サンドバッグ

    663 :ちわわ 2019/10/20(日) 14:23:44 ID:Fl.db.L1
    私は母と不倫相手との間に生まれた子供。いわゆる托卵ってやつだ。
    (以下、母とは呼びたくないのでAとする)

    元々は、Aと不倫相手が付き合っていたらしい。そこにAに一目ぼれした男(現A夫。資産家の息子)が、権力に任せて強引にAと結婚した、とかいう事情があるらしい。
    これが、どこまで事実かは知らない。知りたいとも思わない。

    A夫はAの不倫に全く気が付いていなかったが、生まれた子供(私)の血液型が、AとA夫の間ではあり得ないものだった。
    二人ともA型なのにB型の子が生まれた、みたいな感じ。
    A夫はAが好きでたまらなかったので、離婚は考えなかった。で、他の男の子である私に怒りをぶつけた。
    AはAで「お前が生まれたせいで不倫がばれた」と私を憎んだ。
    A夫婦には娘(姉。こちらはA夫の子)がいるんだが、この人は「お前のせいで家の中の空気が悪い」「A夫の子じゃない癖に」と私を見下した。
    それでまあ、実家では、何か言ったりしたりするたびにA一家全員からpgrされ、言い返せば殴られるという「サンドバッグでももう少し大事にされるんじゃないかな」という環境で育った。
    最低限の衣食住は与えられたけど、本当に最低限だったし、いちいち恩に着せられたり、「お前のせいで金がかかる」とネチネチ絡まれたりした。
    そんな環境だったから、高校を卒業したら遠方に就職して一人暮らしを始めた。
    A両親には学歴コンプレックスか何かあったようで、進路を決めてからは「娘が高卒で就職だなんて外聞が悪い。金は出してやるんだから有り難く大学へ行け」と毎日のように怒鳴ってきた。
    父方の叔母(A夫の妹。つまり本来は私と何の関係もない人)は、私の事情を知った上で私を気にかけてくれていて、「遠くの大学に行くのはどう? 仕送りとか、交渉してあげるよ」
    と言ってくれたんだけど、私は「もう無理! A一家とは1秒でも早く縁を切りたい!」状態だったんで、断った。
    代わりに、新居やらなんやらの保証人になってもらった。

    一人暮らしを始めた後、A家には連絡先としてフリメアドレスしか教えなかった。
    叔母には住所やら電話番号やらを教えていたけれど、A家には教えないように強く頼んでおいた。

    長くなったけど、ここからが本題。
    叔母から電話が来て「A家から連絡来た?」
    A一家からは、一人暮らしを始めてから、フリメアドレスに呪いのメールが大量に来ていた。私の悪口とか、お前のせいで余計な苦労をしたとか、ここの書くのも嫌になるような内容とか。
    面倒なんで、フリメアカウントは一カ月か二カ月に一度、ざっとタイトルを見て、読む必要なしと思ったら放置している。
    なお、これまでに読む必要のありそうなメールが来たことはない。
    「心当たりないです」
    と答えると、叔母が教えてくれた話がこれ↓

    A娘が彼氏と結婚することになって、A一家と彼氏一家とが顔合わせした。
    そしたら、A娘の彼氏は、Aの不倫相手の息子だったと判明。
    Aも不倫相手もありふれた姓だったから、顔合わせするまで気がつかなかったらしい。
    「A娘と彼氏は血が繋がってないからいいんじゃない?」
    とはいかず、なんか才柔めているらしい。
    そしてA一家はなぜか「(私)のせいで!」「あいつはどこまで自分たちを不幸にすれば気が済むんだ!」と騒いでいるらしい。
    いや、ちょっと待って。
    何で私が悪いことになるの?
    A一家全員に憎まれた時点で理不尽だとは思っていたが、これはマジで意味が分からない。
    私が何か呪術的手段でも使って、A娘と不倫相手の息子がくっつくように仕向けたとでも思ってるのか?

    叔母が電話をしてきたのは「A一家があなたを責めるために接触してくるかもしれないから気をつけて」と教えてくれるためだった。
    フリメアカウントを確認すると、呪いのメールが凄い頻度できていた。
    タイトルしか見なかったけど「お前のせいで!」とか「どういうつもりだ!」とか、そんなのばっかりだった。
    知らないメアドから来てるメールがあったので仲を確認したら、不倫相手の息子からで
    「お兄ちゃんだよ! これからは仲良くしようね☆」と言うお花畑な内容だった。
    不倫相手の息子に非はないが、お花畑に近寄りたくない。
    放っておいてくれないかなあ。

    379 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2017/07/13(木) 20:05:11 ID:BTJ
    復讐と言うのは色々アレなんだが。
    10年以上前の話。自分の立場はぼかして書く。

    ある家の次女が自杀殳した。
    その家の家族構成は、祖父、両親、長男、長女、次女。
    次女は自宅でなく、遺書をのこして、とある公共の場所で自杀殳した。
    遺書は数通コピーされていて、おそらく本人の手で、親戚や学校関係者に郵送で届いた。
    次女は家庭内で、いわゆる搾取子というかサンドバッグだったらしい。

    自杀殳であることは疑いなく、両親にお咎めはなかった。
    しかし次女をサンドバッグにして自杀殳に追い込んだことで
    近所や職場、または学校で遠巻きにされるようになった。
    祖父は町内の集まりに呼ばれなくなり孤立した。
    両親は、父親の方は知らないが、母親はパート先で孤立した。→失職
    長男は地元企業の内定が取り消しになった。→就職浪人
    長女は彼氏にふられ、登校拒否するようになった。→中退
    その後、家庭内のことはわからないが、母親が新たなサンドバッグになったらしい。
    ガリガリに痩せて歩いてるのを見たが、半年くらいで失踪した。
    その後、祖父がよく怒鳴られたりしていた。
    しかし高齢だったから、脳卒中か何かですぐタヒんだ。
    さらに1年後、長女がパソツ一枚のネ果で近所を走り回る事件が起きた。詳細不明。
    その後長女の姿は見なくなった。
    今は父親と長男だけがその家に住んでいる。
    長男は無職のまま。たぶん父親はまだ働いている。

    次女の自杀殳がもし復讐だったとしたら、成功だったよって声かけてやりたい。

    このページのトップヘ