プリ

    96 :ちわわ 2020/01/23(木) 19:44:21
    東出のせいで10年近く前の我が家の騒動を思い出して来てしまった。
    プリのタイプがよく似てたからだろうか。
    これといった特徴のない地味~な顔でカメラやらポエムやら…
    わたしなら反吐が出そうな「フィルターのかかったカプチーノと空の写真をうpするタイプ」の女でした。
    女の親が知り合いだったので速攻電話したらプリ父が「あいつは病気です」って言ってた。
    多分ほかにもやらかしていたんだろう。
    プリの親はそのあとすぐタヒんだよ。
    病気なのに冷たい床に土下座して号泣してたプリ母さんの顔思い出すわ。
    シタはそこから私から見ても地獄のような日々を送って5年目超えたぐらいから思い出すことも少なくなってきた。
    時間はやっぱり偉大だね。
    ってここまで書いてから上読んでビックリなんだけど、うちのも3姉妹の三女だったわ。
    ちょっとゾッとした。

    782 :ちわわ 2017/05/01(月) 11:21:54 ID:rkfey01c0.net
    ようやく裁判終わった。
    裁判まで持っていって本当に良かったよ。
    離婚でも再構築でも、裁判オススメするわ。

    153 :ちわわ 2011/12/25(日) 03:58:03 O
    三ヶ月前にあった事だけど、もう今年終わるし厄落としに投下。


    ■私25歳(歯科衛生士)
    ■夫29歳(会社員)
    ■プリ27歳(フリーター)
    ■私達は結婚二年目、私は妊娠中。

    仕事の帰りに、普段あまり行かない大型ショッピングセンターに寄った。
    食料品を買い、夫に何か買ってこうかなと2階の専門店街に行こうとエスカレーターに乗ろうとした。
    近くに色んな食べ物屋さんがあるエリアがあるんだけど、そこのイタリアレストランから見慣れたのが出てきた。
    それはまさに夫で、ニコニコしながら若い女の子と手繋いで出て来たとこだった。
    え?え?何してんの…?
    本当に目が点になった。
    夫は気付かず、そのままプリとオシャレな雑貨屋に入ってった。
    傍から見たらまさにカップルって感じで、常にくっついて歩ってた。
    プリは茶髪の今時の森ガールっぽいほっこり系で、可愛いって感じの子。
    私とはまさに正反対のタイプで、まだあどけなさが残る感じ。

    そんな子と手繋いで歩いてて、まさに血の気が引いたって感じだった。
    今日仕事と言って普通に出て行ったのに、嘘ついて浮気かよ!!と頭真っ白になった。
    呆然としたけど、次第に頭にきてぷっつん。
    走り寄ってぶん殴ってやろうかと思ったけど、ここで暴れたら警備員に取り押さえられるのは私だ!と何故か冷静に判断。
    何故あの時、あんなに瞬時に頭の中で色々考えられたのかは謎だけど、とりあえず冷静に行く事にした。


    続きます。

    478 :ちわわ 2018/06/16(土) 00:36:41 ID:Ugdatm3F0.net
    プリに会ってきた。
    吹っ掛けた慰謝料を素直に払うと言った。「相場知ってる?」って聞いたら「わかりません。でも弁護士さんがそういうなら私はそれだけのことをしたと思います」と。
    事情聴取はシタと言うことはほぼ一致。むしろプリの方が濁さず「聞きたくないとは思いますが」と詳しく話してくれた。
    嘘を突き通してくれるのが優しさとか言う人もいるけど、とにかく本当のことが知りたかった私はプリの証拠付きの話の方が信用できた。
    なんか馬鹿馬鹿しくなった。
    20代半ばの子が一旦諦めた進学をしたくて貯めた金から200出すってw
    シタもプリも本気ではなかったと言う。
    恋愛ごっこのようなことが楽しかったと。
    その軽はずみな行動が一人の人間の人生をめちゃくちゃにしたことを忘れるな、慰謝料200万取られるくらいの、夢を諦めざるを得ない行為だということを忘れるなと話したら何度も頭を下げて謝った。
    もともと金なんかどうでも良かったし、一回り以上も下のプリはバカではないはずなのに頭悪そうだし慰謝料はもういらんと言った。
    誓約書だけでも書かせて欲しいと言ったからもうしません、次は違約金を払いますという旨の誓約書にサインさせた。
    ここではたぶん私の方がバカだと言われると思うけど、そういう終わりかたをしたよ。
    家に帰って、「嫁チョロかったよ」ってシタに連絡してるプリを妄想しないでもなかったけど、たぶんもうシタプリもとっくに終わってて連絡なんかとってない。
    真実はわからないし100%の信用なんてないけど、もうそう思うことにした。
    ここで、前向きで強い奥様の意見は到底受け入れられなかったけど、ようやく前向いていこうと思えた。
    ここに来るとまたモヤモヤしそうだから今日で卒業しなきゃ。
    証拠の品々も処分しようかと思ったけどそれは封印しつつもしもの時のためにとっておくw

    このページのトップヘ