なれそめ

    806 :ちわわ 2012/05/09(水) 22:37:17
    高校1年の6月に関西から信越地方に親父の転勤で引っ越した
    折角、中高一貫の進学校にいたのにいやいやながら転校した
    急な転校の為、上位校は受け入れてくれず住居の近くの高校に転校になった
    高校では俺の速い関西弁は怒っているように思われ、少し距離を置かれていた
    クラス委員長のAがやたら、生活指導するように絡んできたので面白くいなしていた
    ある日、レベルが低く授業に面白みがなかった俺にAは

    「授業は真面目に聞いてノート取らないと駄目です
     頭悪いのにノートも取らないと落ちこぼれるよ、赤点取ると補習だよ」

    「可愛い顔してんのに、言う事キツイな、ガミガミ言うと鬼嫁みたいになって
     貰い手無くなるぞ、すましてたら、ええとこのお嬢さんみたいに見えるのにおしいな」

    正直、すでに前の学校で履修済みで興味がなかったんだよね
    その時クラスの連中が大笑いしてくれたので、溶け込めるようになっていた
    Aとその取り巻きからは俺は転校してきた落ちこぼれと認識されてしまっていた
    定期テストがあり、各科目ごとに上位50位の張り出しがあり全科目で1位を取ったら
    馬鹿な奴だけど頭がいいと評価に変わり、上手くクラスに溶け込んでいった
    Aとは彼女自身の頭の回転の良さで関西風のボケ突込みができるようになっていた
    転校した高校は、旧制女子高の伝統で女子が優秀で男子が肩身の狭い学校だった
    テスト前にはクラスの男子でみんな集まり、テスト範囲の徹底勉強会してうちのクラスの男子だけ平均点が
    かなり上がって、唯一男子の方が成績のいいクラスになって
    馬鹿騒ぎするけど男子が優秀な3組と呼ばれるようになった
    面白くないのが女子のクラス委員のAで男子のクラス委員でなく俺に愚痴を言うようになってきた
    次のテスト前の勉強会に女子も入れてほしいって言ってきたので、ノリで

    「お前が、彼女になってくれたら入れたるわ」
     って笑いながら言ったら ちょっと考えて、思いっきり笑顔で
    「はいはい何でもするから分かったから、冗談じゃなくクラス全体を考えて」
     ま、軽いノリで返したんだなと思って女子も一緒に放課後、勉強会とテスト山掛けの予想もした

    596 :ちわわ 2012/05/09(水) 22:33:47
    591の詳細
    高2の春クラス替えで同じクラスになった嫁に一目惚れした。嫁はフリーだとみんなに言っていたのでアタックした。最初は全然相手にされていなかったけど、あまりにしつこいから1度だけデートしてあげると言われた。
    休みの日に遊園地でデート。でも嫁はあまり楽しそうではなかった。帰り際に「やっぱりお付き合いは無理」と言われた。最初からそんな感じだったのでショックは無かったというか、1度だけでもデートできたことで満足していた。
    とりあえず駅までは一緒に帰ることにして並んで歩いていると、3人連れのDQNが登場して俺と嫁に絡む。なんとか逃げようとすると俺がDQNの後頭部を何かで殴られ、なぜか大量出血する。
    余りに血が噴き出すがDQNはしつこく攻撃。このあたりで嫁は気絶したらしい。
    それでも関係無く俺をボコるDQN。しばらくボコられていると、誰かが警察を呼んだらしく2人ほどやってきてDQNを捕まえる。その後救急車を呼ばれて2人とも病院に搬送される。
    嫁は単に気を失っただけ。俺は出血は酷かったがそれ以外は打撲だけで骨折とかは無し。頭部を何針か縫って包帯いて終了。
    嫁に会うと俺の出血と包帯を見て重傷と思い勘違いしたのか、とりあえず恋人”候補”として試しに付き合ってもあげてもいいと言う。

    長過ぎるみたいなので分けます。

    494 :ちわわ 2012/05/09(水) 22:32:05
    メモ帳に書き出したので投下してみる

    俺と嫁の出会いは俺18歳、嫁8歳。
    俺が高校3年のとき、当時26歳の兄貴が、28歳シンママの彼女と結婚した。
    兄貴の結婚相手を紹介してもらったとき、義理の姉さんになる人の隣に小学生くらいの女の子がいた。

    嫁 「は、はじめまして、嫁です。なかよくしてください。」
    俺 「はじめまして。嫁ちゃんのお父さんになる人の弟です。僕のことは“おじちゃん”じゃなくて“お兄ちゃん”て呼んでな。」

    このときは、まさかこの子が12年後の俺の嫁になるとは思いもしなかった。

    このページのトップヘ