ほのぼの

    18 :ちわわ 2014/08/03(日) 22:44:32 ID:mUE8dhnkO
    今日、完全家猫の我が家の黒猫がPC触ってる私の所に
    たったったったっ!!!!
    と久々に軽快な足取りで近づいてきた。齢15歳になる

    115 :ちわわ 2014/10/27(月) 14:45:39 ID:TPN0shlRF
    今秋、体を壊して働けなくなった。
    今は自宅療養中。一人暮らしで失業支援(?)や貯金で行きている。
    体も思うように動かず、食料はネットスーパーで賄っている。部屋も荒れ放題。仕方ない。
    しかも、ほぼ横になっていないといけないので、スマホ弄るか睡眠とるかしか出来ない。
    心も荒んできていた。

    1週間程前、私が住んでいるアパートの1階に家族が引越してきた。
    祖母、母、娘2人の4人。
    アパートは木造2階立て4部屋しかなく、私は引越し家族の真上階に住んでいる。
    部屋サイズは1DK(床面積は狭い)
    駅からは遠いけれど、小中学が近い。
    なので、今まで2家族が階下に移り住んできた。
    どちらも未就学児が1人いる3人家族で、
    子供の走り回る音が夜0時を過ぎても聞こえてきていた。
    終電で帰るのが常な私が帰宅しても子供の声が響いていた。
    幼児がいる家庭ってそんなもんかと思っていたら、
    今度の引越し家族が私の認識を覆して驚かされるし癒されている。

    最初に母と子供たちで挨拶に来てくれた。
    そんなこと今まで無かった。
    「子供たちがうるさいでしょうから」と言ってた。
    娘2人も「よろしくお願いします」と頭を下げてくれた。
    可愛かったので、実家から送られてきていた野菜ジュースをあげたらすごく喜んでくれた。
    持て余していたジュースだったけれど、喜んでくれて嬉しかった。

    毎日声が聞こえる。
    日中、母と姉は留守にし、祖母と妹の遊び声が聞こえる。
    アナ雪ごっこをしている。祖母が雪の女王役をしている。例の♪雪だるま作ろうっちゅう歌も聞こえるし、妹が祖母にダメ出しもしている。
    祖母の歌声が時々、能のような伸びた声になる。え!?と思うけれど、それにダメ出しはされない。
    楽しそう。

    夕方になると留守にしていた2人が帰ってくる。
    姉妹揃うととにかくキャッキャッと幼児の声が一層高くなる。
    17時~20時くらいまで賑やか。
    そこからまた私の認識を覆されたんだけれど、21時になると急に静かになる。毎日必ず。0時まで騒がない。すごい!
    それがわかっていると、夕方多少騒がしくてもイライラしない!むしろ微笑ましい!

    病気で一人暮らしの暗い心が、規則正しく明るく生きている階下の家族の声を聞いて少しづつ軽くなっていくのがわかる。
    どうせ動けないからと憂鬱で何も出来なかっちんのに、今日部屋のゴミをまとめる事が出来た。それだけで疲れて寝込んでいるけれどw
    もし明日も動けたらせめてクイックルワイパーくらいはしたい。

    階下の家族がずっと幸せだったらいいな。
    欲を言ったらもう一度子供たちにジュースあげて喜んだあの顔を見たいなあw
    一応女なので変質者扱いはされないはず…?
    なんか幸せを感じたのでカキコ。
    長文失礼。

    419 :ちわわ 2018/06/13(水) 23:00:02 0.net
    今日セルフのガソリンスタンドで洗車機通そうと思ったら店員さんにコンコンって窓叩かれたのよ
    何かと思ったら「赤ちゃん洗車機泣きませんか?良かったら洗車機通しますので店内でゆっくりされて下さい」って言ってくれたわ
    きゃわめっちゃ泣くから助かったのよ

    20 :ちわわ 2018/08/14(火) 09:29:39 ID:vOz2qPYj0.net
    うちのお袋はガサツで大雑把
    わりと几帳面な嫁は口には出さないけど、
    そんなお袋をちょっと苦手に思ってる様子だった
    3年前に娘が生まれた時、運悪く俺の仕事が忙しくて
    家事や育児で協力できず、嫁に申し訳ないと思ってたある日、
    俺が出勤した後に、お袋がアポなしで凸してきた
    んで、娘を抱いて開口一番
    「孫はいただいた!とっとと化粧してミルクと
    おしめのありかを教えてどっか行って来い!」
    って、嫁に封筒渡して追い出した
    中には五万円入ってて、出産祝いは別にもらってたから
    嫁への小遣いだったんだろうな
    嫁は戸惑いながらも久々に美容院行って、
    本屋とかカフェ回って帰宅した
    お袋は「いい子にしてたよ」って
    日中の娘の様子書いたメモ残して
    あっという間に帰ったそうだ
    俺が嫁にしてやりたかった事を
    あのガサツなお袋がやってくれたと素直に嬉しかった

    42 :ちわわ 2005/11/02(水) 23:26:32
    他所でも書いたんだけどこれはうちの娘共の話。

    長女(当時4歳)が幼稚園の行事の参加記念品だかで箱に入ったクレヨンの
    セットをもらってきた。
    ところが、こともあろうにその日の夕方、見事に全部折っちゃった。
    当然うちの嫁は激怒、しかられて長女も大泣き。それで、
    「お前、なんであんなことしたんだよ?」
    と聞いてみたら、

    「○○ちゃん(次女、当時2歳)と ヒック
     クレヨン半分こするって ヒック
     約束したんだもん ヒック」

    思わず長女を抱きしめた。

    翌日、どこから持ってきたのか透明な容器に半分に折られたクレヨンが
    きちんと全色分しまってあるのを見て、ちょっと目の潤いが多くなって
    しまいました。

    1 :ちわわ 2020/02/06(木) 05:54:52
    仲間に物真似得意な奴がいて、おばあちゃんの声真似とかもできるからそれでやってた
    まだ親が帰ってない夕方の時間帯にかけておばあちゃんの真似で
    「あんたやろ!うちのガラスば割ったとは!」ってかけるwww
    丸ちゃんはビビり倒して割ってもいないのに「すいません!すいません!」とか言ってる
    聞いてる俺たちは笑いをこらえてもがいてる

    276 :ちわわ 2017/04/26(水) 00:55:39 ID:DQ/Ubsqa.net
    高めのビストロで隣のお客様からおごられた
    よく来るのか聞かれたから
    「たまの贅沢です」って言ったら
    「今日は鯵のエスカベッシュが美味しいから」 
    「合わせるならこのワインがおいしいよ」
    いるんだな、ジェントル!

    164 :ちわわ 2021/10/21(木) 09:53:06 .net
    公園管理関係のパート行ってるけど、山の中の管理棟でほぼ1人でいて
    頼まれたデスクワークや清掃作業をやるだけ
    接客もほぼないし、上役とかもいないし、自分のペースでのんびりやって
    余った時間は近くに居着いてる猫と遊んだりスマホ見たりしてるわ
    給料安めだけど忙しさもスト乚スもないしお気に入りの仕事よ

    204 :ちわわ 2018/03/20(火) 15:39:51 0.net
    子供がインフルエンザになった。
    熱の割には元気。
    食べたいものを聞くとトメのモツ煮込み。なんでだよ。
    確かに美味しいけど移したら悪いと思いつつ電話するとポカリや手作りのとろけるプリンとか一緒に持ってきてくれた。
    「ばあちゃんに移しなさい、孫ちゃんやママはこれからの人なんだからね!」とニコニコして励ましてくれた。
    帰る時に「氷持ってきたから氷枕に使ってね、あとお母さん大変だけど移らないようしっかり貴女も食べて寝るのよ」と私の大好きなお店の唐揚げも置いて行ってくれた。
    ポカリとか氷とか重いのに申し訳無かった。
    最初会った時めちゃくちゃ背が高くて美人だからビビってたけど話てみたら気さくで優しい人だった。
    母親を幼稚園の時になくしてしまって年配の女忄生にどう接したらいいかわからないけれどトメにはこれが母親に甘える感覚なのかなあと思ってる。
    どうせなら顔も似たかったなあ

    286 :ちわわ 2021/04/20(火) 02:10:15 ID:MK.oj.L1
    下の姉が一見それっぽく聞こえるような嘘をさらっとついてくる。
    例えば、本を読むのが好きな甥っ子(上の姉の子)に、馨っていう漢字にはなぜ声という字が入ってるんだろうね、って聞かれて
    「花道や茶道みたいにお香を楽しむ香道っていうのがあって、その香道では匂いを嗅ぐじゃなくて聞くっていう言葉を使うから嗅覚に関する漢字だけど声という聴覚に関する字が入ってる」
    「そうなんだ!」
    「っていうのを今考えた。ほんとはなんでか私も知らない」
    みたいなの。
    他にも
    「モルモットはなんで漢字で書くと天竺鼠っていうの?」
    「かぐや姫が火鼠の衣を欲しがったでしょ?昔の日本でモモンガやムササビが妖怪の一種だと思われてたように、天竺、今のインドではモルモットが火鼠だと思われてたから」
    「そうなんだ!」
    「うそだよ。モルモットは南米原産だから天竺関係ないよ。なんで天竺鼠っていうかは私も知らん」
    みたいなの。毎回そんなことしてるわけじゃなくて、大体はちゃんと正しいこと教えてくれたり、わかんなくてもなんでだろうねってその場で調べてくれたり、
    すぐうそだってネタばらししてそのあともその場で調べてくれるからそんなに深刻なことではないんだけど、そうやって何度も甥っ子を騙す。
    なんでその頭の回転の良さをそんなことに使うの?って気持ちとちょっと面白いと思ってしまうのが悔しいw
    甥っ子もなんでおばちゃんそんなうそいうの!って言うけど顔は楽しそうに笑ってる。
    下の姉も昔から本を読むのが好きだったけど、そのせいなんだろうか。