ゾッとした話

    63 :ちわわ 2014/07/08(火) 16:00:00 ID:M6AEVivW.net
    これもらっていーい?が口癖の隣家の奥さん、地域行事のときにも子供達用のお菓子が余らないかずっと張ってるし、我が家の庭BBQの後の残った木炭も柵越しにチラチラ見て、片付けが始まると物乞いに来る。
    今朝、自分が子供を送って帰ってくると庭でガチャガチャ音がする。
    何かと思ったら、隣家の子供2歳がうちの庭にいて鉢植えを落として回ってる。
    やめてーと庭に駆け込むと、背後でキーをつけたままだった車のエンジンがかかる音が!なに!?と引き返すと車が出て行ってしまった。
    急いで警察に電話して、隣家の2歳児を捕獲してとにかく子供を引き取ってもらおうとしたら留守。
    わけもわからず警察を待ち、事情を話していると車が戻ってきた…隣家の前に。
    我が家の前に止まるパトカーに目もくれず、隣家奥が車から降りて、後ろのドアを開けると2,3の家具を下ろしはじめた。

    あまりに普通で私は呆然。
    警察に隣家の奥さんにも事情をききますか、と声をかけられて我に返って「あれがうちの車です!」と間の抜けた声でようやく伝えた。
    貸したのを忘れて騒いだってこと?って疑われかかったが、警察が話をききに行ったらあっさり勝手に借りたことを自信満々に話し、子供を囮にしたことも自慢。
    なんか、個別回収の粗大ゴミを拾って来るために車を使ったらしい。
    しかも免許はない!とのこと…悪びれもせず

    警察がなんかおかしいみたいだから、旦那さん呼ぶことにします、と隣家旦那さんを呼び出したが旦那さん夕方にならないと戻れないと言い張る。
    子供をこのままには出来ないということで仕方なしに隣家奥は警察に「保護」され、2歳児も警察に。たぶん児相に預かりになってる。
    そんなわけで呆然と家にいたが、自分の主人に連絡するの忘れてたのでさっき連絡、すぐに戻って来てくれるそうだ。
    なんか疲れた…夕方に隣家旦那さんが帰ってきたらどうなるのかなー
    とりあえずうちの子迎えに行ってこよ…

    111 :ちわわ 2012/07/30(月) 11:58:39 O
    出産前は散々「孫産め男児産め」とうるさかった姑。
    娘が生まれてからは「息子ちゃんに似てないわねえ…」とちくちく。
    顔を見合わせるたびにため息つきながらそんなこと言う姑に娘がなつくわけがなく、
    用事で義実家に行くとウトメ達にきちんと挨拶はするが話しかけられても興味なさそうな娘。

    なつかない孫が可愛くなかったんだろう、
    「あのこは本当に息子ちゃんの子か」と影で日向で言っていた。
    旦那は「馬鹿なこと言うな!」と一蹴してたし、娘を可愛がってくれてた。

    なのにいつの頃からか娘が「パパーおかえりなさーいっ」と旦那に抱きついても、
    「仕事で疲れてるから…」と一人部屋にこもるように。
    今まではどんなに疲れてても娘がかけよれば、
    疲れが吹っ飛んだと満面の笑みで抱き上げてデレデレしてたのに。
    居心地のいい空間、話しやすい空気を作ろうと頑張ったし、
    ちゃんと話しあおうとしたが旦那はそっけない。

    ある日旦那が確信をもってるといった顔で「DNA鑑定をしよう」と言い出した。
    「どうしてそんなこと言うの?」
    まさか姑の言うことを真に受けてたなんて…とショックで声が震える私を見て、
    旦那は「やっぱり…」と呟いていた。
    鑑定結果が出るまでの間酷かった。
    話し合おうとしても無視され、追ってくるな!と突き飛ばされた。
    いきなり背中を殴られて息ができなくなったことも。
    アポなしで姑を連れてきてカッコーの託卵?の話をされたり、
    「お前なんかよりずっと心が美しい」と風イ谷にいったり。
    「あいつ(娘)とはどうせ血が繋がってないんだよな~」
    と性.的虐待を匂わせることをいいはじめたとき、
    「もう無理だ…」とその日のうちに家を出た。

    鑑定結果はシロ
    そりゃそうだ。
    私は旦那しか知らない。

    385 :ちわわ 2012/01/02(月) 22:55:56 i
    元彼とは去年の秋に別れた。
    一年半つきあってプロポーズされて、元彼が親にひどい仕打ちを受けてた話も聞いてたから、いい家庭を作ろうね、と答えたけど。
    元彼は、元彼実家に同居し、元彼祖母の介護、入院中の元彼姉の世話とその息子2人の育児、その両方を全てやった上でフルタイムで働き、家事も全てやって子供は三人は欲しい、と。
    しかも職場は元彼実家から十分位内の所に転職して欲しいと言う。
    元彼の両親はいわゆる毒親だし、元彼が大変なのはわかるけれど、あの毒親と同居して介護家事子育てを、は無理。
    できる事はしたい、その全ては無理だけど、頑張ろうと言った。
    元彼は「祖母、姉、甥に順位はつけられない。俺の気持ちを少しでも考えるなら黙って全てをやってくれ。それがお前の幸せになる事が俺の夢で幸せ」と。
    次からメール文(私は返信してない


    愛するお前へ
    幸せってのは1人じゃ作れない。
    誰かの幸せを願って、その誰かの笑顔が幸せなんだよ。
    俺、姉、祖母、甥、両親…
    やりがいは充分じゃないかな。
    俺はお前のために親の暴言にも耐えてるよ。
    親は嫁は医者が良いって言うから。
    だから、お前も俺のため耐えてくれ。
    一緒に互いを幸せにして幸せになろうよ。

    607 :ちわわ 2015/07/27(月) 12:36:19 ID:xuU
    去年の秋、6回目の転勤による引っ越しをした。
    辞令が出てから新天地へ着任するまで一ヶ月もないので
    発令後速攻でネットで希望に合った物件を探して5件ほど内覧予約を入れ現地に飛ぶ。
    今回、ネットで物色中に嫁がすごく気に入った物件があった。
    家賃や広さ、築年数、周辺環境、すべてにおいて希望に合致。
    俺もそれは同じだった。
    に加えて、通勤が乗り換えなしの30分以内。
    しかも最寄り駅まで徒歩5分。
    俺の中ではもうこれに決まり!って感じだけど一応現地を見て・・・ってことで
    今回はそこも含めて4件ピックアップしていた。
    で、いつものように夫婦で現地内覧に行こうとしたら嫁が妊娠発覚して俺ひとりで行くことに。

    その希望物件の内覧は一番最後にしてあった。
    先の3件、どういうわけかネットの詳細情報の記載ミスがあったり
    (実際にはLDKが10畳ほどなのに16畳と記載されていたり、駅から徒歩25分が5分になってたり)
    写真でみたものより実際はかなり酷い状態だったり。
    毎回利用している全国チェーンの不動産会社で、こんな不手際は今までなかったし
    担当者も何度も何度も謝罪しつつも訳が分からないふうだった。
    「あー、これはもう希望物件にしろってことか」と冗談で思いながら
    最後の内覧に向かった。

    その物件、外観は実際の築年数より新しく見えた。
    入口付近も綺麗に掃除されていて、聞けば週一で清掃業者を雇っているらしい。
    エレベーターの中もきれいだし、ガラス窓がついてるから防犯的にもいい。
    共用廊下も住民の質がいいのか、余計なものを置いてなくてすっきりして好印象。
    ここで決まりかなと思った。
    続く。

    696 :ちわわ 2011/01/14(金) 17:16:59 ID:xLANPD8Z0
    ちょっと長くてすいません。

    子供の頃住んでいた家を建て増ししたんだが、そこに面している道路は路地で夜は真っ暗。

    親もその辺りは気にしていたようで、泥棒よけや中を覗かれないように窓は天井付近に大きい
    横長の窓をつけていた。
    その部屋は雨の日の洗濯干し場兼私の部屋になったんだけど、人通りが皆無の為か室内を覗
    かれることが多かった。

    ある日自転車が停まる音が聞こえたので、息を杀殳してタヒ角に隠れると、元から少し空けている窓
    を静かに少しずつ開けて中を覗く人が・・・。
    恐くて叫んで親を呼んで、大騒ぎになったけど、自費で街頭をつける訳にも行かず、外から窓が
    開かないストッパーをつけてもらい、父が張り込んだり、近所のAちゃんのお父さんが見回りしてくれたりして落ち着いていた。見回りついでに家で飲むことが多かったけど^^;

    翌年の夏頃からまた視線を感じるようになり、ふっと見ると窓の隙間の暗闇から目が見えるようになった。
    恐くてなんとかしたくて、弟の水鉄砲に洗剤水を入れて、いつでも戦えるように準備をしだした。
    ある日、自転車が停まる音が聞こえ、タヒ角に隠れ・・・洗剤水を辺りかまわず打ち込んだ(二丁拳銃で)
    うわぁ!という声と共に、人が落ちる音と自転車が倒れる音がした。(荷台を足場にして見ていた模様)

    それでも懲りないようで、2日おきくらいに来るようになった。
    その頃には相手も楽しんでいるのか、わざと自転車を停める音を聞かせたり、気が付かないと咳払いを
    したり・・・洗剤水→洗剤原液→ハイター水→キッチンハイター原液と水鉄砲の中を強力にしても、来るし
    ハイター原液の日には、片言で「メガネアルヨ」と言われ、恐さと悔しさで決意した。

    考えると恐ろしい事だけど、次の決戦に備え、網戸を外しライターと杀殳虫剤を準備して待った。
    やって来た火、迷わず家の窓だけは燃やさないようにいつも覗かれる窓下に隠れ、簡易火炎放射器を
    噴射した。すかさず窓から覗くと服を脱いで、それで頭についた火を消しながら、自転車で逃げ去った。


    数日後、母親から「Aちゃんのお父さんが、先週変質者に火をつけられて頭に火傷したんだって。
    明るくても4時以降は1人じゃ外に出ちゃだめよ」と注意された。

    681 :ちわわ 2020/04/03(金) 15:51:00 ID:gj.zk.L1
    夫の弟(義弟)がイヤ。
    義弟は夫の10歳下。義母が甘やかすもんだから、就職しても義実家で上げ膳据え膳、
    給料は全額自分の遊び金、ギャンブルと女遊びにつぎ込んでしまう。
    たまに義父に叱られると家出して、電車で1時間ほど離れたうちに逃げ込んできた。
    うちでも上げ膳据え膳ヨロシク&夫に小遣いチョーダイしてきたから、
    気の強い私は夫との新婚1年目の時に盛大にブチ切れてやった。
    女に叱られたことのなかった義弟はビビッておとなしくなったけど、
    まだ時々、「にーちゃーん、とーちゃんに叱られたよぉー」とやってきていた。
    夫も義弟を強く叱れないもんだからしょうがない。
    私と娘は無視していたから、夫と義弟は2人で外に飲みに行ったりしていた。

    娘が小学6年生のある日曜日、
    クラスメイトで仲良しのAちゃんが遊びに来て、庭でバドミントンをしていた。
    Aちゃんは発育のいい子で、当時で背丈は160センチ近くあった。
    面長で目はすっきりと切れ長、美少女というより、将来は美人になるだろうなあというタイプ。
    でも11歳、おチビの娘と同じ、中身は子供。

    そこへ義弟がやってきた。
    遊んでいる娘とAちゃんに気付いて、
    「娘ちゃん、お友達?おじさんも一緒にバドミントンやろう」と庭に出て行った。
    これまで義弟が娘と遊ぶことはなかったので、
    何事だ?と思ったけど、結構楽しそうなのでやらせておいた。
    ひとしきり遊んだ後、おやつを用意して3人を呼ぶと、
    家に入ってきながら義弟がAちゃんに、「Aちゃんて6年生だって?」
    Aちゃん「そうです」
    義弟「僕ね、30歳。んー、大丈夫大丈夫、じゅうぶん範囲内だから」
    Aちゃんと娘、「え?」ときょとんとする。

    483 :ちわわ 2014/08/07(木) 16:46:50 ID:???
    嫁が呪いの力を持ってるくさいんだが…始まりは突然18きっぷで福島行こうかな~と呟いてた→311
    ガンホー株買おうかな~→大暴落
    子供がもうすぐ一歳だから子供チャレンジ入っていい?→個人情報流出
    マックなんて4、5年食ってないのに最近やけにマック食べたい→腐れ肉
    千原せいじ最近なんか好き→エボラ流行
    他にも細かいの色々あったけどありすぎて忘れた
    救いは全て未遂で終わってること
    つまり嫁が何かしようとするとそれが駄目になる 最近も興味の対象が昔と変わってる事が多々あって怖い
    営業妨害になると怖いから書き込まないけど飛行機会社には気を付けている

    43 :ちわわ 2019/02/18(月) 22:41:42 ID:wOXwFsf0.net
    スレ流し読みしてたら個人的に衝撃だった昔話
    を思い出したんでそれを一つ。

    まだ2000年に入る前のある日、
    仕事関係で神奈川まで車走らせてた

    あまり行かない場所だったんで
    SAに寄っては同僚と地図を睨めっこ
    してた
    その道中、後ろから妙にフラフラしてる
    トラックが来てさ、同僚と「事故起こすんじゃね?」
    とか話しててさ、
    こういう場面ってあまり遭遇しないから
    PAの非常電話で通報したんよ

    PA出た後は何事もなく、その話題で話しながら
    当時まだ新しかったICで降りた

    その後、あのトラックが飲酒で子供二人を
    タヒなせたと聞いたのが結構衝撃だった

    1 :ちわわ 2016/11/22(火) 08:11:34 ID:45B
    同じマンソンの住民だった...
    そして自力で捕まえたから未遂で終わるのが納得いかない...

    398 :ちわわ 2019/03/20(水) 16:21:09 ID:kkjCU7kd.net
    隣家で飼ってた猫を我が家が嫌ってたことになってた事
    「さっさと捨てればいいのに」と言ったことにされていた
    そう言ってるのがうちから聞こえてきたらしい
    でもうちの家族は全員猫好きでしかも隣家が猫飼ってること自体を知らなかった
    子供が拾ってきて短期間飼ってたらしいんだけどうちのその「捨てればいいのに」発言で泣く泣く捨ててきたんだって
    数年後、うちが猫を飼い始めたのを知って「こっちは捨ててきたのに!」と恨まれてた
    …ほんとこうやって逆恨みが生まれるんだな