デート

    176 :ちわわ 2019/11/03(日) 02:16:40 ID:0Td
    元彼がただの自己満迷惑男だった

    私はしんどいときはほんとに放っておいてほしいタイプで
    2,3日熱が出て外に出れなくても餓タヒしない程度にスポドリとか冷食とか買い置きしてる

    彼とデートの約束があったけど熱があったのでキャンセルした
    家に行くって言われたけど寝てて起こされるのも嫌だし丁重に断った
    どうせ来ると思ったけど
    そしたらデート予定時刻(18時)より遅く22時半くらいに来た
    何してたのかは知らない
    がちゃがちゃと鍵回して、開口一番「まだ起きてるし」って怒られた
    電気がリモコンじゃないから消すのが面倒で電気付けてただけで実際はほぼうとうとしてた
    一応ポカリとかゼリーとか買ってきてくれたけど
    「しんどいから一人にしてほしい」って言ったのに
    「心配だからいる」って聞かない
    追い出す気力もないし、結局勝手に泊まって次の日食欲がないのに
    「食べないとダメ!」って言って勝手に台所を使って
    【牛肉クッパ】なるものを作って「めっちゃうま!」って自画自賛しながら自分も食べて
    お肉なんて食べたくないのにがっつりこっちにも1人前盛り付けて食べるまで「食べろ!」って監視して
    まな板も鍋も自分の食器も洗わずに帰っていった
    彼が出た後しんどいのに流しの掃除と洗い物しなきゃいけないことに泣けた
    病気の彼女にうどんとかありきたりのものでなく凝ったものを作った俺
    一晩付き添って彼女の看病をした俺(なにもしてない)が好きなんだなって思って冷めた

    136 :ちわわ 2019/10/25(金) 13:34:02 ID:BQo
    体調悪いからってデートをキャンセルしたら、
    「お見舞い~」って言いながら家に来た。
    お見舞いの割には手ぶらで。

    「なんか作るよ」
    って勝手に冷蔵庫漁って余っていた食材で鍋を作成。
    「これが一番上手いよな!」
    って言いながら激辛キムチ鍋。
    胃腸にきてるって言ってるのに食べられる訳ないじゃん。
    「せっかく作ったのに!」
    って言いながら一人でばくばく食べて、
    うちにあったすぐ食べられるものは全て消費された。

    それじゃ困るから何か買ってきてよ!って言ったら、
    「俺今金ないもん」って。
    ムカつきつつ大きいのしかなかったので一万円渡したら、
    「やったね!」って言いながら出て行った。

    それっきり数時間待っても帰ってこず、
    流石にしんどくて近所に住んでいる友人にヘルプを出した。
    友人がレトルト粥やらポカリやらを買って駆けつけてくれて、
    お礼を言いつつ、
    友人が温めてくれたお粥を食べている所に帰ってきた彼。
    手にはお菓子がいくつか入ったビニール袋。
    「スっちゃった~!」ってニヤつきながら。
    友人が買ってきてくれたポカリに彼が手を出したところで、
    激怒した友人に叩き出されて、文句言いながら出て行った。

    後日、友人にお礼のご飯を奢っている時に、
    「あんた男見る目なさすぎ!」
    って説教されぐうの音も出なかった。
    それ以来B'◯の稲◯さんが嫌いになったわ。

    1 :ちわわ 2014/12/26(金) 23:34:53 ID:Zuii1i+b0.net
    もうすでに悲しい
    年明けには振られる計画らしい
    誰か話聞いてください

    302 :ちわわ 2011/05/13(金) 21:55:53 ID:KPf+1HQdO
    もう完全に笑い話に出来るようになった昔の話。
    元彼がある日のデートに母親と元彼の幼なじみの女の子、そしてその両親を連れてきた。
    そのデート場所は自分が初めて元彼の両親に「彼女と付き合っている」と紹介してくれた、ある意味思い出深いステーキ屋だった
    そこで元彼母親から知らされたのは元彼が幼なじみの女の子を妊娠させたので別れて欲しい。そして金輪際元彼に連絡取るような真似をしないで欲しいという事だった
    ついさっきまで普通のデートだと思っていたので頭真っ白になったし、事態の把握が出来なかった。
    とにかくまだぺたんこのお腹を嬉しそうに触る幼なじみとその両親を見ていた。
    訳が解らずにボーっと話を聞いていたらどうやら幼なじみが同棲していた彼氏に浮気されて傷付いて実家に帰った時に元彼が親身に励ましてくれたそうだ。
    その話は少し聞いていたし、幼なじみと飲みに行って相談に乗っていたのも知っていた
    それがいつの間にか男女の関係になり、子供が出来たと言う事だった
    26歳になって、結婚も考えていた。何も言い返せなかった。涙も出なかった
    ただ、少し体勢を変える仕草をすると元彼母親や幼なじみ家族が幼なじみを守る仕草をするのがじわじわキツかった

    このページのトップヘ