上司

    305 :ちわわ 2009/09/17(木) 21:13:04
    もう気団じゃなくなっているが、どこに書いてよいのか判らないので報告。
    リーマンショックよりちょっと前の話。

    俺は東南アジア方面に5年ほど単身赴任していた。
    結婚後10年で小梨の嫁は日本暮らし。

    帰国後、社に戻り、上司から書類を預かり、久々に自宅へ帰宅。
    満面の笑顔で俺を出迎える妻。
    俺は書類を渡し、一言。
    「さあ、書類を読んで離婚の話をしようか。」



    さらに1年前にさかのぼる。
    上司から俺の赴任先へ国際電話がかかってきた。
    この方、単なる上司ではなく、大学時代から仲良くしていた先輩でもあり、また上司妻は嫁の同僚でもある。
    「実は、お前の嫁さんが浮気しているようだ。
    相手は嫁さんの同僚らしい。
    お前に聞かせるか迷ったが、耳に入れとくことにした。
    まだ赴任期間は1年あるが、俺にできることなら協力してやる。
    どうする?」
    との事。
    最初は俺を担いでいるのかとも思ったが、昔からの付き合いで嘘をつくような方じゃない事は判っている。
    詳しく話を聞くと、上司妻の会社で嫁と男同僚同僚(以下A)が怪しい、と噂になっているらしい。
    例えば、いつも昼食は一緒、二人で残業を合わせ最後まで二人とも残っている、飲み会の終わりには必ず二人で消える、等等。

    バイアスがかかっているのかもしれないが、「そりゃ黒だろう。」てな話ばかり。

    かといって、上司も仕事があるわけだし、上司嫁に迷惑をかけるわけにもいかない。
    上手い話で、大学時代、上司や俺とよくつるんでいた先輩が探偵やっていたので、その方に依頼することにした。
    申し訳ないが、海外にいることもあり、帰国したら料金一括返済でお願いした。
    後は上司嫁が協力してくれ、会社の状況を逐一探偵先輩に連絡してくれることに。

    673 :ちわわ 2010/06/21(月) 13:51:27 ID:h0VhGbxx
    昨日、街中で迷子を発見。一人にしておくのは可哀相なので目につく所に立ち、親が来るまでおしゃべりしていた
    そこへ仲の悪かったA子が声を掛けて来た
    彼女は昔から性.格が悪かったが、結婚してからは良妻ぶりを見せたいのか、ますます周りの気分を悪くすることばかりしていた
    絶対何か言われる、と思ったら「うわ!私子の子、不細工」
    そして一緒にいた旦那に
    「やっぱり母親の顔って子供に大事よね」
    と言い、一緒にいた子には
    「ママ似で可哀相ねぇ」
    私には
    「で、どうやって産んだの?私子の顔じゃ恋愛じゃないでしょ。まぁ、いいとこ二股で捨てられた?」
    しばらくごちゃごちゃ言っていたが、全てスルーしておきました(旦那、全く注意せず)
    そして旦那に
    「やっぱりぃ、子供は貴方似がい~い」
    と言ってると男性.が話し掛けて来た
    瞬間、子供笑顔で「パパ!」と抱き着き、私は「見つかってよかったね」とその子にバイバイした
    A子が「あれ?私子の子じゃないの?」と言うと、男性.が
    「いいえ、私がこの不細工な子の親です」
    と笑顔に迫力を漲らせて答え、それを見たA子旦那が悲鳴
    その男性.、A子旦那の上司だったみたいです
    「いい奥さんだね」
    の言葉に旦那あうあう
    A子は状況が分かってないようだったので
    「良妻ってね、夫と周りのつながりも良くする人のことなんだよ」
    と言っておきました

    いい事ってするものだ

    1 :ちわわ 2018/12/02(日) 23:03:03 ID:sr4cT9em0.net
    後輩「俺の親父は倒れてません!嘘に決まってます!!」


    金曜日の出来事
    上司は後輩をスルーして普通に早退させてもらったけど
    明日どんな顔して後輩に会えばいいのか分からん

    1 :ちわわ 2014/04/24(木) 17:36:42 ID:5g5kog4Z0.net
    上司「お前仕事なめてんの?親と仕事どっちが大事なんだよ?」

    俺「親ですけど…」

    上司「誰のお陰で生活出来ると思ってんだよ。良いからはよ仕事しろ」

    俺「…はい」

    社長「え?仕事すんの?帰れよ早く」

    俺「え?」上司「え?」

    社長「え?俺がおかしいの?まあいいから帰れよ。引き継ぎだけはしとけよ。俺はちょっと出てくるから」

    上司「…おい。早く引き継ぎ書だして帰れ」



    ということで実家に帰れたけど社長と上司どっちが正しいの実際

    12 :ちわわ 2019/11/17(日) 23:04:41
    スレありがとう。
    完全に自業自得な修羅場話。

    新卒一年目の時、上司と不倫してたけど、その上司がホテルで急に苦しみ出した。
    私、慌てふためいて救急車呼んで不倫だから同乗したくなかったけどしないわけにはいかずにそのまま病院。
    不倫相手はホテルのバスローブ姿。
    私はJKのコスプレ姿で病院。

    そしたら、病院に兄が居た。
    そこで働いてた。
    兄が医者なのは知ってたけど、転勤してたらしくこんなところで遭遇すると思ってなかった。
    思わず「あ、お兄ちゃん」って言ったらお兄ちゃんはゴミを見るような目で私の事見て看護師さんたちはギョッとしてた。
    大事になって家族に連絡が行くことになって私は光の速さで帰った。
    不倫相手は助かったけど、もちろん不倫はばれた。

    209 :ちわわ 2010/10/30(土) 23:24:00 ID:NX52AD5v0
     会社で仲のいい友人(女性.)が 「海外パック旅行」 で同じ団体の人から
    お土産のおすそわけでもらったとかで、休み明けに、いたずらそうにEDのお
    薬を見せてくれました。もちろんあやしげな模倣品です。「効き目ってどう
    なるのかしら」 と好奇心が頭をもたげ、どちらから言うともなく、一人の
    上司に目をつけました。
     その上司はいつも私たちの仕事に難癖をつけて、ネチネチと小言を言い、サ
    ービス残業を強制します。コーヒータイムにカップのコーヒーに1錠入れて、
    素知らぬ顔で出したところ、ほどなく歩きにくそうにしています。横目でちら
    っとみると、盛りあがったあたりを書類で必タヒに隠しています。退社時刻にな
    るかならないうちに、「用があるから」 と前を鞄で押さえて、そさくさと帰
    っていきました。すぐさま私たちも解放されて、その日は残業なしで早々と退
    社 (快哉)。
     副作用が怖いので、このたくらみは一回きりにし、残りのお薬はゴミ箱にす
    てました。出世欲のかたまりだった上司はそれ以来、魂の抜け殻になって、や
    がて小さな系列企業に出向させられ、見送る人も無く去っていきました。
     後任に若い温厚な上司が来ましたが、私は燃え尽きたように熱意が薄れ、仕
    事に身が入りません。気が付いてみると、前は上司への反抗心でがむしゃらに
    働いていたのですね。後ろめたい気持ちのまま、しばらく勤めて、きりのいい
    ところで私は退社し、つられるように友人も退社して別れ別れになりました。

    1 :ちわわ 2015/11/04(水) 20:59:27 ID:Gnz

    ペットのカエルがタヒんだから三日休みください言い出したんだがどう思うよ?

    738 :ちわわ 2016/07/18(月) 16:39:54 ID:oN6
    祖父が亡くなり会社を三日忌引きすると連絡したのだが、これにご不満だったのが当時の上司
    出社した早々
    「忌引きで休むのは社会人として失格」
    「社会人として相応しくない、今すぐやめろ」
    「身内がタヒんだくらいで休とかバカのすること、俺なら絶対に仕事する」

    だの朝礼、飲み会、仕事中だろうがお構いなしに名前は言わないが俺に対してギャアギャア騒いでた
    こちらはいつもの事かと半ば必要なこと以外無視、それが気に入らないらしくてさらにエスカレートしていき、幹部会合で話題にした程(忌引きは当然のことであって即却下されたが)
    しばらく続いていたある日のこと上司の身内(あとから聞いたが奥さんの親)が亡くなったという連絡があった
    上司は当然行きたかったみたいだが、俺に散々↑の事いってた手前早退も忌引きもできず、プライド優先で病院にも葬式にも出なかった

    結果すぐに離婚、会社も出てこなくなりいつの間にか退社した

    556 :ちわわ 2019/01/21(月) 10:26:57 ID:2i6z4tVJ.net
    父の上司「A子ちゃんは中学生になったら私の娘になりなさい。グヘヘ」
    私「嫌です。」
    父「親に恥をかかせたな!土下座して百回謝れ」私「助けてお兄ちゃん!」
    母「離婚」
    兄「恥を知れ糞親父」

    それから二十年、父とは一度も会ってない。

    75 :ちわわ 2016/02/17(水) 21:44:32 ID:C5ftvSy20.net
    7年ほど前俺が勤めていた学校は、ある教育のモデル校をしていて教育委員会の査察が頻繁に来ていた
    俺はその教育の担当教員だったので、査察に来る教育委員会の人とよく面談をしていた
    教育委員会の担当者は2名
    当時50前後のオヤジと、20代中盤の女の子の2人だった

    この女の子、俺のタイプだったので最初に学校を見に来た時から目をつけていたんだが、みるみるうちに笑顔がなくなっていき、ガリガリに痩せていった
    気になってオヤジがいない時に話を聞いてみたところ、上司のオヤジにセク八ラとパワハラを受けていることがわかった

    このページのトップヘ