オカルト

    799 :ちわわ 2020/03/05(木) 10:35:11
    さっきさ、ウチの四年前に帰って来なくなった猫みたいなのが帰ってきたんだ

    外に出す猫だったもんで、いつかタヒんじまうんじゃねぇかな。って思いながら実家で飼ってたんだ

    名前はシュウ、名前の由来はシュークリームから取った。
    毛色は白ベースに茶色がまばらに混じった感じだった。
    外猫だから洗ってやるんだけどすぐに泥まみれになっちまって、手間はかかる奴だったけど人懐っこくてかわいかったよ。

    シュウは家に帰って来ると家の人間に扉を開けさせる為に馬鹿デカい声で鳴くんだ
    どれくらい大きい声かというと、深く眠っていても1発で起きるくらいにはデカい。
    うるさ過ぎて近所から怒られた事もあったよ

    でも四年前ぐらいに帰って来なくなっちまった。
    すげー悲しかったよ。俺からしたら手のかかる弟みたいな奴だったからな。
    親父もお袋も「外猫はタヒぬ姿を見せてくれない」って言っててさ、家族は皆シュウはタヒんだもんだと思っていた。

    でもさ、さっきその件の馬鹿デカい鳴き声で目が覚めた
    10年近くその鳴き声を聞いてたんだ、間違える訳ねぇ。
    しかも起きた時刻は6時半、だいたいいつもシュウが帰って来てた時間だ

    俺は急いで跳ね起きてベランダの窓に走ってったんだ。するとさ、居たんだよシュウが。
    めちゃくちゃ嬉しくってさ、俺は鳴いているシュウを家の中に入れようとしたんだよ、そしたらお袋が2階の階段からスゲー勢いで降りて来ながら

    「開けるなー!」とか
    「窓から離れろー!」ってほぼ絶叫に近い声で言ってきたんだ。
    俺は訳分かんないまま窓の前に突っ立っててさ、お袋が俺の右手を引っ張ってくれるまで指一本も動かなかった。

    そんでさ、窓の前から離れる時に、窓の引き戸に左手が掛かってた事にその時初めて気が付いた。
    ウチらは田舎に住んでるとはいえ、寝る前には家中のカギを閉めてまわる。
    だけどその時はカギが開いていたんだ

    510 :ちわわ 2015/08/09(日) 07:40:55 ID:YWi
    夏休みが取れたので地元に戻ってきているんだけど、最寄り駅についた頃から知らない人達に話しかけられた。
    「こんにちは」とか挨拶程度のものから「旦那さんお元気?」(私は未婚)とか訳がわからないものまで。

    誰と勘違いしているんだろうと思いつつも実家に帰って目を疑った。
    私と瓜二つの人がお母さんと一緒にお茶飲んでた。
    玄関から来た私を見て向こうも不思議に思ったのか、暫く三人共固まってた。
    沈黙に耐えかねた母が私に向かって「・・・○○なの?」(○○は私の知らない名前)と言うと
    私に似た人の顔が酷く歪んだように見えた。

    怖くなった私は自宅から飛び出してしまった。
    え?誰?なんで私が?とパニックになって気付いたら自宅から2キロ近く離れた地元の中学校まで走ってた。
    近くの公園のベンチで休んでいるとまた怖くなって震えてた。
    地元ではぼっちだった私に頼れる人なんかいないし、どうすればいいかわからなくなった。

    1時間位経ってからふと携帯が震えたのに気付いて携帯をバッグから取り出すと昔使ってたアドレスからメールが1通届いてた。
    何気なくメールを開いたら文字がなくて画像が添付されてた。
    中学の時の集合写真。当時の私は集合写真が嫌いで私は左上に別撮りのものが使用されててたはずだった。
    でも、送られてきたその写真にはその枠はなくて普通に並んで写っていた。

    ここで記憶がなくなってて、次に気付いたら自宅(実家ではない)のベッドで寝てた。

    166 :ちわわ 2010/07/06(火) 19:47:08 ID:lP6lF6Zq
    中坊時代の䖈めグループ7人♂5人♀2人
    䖈められる側だった俺達数名はホント辛かった
    一番酷い䖈めを受けていた奴(A君)が、とうとう学校に来なくなり
    担任に「転校した。」と聞かされた。
    残された、こっちは更に酷い䖈めのターゲットになり毎日が地獄
    夏休み前の今頃の時期、自分より酷く䖈められてた(B君)がとうとうキレて
    䖈めグループのリーダーをカッターで切りつけた。
    当然学校で大問題になり、B君も転校
    ホント、事なかれ主義のサラリーマン教師ってのは糞だ。
    残った俺は、どうなったかと言うと最初はそれはそれは酷い目に、、、しかし数日経つと不思議と䖈めもなく
    何だか逆に連中に遠巻きにされて監視されてるような日々
    中三の夏休みも終わりに近づいたある日、塾から帰宅すると
    母親が、A君が亡くなった事を告げた。
    後日知ったのだが、彼は転校後も丸っきり学校には行かず
    ずっと家に閉じこもりっきりだったらしい。
    自室で首を吊り、おまけに共働きの両親が発見するのが遅れて
    遺体は酷い有様だったらしい。
    夏休み明けからも、䖈めグループに遠巻きに見られてるような日々は続いたが
    何事もなく卒業を迎えた。
    俺は無事、遠く他県の親戚が住む街の高校に合格して春からの高校生活が楽しみな
    春休みの最中
    又もや、今度はB君がタヒんだ事を告げられた。
    ずっと後、はっきり書くと今年のGWに小学校時代の数名で約二十数年ぶりに同窓会的な集まりがあり
    そのときに、知ったのだが7名全員が恐ろしいほどの災厄に見舞われている事

    611 :ちわわ 2011/06/11(土) 09:33:51 ID:mNL7bkci
    流れ読まず携帯から報告させてもらうよ。
    私は持病持ちで薬を飲んでいて、一生もの。
    ママ友には全て話してある。
    (命には関わらないし、うつるようなものでもないし、自分がもう気にしてないというのもあった)
    ママ友はみんな(といっても仲の良い三人)理解してくれてた。
    これが前提。

    ある日いつものママ友メンバーと我が家でお茶してたら、Aママがやってきた。
    このAママ、私はあまり知らないのだが、いつもメンバーのBママと子供が同じクラスの人。
    Bママが私の家でお茶してるのを聞いて、一緒にいいかしら?と。
    Bママが「いやいや、急に何言ってるの?」と慌てて押し出そうとしてた。
    何となくBママが嫌がってたので、
    「旦那に話してる人以外は上げられないことになってるから」と断った。
    Aママはそれがカチンときたのか、「せっかく病気持ちと仲良くしてやろうと思って来てやったのに。
    来て損した。交通費でこれもらってくね」
    と言って、玄関に置いてあるぬいぐるみを盗っていった。
    早業で誰も止められなかったよ。
    でも、ぬいぐるみは曰く付きなので正直ホッとしてた。

    そんな曰く付きぬいぐるみが戻ってきてしまったので厄落としカキコ

    635 :ちわわ 2010/02/24(水) 22:46:53 ID:PNpuvg8j0
    大学の時、入居していたアパートでの話。

    そこは入学してから住み始めたのだが、仲良くなった友人のの一人を部屋に呼んだ時、
    「部屋の角に女がいる」と言われた。なんでもそいつは霊感があるらしく、
    そういうことがわかるとのことだった。ただ、霊能者のようなことは一切できず、
    俺の部屋に居るという女についても、何でいるのかとか、いつからいるかとかは
    全く分からないと付け加えた。

    俺はというと霊感など全く無く、入居してからも金縛りひとつ遭ったこともないので、
    初めは悪い冗談かと思ったが、割とまじめな奴だったので半信半疑ながらも、
    どうすればいいか尋ねてみると、
    「霊能者じゃないので、わかんないけど、何もないならこのままでいいんじゃない?」
    と無責任な返答だった。
    「じゃ、悪霊じゃないっていこと?」
    「うーん、たぶん…寂しそうだけど…」
    姿は普通で、クラスやサークルにいてもおかしくないとも言った。
    悪霊じゃないにしろ、霊が部屋にいるっていうのもいい気はしないので、あれこれ
    ハウツー的なことも聞いてみたが、結局は「霊能者じゃないんで…」で逃げられた。
    だったら、そもそもこんな事言うなよとも思ったが、ついでに

    「もしかして、可愛いとか…」

    と言うと、

    「………うん、けっこう…」

    と返ってきたので、何も感じない俺としてはよしとすることにした。

    356 :ちわわ 2017/10/30(月) 10:43:43 ID:5/jDmma30.net

    職場にパートの主婦の人Kさんがいるんだけど、その人の話
    その人がうちに事務パートで来たのは4年くらい前
    元々正社で15年位事務やってた人で、仕事も慣れててすぐに職場に馴染んでくれた。
    で、うちは会社向けの品物を卸している卸問屋になるんだけど、
    ある日、全然知らない中年男忄生が受付にボーっと立ってるのね。
    で、知り合いが勤めているんだけど、会いたいというわけ。
    名前を聞いても言わないんだけど、髪型とか服装とか特徴からKさんってことがわかった。
    Kさんを待ってる間も、心ここにあらずっていうか、
    なんていうか能面のような顔で待ってて少し気味が悪いなと思ったけど、
    知り合いってことだったし、セキュリティー厳しい会社じゃないから、すぐにKさんを呼んであげた。
    Kさん来がたらその中年男忄生モジモジしだして、でも目が全然笑ってないというか、
    Kさんを見て動いていない。目だけ座標が固定されている感じ。
    怖いもの知らずの女の子が「お知り合いなんですよね」って聞いたら、
    Kさん「え、知り合い?え?え?お客様じゃないの?」って軽くパニックになっちゃって、
    そしたら中年男忄生が「外であなたを見ました。行きませんか」って言いだして、Kさんを連れ出そうとするの。それで周りも、
    こりゃヤバイぞってなって女忄生達で笑顔でやんわり引きはがして帰ってもらった。
    「なんだったんですかねぇ、あの人」みたいな話をしてたら、
    Kさんも落ち着いてきて「あ、もう10年経ったんだな」って謎の発言をしたんだよね。
    はっきり言って、普通のおばさん。知らない男忄生が職場に押し掛けるなんて、芸能人みたいな見た目の人じゃない

    414 :ちわわ 2012/01/24(火) 11:16:45 0
    うちの義兄嫁も人形が好きで、骨董市で市松人形買ってきたのが呪われてたとかで
    子供は入院しちゃうし、義兄嫁はそれでも市松を手放さないしで、義兄とウトメが激怒して、
    結局檀那寺のお世話になって人形お炊き上げやら大騒ぎだったよ…
    未だに姪は市松人形が怖くて、鳥肌出るらしい

    18 :ちわわ 2010/06/01(火) 01:38:04 ID:QpILxyH5
    微妙な流れの中解決話を。ちょっとオカルト注意。

    我が家には私所有のマグカップが大量にある。
    ブランド物だとかコレクションだとかそういうのではなくて、
    ただ好きで最初にいくつか持っていたのを見た友人が集めているのだと勘違いして
    余ったのやいらないのをくれたりしたのが原因。
    なので大量にあるけど別にすごく大事だったりする訳ではない。
    むしろ置き場所に困るので少しくらい誰かにあげたりしたいくらいだ。

    …という話をした翌日、マグカップがごそっと盗まれた。
    窓をこじ開けた形跡があったし、何よりもマグカップの中に一つだけ
    友人の形見というすごく大事な物があったので慌ててKに通報した。
    すぐKは駆けつけてくれたけど有力な手掛かりは得られず、
    何か分かり次第連絡するということになった。

    470 :ちわわ 2017/09/29(金) 19:08:07 ID:p5x5gx4r0.net
    亡くなった祖父の家を売ることになりました。
    今まで色んな霊感ある人に「お宅の玄関にある木、あれ守り神だよ」て言われ、母だけこっそりお祀りしてたんだけど、家を売るとなると伐採されると思うんですが、どうしたら良いでしょうか?地鎮祭とかしたら良いでしょうか?

    507 :ちわわ 2015/01/03(土) 16:32:17 ID:cKb
    正月に小学校の同窓会があった。そこであったちょっと変な話。

    私は小学校の頃いたずら好きで、人を驚かせたり物を隠したり壊したりするクソガキだった。
    先生にもしょっちゅう怒られてたし、クラスメイトにも避けられてたりする問題児だった。
    そんな中、いつも私に話しかけてくる子がいた。A子だ。
    A子はクラスの中心にいるような女の子で、いわゆるみんな仲良し!なタイプで優等生だった。
    仲間はずれ良くない!ぼっちには話しかける!というような偽善的な態度が嫌で私は彼女をあまり好きではなかった。
    そんなこんなで小学校を卒業し、中・高校と進むにつれ、私は普通のおとなしめのタイプに変わった。
    A子とは小学校卒業後、一度もクラスが同じになることはなく、話をすることもなかった。
    そして、10数年ぶりに同窓会があった。
    久しぶりに会った旧友と話すうちに、小学校時代の思い出話になった。
    私「いやー懐かしいねー、小学校時代いたずらばかりしててさー(黒歴史だわーwww)」
    みんな「あー、A子ねーあの子ひどかったよねー」
    私「?A子がどうかした?」
    みんな「え?」
    なんか会話が噛み合わない気がする…?
    みんなに詳しく聞くと、小学校時代いたずらをしていたのはA子ということになっていた。
    男子の上履きに画びょうを入れたのも、トイレの個室にいる子に水をかけたのも、男子に足を引っ掛けてガラスに飛び込ませてしまったのもすべてA子がしたことになっていた。
    不思議なのが、私を直接叱った担任の記憶もA子を叱ったことになっていた。私がガラスに突っ込ませた男子の記憶すらも。
    A子は同窓会には出席していなかった。中学2年頃から不登校になって引きこもりになっているらしい。
    みんなの中心にいたA子のことをみんなが「あの子はおかしかった」「昔から嫌いだった」「小学校時代からぼっちだった」と悪口三昧。
    みんなの話を聞きながら、私の記憶がおかしいのか、みんなの記憶がおかしいのか本気で分からなくなった。
    小学校卒業してA子が変わってしまったのか、私の記憶がおかしいのか、オカルト板にある異次元に飛んでしまったのか。
    人の記憶なんて曖昧だけど、ここまで改変されていると何が真実なのかわからなくなってしまった。
    ちなみに私の小学校の時の立ち位置は、基本的にどこのグループにも属さないぼっちだけど話すと意外と面白い子というポジションになっていた。
    今も微妙に混乱中…こんなことってあるんでしょうか?