トラウマ

    559 :ちわわ 2009/06/24(水) 22:02:21 ID:q0G9EVa8
    亀だけど>>455
    私も上司につきまとわれた。
    妻が社長でそいつが専務やってた。
    唯一内定とれたのがここだったのだが、そのためなら何でもやると勘違いしていたらしい。

    まず家の前まで自家用車で送り迎え。私が引っ越したいと言ったら猛反対。大学のアパートなのに。
    休日は専務趣味の船改造や専務の友人会社の草むしり・お茶会で全滅。
    なんか秘書として育てたいとか言っていた。
    「ランチミーティング」と称して呼びつけて私が食事しているのをただ微笑み見つめる。

    そいつの思惑を確信したのは「回転寿司の場所がわからない」と電話されいきなり迎えに参上してきたとき。
    小田原のかっぱ寿司の話だったはずが、車はなぜか山中湖へ…。
    「君にこの富士山を見せたかったんだ…」ってキモい。

    あまりにもこの団塊爺がウザく、タイミングは忘れたが、精神科に通うようにもなり、親にも「そんな会社辞めたれ」と言われていたので、診断書を渡して「今まで給料も一銭も出ないので辞めます」と言った。
    すると専務は私の手を取りキスしてきた。そして一言
    「君は私のところに必ず帰ってくるだろう」と自信満々の笑み。

    それから速攻荷物まとめて逃げたが、逃げて5年も経つのに半年に一回ぐらい「君の声が聞きたい」と留守電(しかも毎回伝言入り)。
    ドコモに直接着拒してもらった。
    見た目と自信に満ちあふれた様子は梅宮辰男みたいで、テレビで梅宮辰男見る度に吐き気と鳥肌が立つ。
    自分断りが下手なせいか、いろんな勘違いに追われたが、一二を争うぐらいこの爺キモかった。
    長文すまん。

    27 :ちわわ 2014/03/18(火) 17:53:46 ID:2bu5b72LC
    特殊な事情だけど…
    兄嫁が出産でタヒんだのが、兄嫁の長男が幼稚園児の5歳の頃?
    兄といっても異父兄で母親の連れ子。兄も母もキチガ亻の犯罪者で兄嫁も鬼畜クズ女だった。
    私の父は連れ子である兄も実子同然にかわいがったが、その父がタヒぬと
    「おまえの父親が残した遺産を俺に全部よこせ!」と、迫ってきた。兄嫁もニラニラして同意してる。
    毒母と毒兄に遺産を横領され、畜生の兄嫁がニラニラして私から強盗した金で豪遊する姿を
    見せ続けられること5年、畜生の兄嫁は3人目の子を出産の時に20キロ太り尿蛋白3+で
    陣痛促進剤で早めに計画出産したんだけど、産道が避け発見が遅れ出血多量でタヒ亡
    事件当時は「また産科医のずさん医療!」とか「陣痛促進剤の被害者!」とかマスコミに騒がれたけど
    その実態は他人を脋迫し強盗し、金を横領して豪遊するキチガ亻畜生女。
    畜生女がタヒんで、犯罪被害者の私はどれだけ救われたかしれない。

    その長男5歳児が通ってた保育園は市内でも有名な英才教育園ですごい競争率なんだけど
    兄嫁はニセの就業証明を偽造して専業主婦のくせにそこに通わせいた。
    一回、私がお迎え行ったら、クラスの子に
    「おかあさんどうしたと?タヒんで焼かれて空にいったと?w」とプゲラされてた。
    そりゃ、不正して市内一番人気の保育園に専業主婦のくせに偽造書類で通わせてたら嫌われるよな。

    その畜生兄嫁の印象が強烈で、「幼稚園・保育園児を持つ母親」がトラウマに。恐怖の対象になってしまい、
    自分の子を幼稚園に通わせいる間ずっと、その母親が悪魔に見えて怖くてしょうがなかった。
    畜生女の兄嫁とは違う!ってことはわかってるけど、どうしても怖かった、トラウマってどうしようもないし。
    幼稚園ママたちは、幸運なことにみんな善良でフランクな人たちに恵まれたけど
    あの畜生の兄嫁のように泥棒で強欲で嫌がらせや悪意や攻撃を向けてくるんじゃないかと
    意識に織り込まれてしまって幼稚園に通うのが恐怖でしょうがなかった。

    149 :ちわわ 2004/12/05(日) 10:14:46 ID:74MqHo4S
    中学生になったばかりの時、入院していた父が危篤に。
    幸い一命を取り留めたが、母はそのまま病院に泊まったので、
    放心状態で一人帰りの電車に乗っていた。
    遅い時間だったのだけど、車内はかなり混んでいて、
    30代くらいのサラリーマンが、体の向きを変えても変えても、
    それはもうしつっこく、くっついてきた。

    嫌だなぁって思ったけど、まさか癡漢だとは思わず、
    駅について、ポケットに手を入れたら、定期に、
    何か鼻水みたいなモノがついてたけどそれが「アレ」とは分からなかった。
    で、駅のホームで定期を出してティッシュで拭いて、
    それでもまだ手についてくるからおかしいなぁーって頭を傾げてたら、
    通りすがりのおばちゃんに「まぁ、可哀想に」って言われて、
    何かあのサラリーマンに変な事をされたって事だけはわかった。
    周りの人は気の毒そうに目を逸らすし恥ずかしくてタヒにそうだった。

    誰にも言っちゃいけない、お母さん心配するし・・・って、
    駐輪場にとめておいたチャリに泣きながら乗って帰ろうとしたら、
    駅での一部始終を見ていたらしい若い男に、
    「俺がちゃんと教えてあげるよ」って抱きつかれた。
    人が来たから逃げていったけど。
    あれから10年経つけど、男の人がいまだに怖いです。