交番

    929 :ちわわ 2016/12/31(土) 22:47:07 ID:Nix
    嫁母に聞いた嫁とウインナーコーヒーの話
    まだ消費税がなかった頃
    嫁母は見合いして22で娘(嫁)を産んで、家庭を顧みない、多分アスペルガーか発達障碍の夫の分も女手一つで育児と仕事をしてた
    ある年の瀬に法事で夫の実家に帰る道中、夫に「ちょっと待ってて、友達のところに顔出してすぐ戻る」と娘共々、よく知らない地に置いていかれたらしい
    田舎だから年末に空いてる店もなく、携帯もない時代
    昼時を過ぎ、一時間待っても戻ってこず、娘をおろしてる間に財布の入ったカバンごと走り去られ、ポケットには高速のおつりの300円
    寒さだけでも凌げるところをと探していると、あいている喫茶店がひとつだけあったそうだ
    喫茶店に入り、メニューを見るも、お腹を空かせてるだろう娘に食べさせてやれる300円で買える食べ物なんてない
    せめて何か温かい飲み物をとドリンクを見ていると、コーヒーの下に一つ、ちょうど300円で頼める飲み物が
    【ウインナーコーヒー】
    母は考えた
    「ウインナーコーヒーって、ウインナーがついてるのかな?」
    「たぶん」
    「じゃあ、お母さんコーヒー飲むから、あなたはウインナー、はんぶこしましょう」
    「うん」
    そうして届いたコーヒーには、ウインナーではなく生クリームが乗っていた
    母は焦った
    でもそれを見た娘はニッコリ笑って言ったそうだ
    「お母さん、よかったね!お母さんの大好きな生クリームが乗ってるよ!」
    コーヒーが飲めない娘は上の生クリームを食べることを辞し、お水を飲んで過ごした
    店員にバレないよう、こっそり一欠片の角砂糖を舌の上に転がして
    その後夫が迎えに来ることはなく、自力で見つけた交番に助けを求めて難を逃れたそうだ
    夫は娘と妻を置いてきたことを 忘 れ て い た
    母は20年以上たった今でもその時のことを忘れられないという

    嫁に聞いた母とウインナーコーヒーの話
    ランドセルを買ってもらった頃だったか
    見知らぬ場所に母共々連れてこられ、唐突に父に車を追い出されたそうだ
    二人は父に捨てられたと思ったという
    寒い仲凍える母と歩きまわり、やっとのことで一緒に見つけた喫茶店に入ったそうだ
    いかにもチェーン店という感じで、若い店員は愛想が悪かったが店内はほのかに暖かくてホッとした
    母は娘にバレないよう、もう何回目かポケットの中にある小銭を数えたが、娘は母の持ち金の少なさを悟っていた
    漢字は読めなかったが、数字の大きさは理解できる
    母の手持ちでは娘が読めるコーヒーを頼むのが精一杯なことに気づいていた
    娘は安堵した
    よかった、お母さんの大好きなコーヒーは頼める
    すると母はとても良い提案が浮かんだというように、ニッコリと笑って娘に聞いた
    「ウインナーコーヒーって、ウインナーがついてるのかな?」
    娘はしばし躊躇があったものの、その「たぶん」と曖昧に返した
    そうして注文したコーヒーは、やはりウインナーはなくて、かわりに生クリームが乗っていた
    娘は安堵した。よかった、これならお母さんはコーヒーが飲める
    だけどお母さんはとても悲しそうな、辛そうな顔をしていることに気づいてしまった
    そんな顔をさせてしまったことが辛くて精一杯笑ってみたけど、母は悲しげに微笑みを返すだけだった
    そのときとても居たたまれなくて、私は大丈夫だと母がコーヒーに入れない角砂糖を一つ頬張ってみせて誤魔化そうとしたけど
    そんな強がりもやっぱり母にはお見通しなような気がして、同時に母のいたたまれないような気持ちも伝わってきて
    上手にその場をやり過ごせなかった後悔が今でも鮮明に残っているらしい

    二人共、それぞれ「昔、ウインナーコーヒーはウインナーが入ってると思っててね」と笑い話として話してくれたけど
    話の本質が切なすぎてどちらの話も涙腺が緩んだ

    731 :ちわわ 2012/07/13(金) 17:22:33 ID:oIyk6qmE
    面倒なので簡潔に

    財布を交番届けたら素敵な白い粉が出てきた
    子連れママが旦那が財布落としちゃってと登場
    警察官に連れられて、奥に入って行った

    このママは財布拾った時に絡んできたママなので
    確実に財布の持ち主ではないと思われるが
    泥だらけでも財布を手に入れたいと思う
    ママの邪魔しちゃ悪いと
    拾った時の事は何も言わないでそのまま帰った

    67 :ちわわ 2015/06/19(金) 13:08:36 ID:y5b
    悪事を働いて警察から家に電話がかかってきた訳でなく
    落し物を交番に届けて電話がかかってきて祖母に思いっきりビンタして怒られた事があった

    祖母は毎日のように私に言い聞かせていた「警察に捕まるようなことだけは絶対にするな!」と
    そんなある日、友達2人と仲良く下校中に誰もいないバス停のベンチにカバンが置いてあった
    「落し物かな?」
    「誰か忘れたのかな?」
    落し物なら交番に届けないとと友達と一緒に近くの交番に届けたがお巡りさんは警ら中だったみたいでいなかった。
    仕方なくカウンターに置いてあった用紙に、落し物の置いてあったバス停、代表で私の名前、住所、電話番号なんかを記入して帰宅。
    早く落とし主見つかるといいねと話して笑っていた。

    帰宅して1時間くらい立ってからからだったか電話がかかってきて祖母が取ったらしいと思ったら鬼のような形相で私の部屋に乗り込んできてビンタ、髪を掴みあげて大激怒
    「警察から電話がかかってきてる、一体何事か!!」
    「あれ程悪いことはするなと散々言っただろうがぁ!!!」

    そのまま髪を引っ張られ、靴も履けないまま大泣きしながら祖母に引きずられるように交番に連れて行かれた、そして祖母「すいません、すいません、孫が悪いことしてすいません、言い聞かせますからどうか許して欲しいと」
    これに慌てたのがお巡りさん&落とし主
    「お孫さんは落し物を見つけて交番に届けてくれたんですよ」
    「悪いことなんて何もしてません」
    祖母は全く信じないが落とし主もお巡りさんに加勢して事情説明、ようやく理解したらしい
    「そんなはずはない、アンタから私宛に電話がかかってきた(だけ)孫が悪さしたと」
    「いやお婆さん、あなたそれで電話切ってしまったじゃないですか」

    要するに祖母は警察から電話がかかってきた=私が犯罪をおかしたと勘違いしてビンタだの髪の毛引っ張って連行だのをしたに過ぎなかったと後日知った
    その時の私は当然ながら泣いてパニックになって訳が分からず泣いていた

    その後、祖母が亡くなるまで口を聞くことも顔を合わせることも殆どなくなり話しかけられても無視するようになった
    教室とかで誰かが物を落としても拾うことが出来なくなったのは間違いなく祖母のせいなんだろうなと思った

    1 :ちわわ 2019/08/01(木) 16:55:20 ID:coH14WP40.net
    俺が交番に財布届けて帰ったら
    警察から電話きて「財布から2万円が抜かれていて被害届だすといってます 署まできて話聞いてもいいけどいいですか?」と言われ犯人扱いされたんだが

    まあ署まで行ってちゃんと話したらわかってもらえたけど善意でやったのに
    休日潰してヒヤヒヤして嫌な気持ちになるからやめたほうがいいよ

    663 :ちわわ 2010/10/12(火) 22:43:39 ID:ISbVKD2H
    犬の退院記念に書きこみさせて。

    前提と言うか、泥捕獲出来た理由の一部になるのだけど、
    うちのミニチュアダックスは小さめで子犬と間違われがちだが、もう8歳。
    アレルギー持ちな上に関節が弱く、餌は処方食+サプリメント。
    それでなければ足を痛めてしまって可哀想だし、
    金額的には通院費用が餌代を上回るので必要経費と思ってる。
    散歩もあまり出来ないくらいだから自転車の籠に入れて気分転換をさせてる。
    (それが当たり前で育ってるので外で一歩も歩かないのに帰宅すると満足げ)

    938 :ちわわ 2016/09/04(日) 08:11:21 ID:EI4
    俺の経験ではないのだが。
    大学で、地元の名士に講演に来てもらうてコマがあって、
    管轄の警察署長、看護士長さんとかいろんな人が来た。
    その警察署長さんのお話。
    警察に入った当初、今となっては申し訳ないんだけど、事故でタヒんだ人の数って本当に数字にしか思えない、
    だってどんなに頑張ったって、ゼロに出来ないだろうと思っていたんだって。
    そんなある日、交番に詰めていたとき「マグロが出た!」と走り込んできた人がいた。
    電車にはねられて人がタヒんだ!ってことで、他の警官と一緒に現場に走った。
    踏切待ちをしているとき、幼い子供がぱっと走り出しちゃって電車に轢かれたようで、
    お母さんがエプロン広げて子供の遺体を一つ一つ集めて、泣きながら
    「○○ちゃん、もう痛くないよ、大丈夫だよ」って言ってるのを見て、
    事故ってのは無くさなきゃいけないもんだとそのとき解った
    と言っていました。