母・父

    205 :ちわわ 2019/06/20(木) 12:11:31 ID:QXJ9anvE0.net
    父親が憑かれやすいのでパワーストーンを何回かプレゼントしたんだけどすぐ壊れる
    一度引っ張ってもないのにパーン!とはじけたのを見てからあげるのやめたw

    598 :ちわわ 2019/06/02(日) 23:08:37 ID:Nyo0coyU.net
    自分は>>588なんだけど、ついでに書いてみる

    自分が9~10歳の頃の話だからうろ覚え
    妹(午年生まれ。ひのえうまではない)が1歳を過ぎてやっと歩けるようになった頃、母が「この子を一度山に捨てて来なきゃいけない」と大真面目に言った
    育てられないから要らないとか山に贄にしなきゃいけないという意味ではなくて、一度山に置き去りにしてその子が自力で戻って来るか通りすがりの誰かに拾われて無事に帰って来なきゃならないようだった

    地元の風習なのか、風習にしても何の為なのか分からない。元気な子に育つようにとの願掛け・一升餅感覚の行事なだけなのかもしれない
    父や祖母がどうしてたかが全く記憶にないから、最悪は母が信仰宗教でもやっててまじない的な意味で指示されたのかもしれない

    1 :ちわわ 2019/09/19(木) 15:25:43 ID:6QvwcxfVd.net
    24歳だぞwwwww
    私の4個上wwwwwww

    459 :ちわわ 2017/05/10(水) 18:20:12 ID:4fPLQ/7+.net
    愚痴
    8歳の時に両親が離婚、母と暮らすように
    理由は所謂忄生格の不一致や仕事でのすれ違いなどで、不贞行為は双方なかった模様(これは多分本当)
    母親も仕事をしていたから困窮したことはなく、父親とも定期的に会ってた
    12歳の時に母が再婚、バツイチ同士で再婚相手は子なし
    普通に良い人だし、特に問題もなく今に至る
    学費(院まで)は実の父、生活費は再婚相手
    母の再婚相手は「お義父さん」、実の父親のことは「パパ」と何となく呼び分けていた

    問題が発生したのは私が結婚することになり、結婚式の段取りを決めることになった時
    私は花嫁の入場の時のエスコートに実父を希望、そしたら再婚相手が怒って「俺は何だったんだ」と言い出した
    もし父とタヒ別とかだったら、「お義父さん」と歩くのでも全く問題はなかった。お世話にはなってたし、可愛がってもらったし
    でも世話になり可愛がってもらったという点においては実父も変わらないわけで、だとすると私にとって一緒に教会を歩く相手は実父以外考えられない。だって実の父だし。
    母は「お義父さんに対してちゃんと感謝はするべきだけど、この件に関しては娘の意見が優先されるべき」という意見
    養子縁組はしてないものの父親として尊重してきたつもりだが、一緒にバージンロードを歩けないという一点で「父親扱いされていない」ということになるらしい
    面倒臭くなったので一人で入場という形にしようかなという気になってきてるけど、そうしてもこの蟠りは消えないだろうなと思う

    283 :ちわわ 2018/05/16(水) 15:03:11 0.net
    結婚前は義実家にお邪魔したときはケーキなど美味しいものを出してくれていたのに
    結婚後は黒くなってスカスカのりんごやぶちゅぶちゅの柿、『半額』と書いてある袋菓子に変わった
    夫が諫めてもトメは「いっぱい送られてくるから」とスルー
    私「トメさんに嫌われてるのかな…もう義実家行きたくないな…」
    夫「俺だけ行くからいいよ」
    で、今年の正月から義実家訪問がなくなってラッキーやったーと思いつつ、この間の母の日
    お互いの家だけ行こうという話になり、私は実家に帰った

    「これ食べな!」と言う母が出したのは、黒くなったグレープフルーツ「いっぱいあったから買ってきた!」
    もしや…?と思い、そこらに乱雑に置かれている買い物袋を見てみると
    『半額』『〇割引』『おつとめ品』のシールが貼られたお菓子や生鮮食品の数々
    私「これ…(義実家苗字)にもあげた…?わけないよね…?」
    母「送ったよ^^(義実家苗字)さんもなってないよねー、折角送ってあげてるのにお礼の電話もしてこないんだから」
    私「…いつから…?」
    母「あんたが結婚してからだよ^^」
    トメから腐りかけのものを出され始めた時期と、母がゴミを義実家に送り始めた時期が一致している、と
    理解し背筋が凍ったその時がまさに修羅場だったと思う
    母を、今後一切義実家にモノを渡すな!と〆た、が「まだ食べられるのに…」と何が悪いのかわかっていない様子だった

    つづく

    848 :ちわわ 2016/10/23(日) 15:04:54 0.net
    今日、義母のお見舞いに出かけたら、同部屋の人が私の母親だった。
    父と離婚したのは私が8歳のときで、それから20年以上会っていなかったとはいえ、実の子の顔を忘れるもんなんだと思って心が修羅場。
    私は一目でわかったのに。

    864 :ちわわ 2016/10/25(火) 04:38:28 0.net
    小学校の卒業式の後、母親と電車に乗って祖父母の家に向かっていた
    その車中で、見知らぬ女忄生が母親に話しかけて来た
    母の知り合いだと思って、挨拶した
    母親が、その女忄生から見えない位置で私の腕を強くつかんだ
    でも顔は女忄生の方を見たまま、にこやかに当たり障りなく対応している
    会話を聞いているうちに、あれ?もしかしてこの人、母の知り合いじゃない?初対面?って気が付いた
    電車が駅に停まり、女忄生が手を振りながら降りて行った
    母はずっと緊張していた
    電車が動き出すと、母が「車掌さんを呼んでください」って言って
    やって来た車掌さんに、さっきの女忄生の特徴と降りた駅名、女忄生がずっと手を入れたカバンの中でカッターを握っていた事を告げた
    母は背が高く、その日はスーツに合わせてヒールのある靴を履いていたので
    私とさほど背が違わない女忄生のカバンの中が見えたらしい
    私は、母が半ば身体で隠すように女忄生から遠ざけられていたので女忄生がカバンに手を入れていたことも知らなかった
    とにかく相手を刺激しないように、にこやかに話を合わせながら
    私を守ろうと必タヒだった母の修羅場
    ちなみに母と女忄生とは全く面識なしだった

    759 :ちわわ 2017/05/17(水) 20:50:45 ID:cgf/bx4k.net
    小学1年生の時に両親が離婚して母親に着いてったけど、せっまい田舎町なので行き来はあった父親関連の話。
    父親の実家は自営業だったので手伝いに行ったり、祖父母に会いに行ったりと離婚した家庭の割には仲良くやってた。
    そんな日々の中で時間が経って、私が18の時に父親が突然私たちの家の裏の奥さんと蒸発したのが修羅場。

    その頃私は常連しか来ないようなスナックでバイトしてたので会う人会う人に「親父どこいった?」と聞かれまくった。知らん。こっちが聞きたい。
    上にも書いた通り自営業なので父親がいないと商売が回らない。
    商売してたら大なり小なり借金があると思うけど、利益がないからそれもどんどん膨らんでいく。
    最終的には土地家全て担保に入れてたものを全て手放した。
    弱っていく祖父母を見るのが辛かったし、何故かふらっと帰ってきた裏の奥さんは事情を説明もせずそこの旦那は帰ってきた事をひた隠しにしてた。

    それから更に10数年経て今に至る。
    そんな父親から孫を見せて欲しいと連絡がきて思い出した修羅場。

    130 :ちわわ 2013/10/19(土) 10:09:43 ID:/HF5EtCY
    俺が生まれて間もない頃母ちゃんは姑と小姑から嫌がらせを
    受けていたらしい
    旦那である父に助けを求めようにも海外へ出張していたため
    電話で姑、小姑を諌めてもらうぐらいしかできなかった
    しかしそんな事をしても全く姑たちには効かなかったらしく
    俺を姑と小姑に奪われ、掃除、洗濯、炊事をやらされた挙句
    「ご飯がまずい。もっとまともに作れないのか」
    と作ったものを流しに捨てられたそうだ
    ある時
    姑たちが何をしても俺が泣き止まないので
    俺を母ちゃんに押し付け
    「うるさいから外に行って泣きやまして来い」
    といった

    俺をおんぶしながら
    何で自分はこんな目に会うんだろうと考えて
    俺と一緒にタヒのうと考えたそうだ

    そして川に飛び込もうと思っていると突如俺が
    手足をバタバタさせてキャッキャッと笑い出したんだそうだ

    437 :ちわわ 2006/02/13(月) 10:06:43
    姉が子宮外妊娠で入院、手術。
    卵管が破裂していて腹腔内に大量の出血があり、
    もう少し処置が遅れればタヒんでいたかもしれなかった。

    (元)義兄は前の晩からおなかを抱えて苦しんでいる姉を
    「友人も一緒でどうしてもキャンセルできないから」
    と言い訳しながら、早朝からゴルフに出かけてしまったらしい。
    姉は隣人に助けを求めて救急車を呼んでもらったそうだ。

    その経過だけでも噴飯ものだが
    子宮外妊娠の原因がクラミジア感染で、
    感染源が元義兄の風イ谷通いだと判明。
    それを姉から聞いて、温厚な父がぶちきれた。

    家族から見てもとにかく穏やかな人で、
    㬥カはおろか声を荒げたのも記憶にないほどの父が
    怒りで蒼白になりながら背筋を伸ばして
    「…杀殳してやりたいね」と口にした。
    あの時の父の姿は忘れられない。