ぬいぐるみ

    236 :ちわわ 2021/08/13(金) 23:18:31 .net
    上の子が愛情ザルみたいなタイプなんだけど
    常に上の子の思う通りに周りが動かないと全部嫌!みたいなタイプで
    こっちは線引きして言い聞かせてるのに全然なことが多くて悩んでるの
    今日は上の子がぬいぐるみを欲しがったから
    下の子にも下の子が欲しがる同じラインのぬいぐるみを買ったら
    「下の子にしか買ってない!私は何も買ってもらってない!」って言い出して
    どうしたらいいのよ〜言い聞かせてもわかってないっぽいし〜

    19 :ちわわ 2010/04/07(水) 10:06:58 ID:zzNiY8Y2
    >1 乙。

    そっと投下。

    小さい頃の話で、三十年近く前だけど…今でも覚えている出来事。
    メ○ードの美容部員?を母と同期でやっていた人Aがいて、その娘A子とは歳も一緒で家が近く、よく母娘で遊んでいました。

    その母娘(プラス下に弟B)がうちに来たとき、無くなってしまったイルカのぬいぐるみ。
    三匹色違いをまとめて大事にしてたうちのひとつが無くなって、母と一生懸命探しましたが見つからずに落ち込んでいました。

    後日Bくんが自宅にてそのぬいぐるみを無造作にもてあそんでいて、
    「私のだから返して!」と言えなかった気の小さい私は、帰り道母に訴えました。
    母も私の大事にしていたものだと気づいていたようでしたが、
    「お母さんの大事なお友達だから…ね?○○くんはまだ小さいから、ひとつあげようね」と。

    今思うと、子供の前で母なりに考えた末の発言だったかもしれません、そのお母さんとは次第に疎遠になったようでしたから。
    しかしあんなに大きなものを、人様の家からしれっと持ち出す人の精神構造が解らない。
    そして自宅に持ち主が来ていても、平気で出しておける神経とか。

    Aの実家は近所にあり、裕福な地主さん。本人も、とても綺麗な人。
    おっきくて優しいお父さんが日曜は私たちも呼んで手作りカレーをごちそうしてくれたり、うちではとても買えないような家電のオモチャがたくさんあったり…
    (洗濯機とか掃除機。リアルに洗ったり吸ったりするもので、当時は珍しく憧れでした)
    そんなに恵まれているくせに!…って、子供心に傷つきました。

    イルカのぬいぐるみは、外に女の人がいてなかなか家に帰ってこない父が、ある日罪滅ぼしのように私にくれたものでした。
    「色ちがうのもいたぞ」って言うから、「ぜんぶほしい!!」ってお願いしたら次に買ってきてくれて。

    灰色がお父さん、ピンクがお母さん、水色のを自分と言う設定で、いつもくっつけて置いていたんです。
    今思い出すとちょっと切ないなぁ私w

    泥するような母親はゴミ。
    子供の大事なものを盗るような輩も多いようで、ココ読んで驚いてます。

    836 :ちわわ 2020/06/03(水) 13:27:01 ID:iBx
    私は幼い頃に祖父母が買ってくれたミミィちゃん(ハローキティの双子の妹)のぬいぐるみをいつも持ち歩いていた。
    おかげでボロボロになったけど今も大事に飾っている。

    彼は私の誕生日に私のミミィと全く同じミミィのぬいぐるみと同じシリーズのキティのぬいぐるみをくれた。

    「キティちゃんバージョンもあるのか」「15年以上前の物なのによく手に入ったな」と驚きつつ、
    「どこで買ったの?アンティークショップ?」と聞いたらはぐらかされて答えてもらえなかった。

    そして、「古い方のミミィは要らないよな。」と言われて勝手に元々あったミミィをゴミ箱に捨てられた。
    「何するの!愛着があるからこれは捨てない。」と言ったら「そんなボロいのいらないだろ。」「俺がせっかく同じタイプの新しいものを持ってきてやったのに!!」と罵倒された。

    私は「持ってきたのに」という言い方が気になって「買ったものじゃないの!?」と聞くと、彼の双子の妹の部屋から黙って持ってきたものだと分かった。
    キティが長女妹の物、ミミィが次女妹の物で子供の頃、親戚から誕生日プレゼントにもらったものらしい。
    「妹さんに返しなよ!」と言ったが「お前にやるって言ってるだろ!」
    「お前だって喜んでたじゃん」と言って、ぬいぐるみを置いて出て行ってしまった。

    私は妹さんと面識がなかったが、名前は聞いていたのでネットで調べると双子の片方のInstagramのアカウントが見つかったのでダイレクトメールでキティとミミィのぬいぐるみを返したいと連絡してぬいぐるみを返した。

    妹さんには「彼女にそのミミィ妹も同じものを持っているよと言ったら貰ってきて!貰ってきてくれないと別れるとしつこかったから渋々渡してしまった」
    「もう自分の物だから返さないと言っている」
    と説明していたらしい。
    怖くなって確認した結果、私へのプレゼントのいくつかが家族から盗んだものだと分かった。

    (家族旅行のおみやげと言っていた沖縄のブレスレットは次女妹が自分用に買ったもの、
    ホワイトデーのお返しのハンカチは妹さんの高校の卒業記念品、クリスマスプレゼントのネックレスはお母さんの若い時のもの。
    家族みんな失くしたと思っていたらしい。)

    ハンカチは返さなくて良いと言われたがそれ以外のものは返してご家族に謝った。
    ご家族も私に平謝りで謝罪合戦のようになってしまった。
    彼は親や妹に怒られても「あいつがくれって言ったんだもん!」
    と私を罵っていたらしい。

    別れ話中も「お前のせいで親の部屋や妹の部屋に入れなくなった!」と怒鳴られて大変だった。