ゾッとした話

    133 :ちわわ 2011/05/30(月) 16:34:36 0
    俺自身の修羅場じゃ無いけれど
    6年前、保育園→小→中→高と一緒だった幼なじみの旦那が酔っ払い運転の
    糞爺ぃにぶつけられてタヒんだ。
    結婚2年半、子供は産まれて9ヶ月での事
    タヒんだ旦那ってのは、神経質で細かく几帳面(奥さん談)な村役場の職員
    市町村合併を3ヶ月後に控え、一番あれこれ忙しい時期だったので
    村役場の書類を自宅に持ち帰って居たり
    自分家のPCに書類を保存していたりと後始末が大変だったそうだ。
    幼なじみは大層落ち込んでいたが初七日四十九日の法要も終わり
    旦那無しの子供との2人暮らしになれた頃?
    俺に電話が掛かってきた。
    旦那のパソコンの中に保存されているはずの家族の写真やら動画やらを
    取り出して欲しいとのこと。
    俺が失業中のIT土方(当時)ってのをお袋から聞いたらしく
    まぁ、仕方ないかとボランティアで引き受けた。
    モノは普通の富士通PC OSはXPなんだけどCドライブの何処探しても
    出てくるのは仕事関連の書類ばかり、マイピクチャフォルダに多少の
    グラビア写真があったりしたものの
    きちんと目的別・使用別に別れたフォルダの中には仕事の書類しかない
    「?無いぞ。」と言っても「そんなはずは無い!、出産の日から何かのイベントごとに
    カメラとビデオ回してきたのにそんなはずは無い!」の一点張り
    ふと、見回すとタンスの上にバッファローの外付け250GBHDDの空き箱が2つ
    て事は、どこかに中身が有る筈なんだが、、、、、
    念のためPCの裏側を見てみると背面のUSBポートからケーブルが2本
    机の一番下の引き出しの中に伸びている。
    引き出し開けると、ファイルボックスに上手く隠された2台のHDDと電源タップが
    あぁぁ、嫌な予感はしたんだが後ろで幼なじみが見ている都合止める訳にもいかず
    電源入れて、マイコンピュータから中を覗いてみると。

    610 :ちわわ 2008/10/20(月) 17:16:38
    15年ほど前の独身時代にお水の姉ちゃん口説いてセクースまで持ち込んだら
    パパ付きでそのパパが893だった。
    早速、事務所にて面談と相成った。

    ただ、非常に落ち着いた人で無茶なことは言わなかったし
    彼女の生活の面倒を見るなら別れてやるから付き合えと言われた。
    当然NOと言える状況ではなかったので半強制的に同棲開始となった。
    多分パパさんは彼女に飽きていて俺におっかぶせた感じだったんだろうなと思った。
    って感じだったが、組事務所ってすげー怖いな。
    あそこに連れて行かれた時点で最悪でタヒぬなと感じた。
    独特の雰囲気で、体温が34℃くらいになった気がした。
    それ以来、電車とかでイチャモンつけられてもあまり怖いとは思わなくなった。

    347 :ちわわ 2005/03/18(金) 06:02:10
    じゃあひとつ愚痴らせて。
    3人がランダムに、連絡もなしにお宅訪問。
    一人あたり必ず週に3,4回は来るから実質、週に10回以上相手する羽目になる。
    3人の行動パターンはみんな同じで
    玄関で30分近く世間話→上がりこみ→また世間話
    しかも同じ話ばっかで飽きる。最近宗教の話もされるようになった。
    だんだん気味悪くなってきて、居留守使うようにしたんだけど
    なんか、外から気配がするんだよ。
    カーテンの隙から見てみたら、ぶつぶつ何かを唱えながら
    家に向かってまじないっぽい事やってた。
    “身の毛がよだつ”ってこういうことだったのか。
    ポストの中には宗教のチラシがどっちゃり入ってたので恐ろしさ倍増。
    パニック気味で警察に電話したけど
    「その団体は問題ないから大丈夫」ってとりあってもらえなかったよ。
    今はひたすら「お帰り下さい」で頑張ってるとこ。
    長文スマソ。

    593 :ちわわ 2016/04/03(日) 10:04:46 ID:he6
    長文失礼します

    少し前、友人に誘われ遊び半分で地元でそこそこ有名なホラースポットに行きました。
    そこでは特に何も起こらなかったのですが、帰る時に肩が重く感じたりして怖くなり直ぐに自宅へと帰りました。


    それからと言うもの、部屋で急にバンッと大きな音がしたり(誰もいないし何も触っていない)刃物独特の嫌な音がしたりして不安な思いを抱えながらいつも通り会社へ行っていました。

    その途中、やけに綺麗な女の子(以下Aちゃんと呼びます)を見かけました。Aちゃんは白いシャツに黒いリボンタイ、膝までの黒いフレアスカートの白黒な服装が印象的で自然と目で追っていたらいきなり私の方を見て声をかけてきました

    Aちゃん「…いきなり不躾ですみません、お時間ありますか?」

    私「はあ…○時までなら…」

    Aちゃん「じゃあちょっとあそこの公園で…」

    家に長く居たくなかったので早めに出ていたので了承すると、Aちゃんが公園のベンチで話を…と言ってきました。
    正直このAちゃん、可愛らしいけれど服装が中二病ぽいし良いとこのお嬢さん感があったからからかわれているのかなとも思ったけれど話を聞いてみる事に。


    Aちゃん「またいきなりで申し訳ないんですが…貴方どこか変な所行きました?」

    私「変な所?」

    Aちゃん「あー…えっと、何か身の回りでおかしい事起きてません?いわゆる霊的な物みたいな事」

    私「えっ」

    いきなり何言い出すんだと思ったのと見透かされてるようで恐ろしかったのが半々で、そう思うと何だかAちゃんが奇妙に思えて思わず怪訝そうな顔になってしまいました。


    Aちゃん「あ、別に怪しい勧誘だのお金くれくれ詐欺とかじゃないんで安心して下さい」

    慌ててそういうAちゃんに人間味を感じでちょっと安心しました。
    安心した所でホラースポットに遊び半分で行ってしまった事、身の回りで不可解な事が起きている事を説明するとどんどんAちゃんの顔が険しくなっていきました。

    Aちゃん「お姉さん、そういう場所は遊び半分で行く場所では無いんですよ。………。」

    私「すいません…。……あの?」

    私の方を見てジッと何かを見つめているAちゃん。初めは怒って睨んでいるのかな、と思ったけれど余りにも長いし睨んでいるわけでも無い目で見られててちょっと怖かったので声をかけました。
    そうするととんでもない返答が返ってきました。

    Aちゃん「刃物…、包丁…じゃない。…ハサミ?…お姉さん、ハサミに今日気を付けた方が良いと思います。」

    私「え?」

    Aちゃん「会社行って、帰ってから友人か誰かと一緒にいた方が良いと思います。ハサミ、気をつけて下さい」

    393 :ちわわ 2014/09/14(日) 16:02:57 ID:CALB166bm
    数年前の話なんだけど、あまりにも嘘くさいし本人的には滅茶苦茶なトラウマだったから語ってなかった話。
    長くなるかも知れないが見てもらえると多少トラウマ解消になりそうなので頼む…


    何年か前、多分四、五年前だけど、当時大学生だった俺と友達(他に登場人物もいないけど一応Aね)で県内の女子高の文化祭に行ったんだ。
    理由はまぁお察しの通り、若い子ナンパしたくてさ。女子校なら簡単だろってんで、さえない二人でのこのこやってきたわけだ。
    でも予想通りというか食いついてくる子は何人かいて、結構調子乗ってたというかテンション上がってた
    高校の文化祭ってさ、教室が店になっててそこに売り子の生徒がいるだろ?
    俺達は廊下歩きながら、その売り子の子達に手振って歩いたんだ。相手も高校生だし、笑顔で振りかえしながら「やっほー」なんて言ってくれるから嬉しくて、ずーっとそれやってた。
    その後、二三人の連絡先ゲットしてほくほくしながら帰ることになったんだけど、正門みたら朝よりも教師とか警備員多くて。
    女子校だから男二人がのこのこ出て行ってなんか言われたら嫌だなってんで、裏門から出る事にしたんだ。
    今思えばそんなことで呼び止められたりはしないだろうし、あんなことになるなら堂々と正門から帰れば良かった。

    67 :ちわわ 2009/02/11(水) 01:51:29 ID:UEmhtlzH
    数年前の話。友人の運転で出かけた帰り道の出来事。
    時間は深夜2時くらいだったと思う。

    民家が数軒しかなく街灯もないような
    狭くて暗い道をゆっくり走っていた。
    二人でたわいない話をしながら、ふと前方を見ると、
    道路の、センターラインの真ん中に
    人間らしきモノが顔を伏せて土下座みたいな格好でうずくまっていた。
    「う、ぅううぁああああ!!!」
    恐怖の余り二人して叫びながら車を停止させたが、
    その人間らしきモノは微動だにしない。
    最悪の状況を想像してすでに友人と自分は涙目になっていた。
    しかしとにかく車外に出て、
    何が起こっているのかを確かめようということになった。
    警察や救急車を呼ばなくてはと思ったから。

    恐る恐る近付くと、
    その人は若い女忄生で、怪我をしてる様子もなく
    息も普通にしていた。
    友人「だ、大丈夫ですか・・・?」
    女忄生「・・・・・」
    自分「どうしたんですか?!」
    女忄生「・・・・・・轢き杀殳してくれればよかったのにいぃぃー!!!(絶叫)」
    友人&自分「!!!(恐怖で声も出ず)」

    友人と二人、底知れぬ恐怖で動けずにカクガク震えていると、
    その女忄生はやおら立ち上がり、フラフラと蛇行しながら歩いて、
    路面裏に消えていった。
    友人と自分は速攻でその場を離れた。
    しばらくは夜の運転ができないくらいの衝撃的な体験でした。

    397 :ちわわ 2012/03/28(水) 09:09:40 ID:f2swbP2cO
    婚約者とられました。
    付き合って4年、婚約して、お互いの親に挨拶して、お互いの親戚達とも交流してた。
    新居のこと、将来のこと、いずれ彼氏の親と同居することとかも話し合ってた。
    本当にあとは「結婚するだけ」だった。
    彼氏は若くしてとんとん拍子に出世していくし、周りが皆祝福してくれてて、すごく幸せだった。

    なのに、ある日突然「他に好きな人ができた、別れてほしい」って…。
    信じられなくて、ショックでショックで、泣きながら色んなことを聞いた。

    浮氣したの?→違う
    ずっと隠してたの?→気持ちは隠してた
    二股だったの?→違う
    もう付き合ってるの?→付き合ってない
    もう体の関係あるの?→そんなふしだらな事はしない!

    意味がわからないと思って「その人と付き合えそうだから別れるの?」って聞いたら、
    「そんなんじゃない、ただの俺の片思いなんだ、叶わないのは俺が一番わかってる」
    「ただ俺がその人のことを好きになりすぎただけなんだ」
    もう目眩がしました。

    165 :ちわわ 2012/05/30(水) 14:17:13 ID:Jdosc7DX
    かなり昔だけど泥された話、オカルト成分入り。
    空気読まず投下。

    うちは田舎のかなり古い家で、本当に古いだけで何もすごいことはないんだけど、ほんのちょっとだけ
    自慢できることに「異国の血が混じってる」ってことがあった。
    その関係で、母方のおばあちゃんが異国のおもちゃとか大事にしてて、それが母へと受け継がれてた。
    中には相当な値打ちものがあるんだけど、そんなものはどうでもよくて、ただおばあちゃんが大事に
    してたものというそれなりに丁寧な扱いをしていた。

    十数年前のこと、都会から疎開してきたバツイチ家族(ママと子二人と両親)があいさつに来たのだけど、
    田舎でお隣さんとも離れ気味とは言え、なんでうちのほうまで来るんだろうという程度の距離。
    しかも何かと理由をつけて(子供をダシにしたりもらいものを持ってきたり等)家に上がりたがるような人だった。
    こちとら田舎でも、やたら家の奥に入りたがるような人はさすがにつきあいたくなくなり、当然周りでも
    そんなんだから当然のように孤立していきました。

    ところがある時、同じ集落の人で、町でリサイクルショップをやってる旦那が夜中に突然やってきて、
    「見間違いだったらいいんだけど、あれ、どこにある?」と言ってきました。
    その顔色から母はピンときて、すぐにおばあちゃんの遺品を探したけど、いろいろなくなってました。
    大事にしてたビスクドールのカトリーヌ(仮)、お守りのカメオ、さる貴族様から頂いたといういわく
    つきのブローチ、etc...
    他のはともかく、その三つについてはちょっとした問題があり、いわゆる家や家人を守ってくれてるんだけど、
    その代わりに周りに災厄を起こしたり、無断で持ち出したりすると怒って災厄の固まりになるといわれているもの。
    当時学生だった私は別に信じてたわけじゃないけど、確かに扱いが悪かったりするとなんか気持ち悪く
    なったり不思議と悲しくなったりするのと、昔の遊び相手たちだったこともあり、一応大事にしてた。
    そして母やショップ旦那はおばあちゃんが生きていた時に何かあったらしく、完全に信じてる人だった。

    956 :ちわわ 2013/01/09(水) 15:26:48 ID:YGRBhW2y0
    私  当時大学生
    A子  友人、同い年
    B先輩 A子の先輩
    C男  私の元カレ。年下。A子と知り合い

    ・私とA子は大学入学後、サークルで仲良くなった
    ・A子は学部のB先輩と知り合ってすぐにB男に片思い
    ・B先輩と私も、その後知り合いになる機会があって3人でたまに遊ぶ仲に
    B先輩は変な人だけど博識で話し上手、ややマッチョでA子が好きになるのも納得な人
    ・A子は好きになってしばらくして告白するも玉砕。それでもA子は諦められなかった
    ・A子はふられたがよそよそしくなりたくないということで、その後も3人で遊ぶことは続いていた
    ・その後私はC男と付き合い、破局。この間に約1年。その間もA子はずっとB先輩が好きだった
    ・B先輩は卒業後もたまに大学に遊びに来ていたこともありB先輩とその友達とで遊ぶことがあった

    以上長いが前提

    ・B先輩、結婚すると報告。相手は、卒業後に一緒に遊んだ友達の中の一人(以下D子)
    ・その直前に、C男がA子に告白、付き合っていたことが発覚
    ・しかし結婚報告でA子発狂。A子、B先輩を全然吹っ切れてなかった
    ・A子、発狂の末B先輩とD子に電凸、A子とB先輩の体の関係をD子に暴露
    A子、長年諦めきれずに一夜の関係を求めまくって、そういうことになったらしい。
    ちなみに後でわかったがB先輩とD子とは長年のカップルだった。それを隠していたことでさらにA子発狂
    ・D子も発狂。結婚は凍結、逃亡したらしい

    ・C男もなぜか発狂。B先輩に凸しようと別れて険悪になった私に居場所を聞こうとする
    私はB先輩の居場所までは知らないし、なによりA子の発狂具合が怖くてスルー
    ・C男、さらに他の知人にB先輩の連絡先を聞き出そうと呼び出しては無礼な態度を取る
    (呼び出した場で、相手の携帯電話を取り上げようとする。録音できる機械を没収しようとするなど)

    私とB先輩の仲が良かったため、A子が「お前も肉体関係持ってたんじゃないのか」とメールが来た。怖くてスルー
    箇条書きにしたけど、A子、C男のキチ行動を間近に見たので本当に怖かった
    今日そのころの悪夢を見たので厄落としに投下

    158 :ちわわ 2013/09/05(木) 13:08:10 0
    当時賃貸マンションに在住してた。ある9月の日曜の午前9時きっかりにチャイムが鳴った。
    玄関ドアは開け放し、風通しと簡易防犯用に鎧戸を取り付けてたので、ルーバーの隙間から外を見ると
    見知らぬ爺が長さ150㎝くらいの鉄製パイプを杖にして立っていた。
    誰ですか?と聞くと、「私はアレだ!」「ここは柔道だろ?」「すぐ開けろ!」外に置いていた植木鉢を持ち
    上げて「これはデタラメ!」と、全く意味不明で、お帰り下さいと言っても帰らない。
    しまいには私がドアを開けない事に怒って鉄の杖でドンドンドンと鎧戸を叩き出した。
    防犯用と言っても簡易なんだから鉄の棒で叩かれたらすぐに潰れて押し入られそうで非常に怖かった。
    意味不明の押し問答は続き、ドアもガガガーンとエスカレーターしてきたので、110番へ電話。
    事情(暴漢がドアの前で暴れている)を話し、「分かりましたすぐ行きます」と電話を切ってから10分しても
    来ない。再び110番へ電話。「暴れてて怖いんです。玄関前でやられてるから私は逃げられません!」
    「あーーーー、さっき電話くれた人?んーーーちょっと待っててねーーーー。これから行くからねぇ~」と
    ノロマな対応。ドアをガンガンやられながら更に待つ事10分、来ないのでまた電話する。「杀殳されるから
    早く来て!!もういや!!ころされるーー!!!(絶叫)」「あーーー、またさっきの人でしょ??
    またさっきの人か~~~~まいったな~~~~今行くからちょっとまっててよ~~~」
    更に待つ事10分「まだですか?!まだですか?!こっちは杀殳されるかもしれないのに、どうなってんの!
    早くきてーーキィイイイ (おたけび)」更に待つ事10分、電話し「こ、ろ、さ、れ、る!お願いします、
    助けて下さいうぇ~~ん(泣き声)」「はいはいはいはいはい!さっきの人ね♪はいはい!はーい♪
    はいはい♪ちょっと♪待っててねぇ~~~~♪」
    40分経ってようやく意味不明の爺は立ち去ってくれて玄関前からいなくなった。