)に気に入られて甘やかされてた。
    ・会社から近い取引先に直行直帰(10時~15時)許可。
    ・会社~自宅は、毎日Mさんの送り迎え(車通勤で、Tと自宅が近かったらしい)
    ・残業頼んでも「でもMさんもう帰るので私も帰らないと」と断られる
    ・Mさんが休みの日は「どうしよう~帰れない~」とこちらをチラチラ(Tのマンションは駅近なので余裕)
    ・Mさんに注意すると、まああの子は若いから勘弁してよと意味不明の返し。
    ・Tに注意すると、でも私がMさんにお願いしてるわけでは……ってスタンス。
    売上が足りなければMさんからもらったり、その他もろもろ。

    この間Mさんの奥さんが会社に乗り込んできた。
    旦那と若い女が同じ車に乗ってるところを、親が見たんだって。
    だから何度か自分で張り込んだらしく写メ見せてもらったら、当たり前だけどT。
    Tは慌てて私たちに「送り迎えしてもらってただけですよね!?」と同意を求めた。
    「送り迎えしてたのは本当。それ以上のことは分からない」って答えといた。
    だって本当に分からないから。もしかしたら体の関係があったのかも知れないけど、それは分からない。
    Tは何で分からないなんて言うのって泣いてた。
    奥さんもそれ以上は証拠もないらしく部長と話して帰ってった。
    それから三ヶ月の今、Mさんは離婚協議に入るらしい。
    Tはチーム移動になって、5人のうち3人がお局で1人は出張しまくりというチームで毎日残業してる。
    Mさんに守られてきたTは企画書一枚を一人で作ったことがない。
    聞ける相手がいないからか、聞きたくないだろうに私のところまで来てる。

    でもTのためには良かったと思ってる。
    ずっとMさんに守ってもらえるわけではないし、ダメになる前にMさんと離れられたし。
    元々利発な子なので、色んなこと教えればちゃんと改善してくる。
    お局にしごかれるからか挨拶もきっちりする。
    もちろん良かったねとか嫌みたらしいことTには言えないのでここで吐き出し。
    でも本当にこれで良かったと思ってる。

    735 :ちわわ 2012/10/08(月) 17:04:49 ID:ja2VyE1V
    大学時代から付き合ってた彼女が居た
    大学卒業後、自分はなんとか就職できたんだけど彼女は就職できずにフリーターになった
    だからと言って彼女に対して特に何か思ったりはしなかったんだが

    切欠は6月の彼女の誕生日が近づいたある日
    大学時代はバイトして一緒に旅行に行ったりしてたんだが、社会人1年目でまだ有給休暇も貰えてないこの時期
    誕生日が平日だった事もあり、当然今年は行けないと伝えたところ、予想外にも彼女がブチ切れた
    挙句の果てに伝説のセリフ「私と仕事とどっちが大切なの!?」と言う始末
    流石に仕事とは言わなかったが、新米社会人ながらも社会の常識を懇々と諭すと、彼女は聞き取れなかったが恐らく捨て台詞っぽい事言って通話終了

    気分悪かったがまぁ一度落ち着こうと、10分くらい間を空けてから再度電話してみると、なんと彼女は着信拒否にしていた
    流石にかなりイラっとしたので絶対に自分からは和解を言い出さないと誓ったが、結局彼女からの連絡は誕生日を過ぎてもなかった
    ここであっさり冷めて、逆にあんな女と結婚しないで済んだと前向きに考えて、とりあえず別れ話をしようと電話するも未だに拒否
    おまけにメアドも変更していたらしく、楽に別れられたんだと自分を納得させてさっさと忘れる事にした

    それから約半年後、見知らぬメアドから今頃になって謝罪の言葉ともう一度やりなおしたいと書かれたメールが飛んできた
    この間新しい彼女が出来たばかりだっちゅーねん、今更おかしな事ぬかすなと言う意味の言葉をオブラートに包んで返信してさしあげた
    そして反応はない

    855 :ちわわ 2016/09/29(木) 10:12:39 ID:Hox
    義弟夫婦が注文住宅の家建てたのを、義兄夫婦と我々夫婦でお祝い持って見に行ったら、
    義兄嫁が「玄関と風呂場が風水的に最悪」と義弟夫婦に言い放って、
    絶賛旦那兄弟周辺炎上中。

    トメさんが義兄嫁たしなめたら、「嫁いびりだ」とか「だって風水では」とか「良かれと思って言った」とか。
    私も義弟夫婦に「風水なんてただの迷信みたいなもんだし、義兄嫁さんなんか気にすることない」と言ったんだけど、
    「せっかくの家ケチつけられてすごく不愉快」と怒髪天だし、
    そんなに風水でどうなんて戯言を気にするなら、家建てる時風水確かめればいいじゃんとも腹立ったり。

    義兄夫婦はトメと古屋に3世代同居だから気に入らないのかなともゲスパーしてるけど。
    とりあえず義兄嫁も義弟嫁も私を味方にしようとしてジャンジャン電話してくるのやめてほしい。



    76 :ちわわ 2016/08/24(水) 12:12:51 ID:dmM
    妄想癖のある母親とピーナッツ親子状態だった時代、近所のお兄さんの縁談壊しかけたこと。

    母:「○○君(近所のお兄さん)、~~大学(MARCH)の法学部に進学したんだって」←これは事実だった
    母:「○○君、~~社(大企業)に就職したんだって」←これも本当。うかれた○○君の祖母が近所に言ってたらしい
    母:「○○君、あんたのこと訊いてたらしいよ。あんたに興味あるみたい」←これは母の妄想
    母:「○○君、あんたと付き合って、行く行くは結婚したいって家族に言ってるんだって」←これも完全に母の妄想

    私は、明るくて気さくな○○君に子供の頃から憧れがあり、浪人という名の身汚い実家引きこもり状態だったのに、
    母の妄想を信じてしまいその気になってた。
    父は昔から家にいても誰とも一切話さないので、私達の会話には何も言わなかった。
    母がおかしいのにはその頃はもうやんわり気づいていたが、元々友人も作れず、実家で母としか話さない暮らしの中で、
    母と親密な状態が切れずに、結局母の妄想に染まってしまった。

    ある日、母が買い物から血相変えて帰って来た。
    ○○君の家に派手な車が泊まっていて、訊いたら○○君が交際女忄生を連れて実家に帰省してるという。
    「○○君はあんたと結婚するはずだったのに!浮氣したのね!!アバズ○にたらし込まれたんだわ!!
    今から行って抗議してきましょう!!」と言う。
    いつもの部屋着のまま母に腕を引かれて、車に乗って、○○君の家に行った。

    そこまでは覚えてるのだが、その後の記憶がない。
    近隣のうわさではやはり○○君宅には私達は乗り込んだらしい。
    ○○君やそのご家族は勿論すぐ基地外親子とバレたけど、○○君の連れて来た女忄生は、
    怒ってその日は帰ってしまったらしい。
    それを母親が喜び、その後○○君の家族が警察呼んだらしい。
    そして母親だけが連れて行かれたらしい。

    で、覚えてるのは、○○君の友人の友人だという謎の女忄生宅でその女忄生と話したこと。
    おそらくカウンセリングとかのお仕事をしてる人だったのだと思う。
    「○○君宅を訪れるまでどんな会話があったか」とか、普段の暮らしぶりとか、家族との関係とか色々訊かれた。
    話してるうちに何故だか、「何もかもどうでもいいから早く両親と離れたい」と思うようになった。

    父の姉にあたる伯母がいて、その人は昔から父母に色々意見する人で我が家には出入り禁止になってたのだが、
    一連の出来事の後、この伯母が迎えに来た。
    それ以来実家には帰らず、伯母の家で暮らして勉強し、短大を出た後就職して伯母宅を出た。

    今は私は幸せに暮らしてて、本当は○○君にキチンと謝罪しないといけないのだとわかってるけど、
    また近寄られたら心底不愉快に思うんじゃないかとか、○○君宅に行くには未だ実家のある街に行かないといけないとか、
    色々考えてしまって結局してない。
    帰ってしまった○○君の交際女忄生は、その後すぐ誤解が解けて○○君と結婚したらしい。
    伯母は数年前病気で他界した。生涯独身の人だったので、私が見送った。

    50 :ちわわ 2017/04/24(月) 19:43:09 ID:v5p
    自分の子育てが失敗していた事。
    身バレが怖いので曖昧に書く。妻とはタヒ別。息子一人。
    息子には色々不自由させたと思う。
    そのたび「すまなかった、母親がいればこんな思いはさせなかった」と謝った。
    別に妻のせいにする気はなく、足りないパーツが在るという事への再確認だった。
    息子は成長し、彼女ができる年齢となった。
    彼女にデートDⅤをしたと警察から連絡を受け、向こうの御両親とお会いした。
    後日面談をした。
    彼女は年上だった。
    息子は「やってくれるだろうと思っていたことを彼女がやってくれなかったので腹が立って毆った」と説明した。
    息子が彼女を母親の代わりにしているのは明らかだった。
    呼び名も普通ではなく、彼女に対してするようなものでなかった。
    向こうの両親は怒り狂い「御宅の息子は病気だ。通院させるべきだ」と言った。
    俺はカっとなって怒鳴り、息子は彼女に襲いかかった。
    示談は不成立になった。
    俺は息子に「彼女と言うのは何でもしてくれる人ではないんだ。母親もそうだ」と説明したが息子に伝わっていないようだ。
    俺の話し方が悪いのかもしれない。口下手な人間ではある。
    息子をまっとうな人間に戻したいが、多分俺が悪いんだろう。どうしていいかわからない。

    493 :ちわわ 2019/03/31(日) 21:40:07 ID:0k+BpldQ0.net
    俺の部屋で彼女と半同棲しているんだけど、俺が部屋の電気をちょっと付けっ放しにしたり、野菜ジュースを振らずにコップに注いだりという日常の些細なミスを、彼女は一々指摘してくる

    光熱費だって自分で払っているのだし、彼女より先に帰宅した日は晩飯作ったり、彼女だけが仕事の日も同じ時間に起きて朝ごはん作ってあげたりしてる
    なのに些細な事でそこまでネチネチ言われる筋合いないわ

    11 :ちわわ 2017/02/13(月) 17:22:57 ID:drLLUz+R.net
    学生の時に付き合ってた社会人の彼氏に二股された。
    それが発覚したのはたまたま友達に彼氏紹介しようと思って
    2人で撮った写真見せたら
    「あれ、この人最近バイト先(居酒屋)によく来るけどいつも同じ女の人と二人で来てるよ」
    と言われて。
    その子にいまアンタの彼氏が店に来てるよ!と教えて貰って突撃。
    友達の勤務先に迷惑かけるわけにはいかないので彼氏の部屋にて3人で話し合うことになったんだけど、
    私に内緒で男女2人で何度もご飯食べるなんて浮氣じゃん!!
    と私が責めた時の彼氏の言い訳が

    「この子(浮氣相手)とは外食しかしてないから周りに店員もほかの客もいる。だから2人きりじゃない!!」

    と逆ギレ気味に言われて小学生でも言わなそうな屁理屈に恋も怒りもスーッと冷めた。
    因みに浮氣相手と思ってた女の人は彼氏が二股がバレないようにする為に私の事を
    『産まれた時から俺が何かと面倒見てるから凄く懐いてくる親戚の子』
    と写真見せて(デートしてもどっちかが相手を撮るかたまに2人で並んで撮る写真くらいでそんなイチャイチャした写真を撮ってないので)紹介されていたらしく
    彼女も被害者だった。