衝撃的

    620 :ちわわ 2019/12/12(木) 20:27:57 ID:5D2
    ある日、インターホンがなったので誰なのか確認してみると、なんと警察官が二人いた
    なにごと?!と思いつつ出てみると、1年前くらいの自動車事故のことで聞きたいことがあると
    これまで、ゴールド免許で、事故の経験なんて無いし、まさに寝耳に水だった
    クルマをぶつけたこともここ10年位はないし、全く何のことかわからない
    それで話を聞いてみると、1年ほど前に高速道路で事故が起こって、そのことで聞きたいことがあると言われた
    最初からそう説明しろよと、まるで自分が事故起こして逃げたみたいな言い方には腹が立つ
    それでその警察官が言うには、1年ほど前に暴走バイクが原因で起きた事故があって、それの事情を聞きたいらしい
    それで思い返してみると、たしかに1年ほど前にクルマを運転中、バイクに絡まれたことがあった
    普通に運転してると、急にバイクに煽られて、車体を叩かれたり、ミラーをおられそうになった
    その時はすごく怖くて必タヒに逃げたけど、まさかそのバイクが事故を起こしてたとは・・・
    そしてその警官が言うには、私がバイクから逃げた直後に事故が発生したと
    それもシボウ者が出るような重大なヤツ
    詳しく聞いてみると、バイクから逃げようとした私のクルマを避けようとして後続の車が急ブレーキかなんかをして玉突き事故に
    それにバイクも巻き込まれたらしい
    らしいってのは当日は深夜で、バイクの人は植物状態、事故の当事者もシボウしてて状況が全くわからないとのこと
    その事故の詳細が聞きたいと言われたんだが、いや、バイクに急に絡まれて逃げただけでなんもわからんし・・・(-_-;)
    そんなこと言って帰ってもらったけど、
    冷静になって考えてみるとまさかそのバイクがそんなでかい事故引き起こしてたなんて思いもしなかった
    警官が帰って少ししてから自分ももし巻き込まれてたらと考えると怖くてすごく震えてたwww

    987 :ちわわ 2013/09/17(火) 11:23:21 ID:qP6efYoc
    思い出し衝撃だけど。
    小1の頃、チビでトロいから近所の遊び仲間五人くらいに手下扱いされてた。
    ある日「ノートを破られたくなかったら全員に百円おごれ」と言われて、お年玉貯金から持って行った。
    その日の夕方(時間にして三時間後くらい?)、そいつらとお母さんがた全員がウチに来た。
    遊び仲間は泣きながら謝って、封筒を渡してきた。
    中には百円と、全員同じ文面で「自分のやったことは泥棒です。本当にごめんなさい。二度としません」という内容の手紙が入っていた。
    親同士の話を後で聞いたところによると、発覚の経緯は一人が自分の親の前で百円ゲットだぜ!と自慢したかららしい。アホだ。

    今にして思えば、そのアホの子のお母さんは子供の話を聞いてすぐに緊急事態だと判断し、遊び仲間全員の家に連絡し、連絡を受けたお母さんがたもそれを信じて、おそらく誰かの家に集まって謝罪の手紙を書かせて、ウチに来たんだよね。
    三時間でそこまでやったってことは、誰も「うちの子だけはやるはずない」みたいに言わなかったんだと思う。
    近所のお母さんがたの相互の信頼と連携すげーと大人になって思った。

    241 :ちわわ 2017/06/10(土) 21:07:08 ID:gGPJs3+h0.net
    少し書いても良いでしょうか、昔話です。

    妻 26 間男 33 (当時)

    私は田舎から出てきて東京で働いてました。
    真面目なだけの面白くもない男でしたよ。

    469 :ちわわ 2020/12/20(日) 19:21:07 0.net
    実兄の娘のランドセル選びに付き合ったの
    兄嫁は他界していて高齢の婆母をデパートに連れてくの怖い
    女の子の持ち物は男親の見立てでは浮いちゃうかも知れないからって
    端っこにビジューが付いていてレースっぽいパンチングのに興味持ってたんだけど
    「6年生になった時にこれだと多分恥ずかしいから」って無難なの選んでいておばちゃん感心するやら切ないやらよ
    うちの子は当時流行っていたアナ雪デザインのをこれじゃなきゃ嫌だって選んで
    案の定高学年になったら「子供っぽいから嫌だ新しいの買って」といったわ
    勿論買わずに手提げかばんか無地のランドセルカバーか選ばせた
    亡くなった兄嫁の躾もあるだろうけど従姉妹とは思えない違いだわ

    807 :ちわわ 2017/03/30(木) 19:46:02 ID:3oojUJlz0.net
    オカルト板でこの話題はいいのかわからんが
    今から50年も前の話。秋田は六郷村の、今はもうない小学校に赴任した教師の話

    その人は集落ほぼ唯一の識字人であったため、村人に「先生」と呼ばれて慕われていた
    その村では兎狩りが盛んだったため、先生も休日には鉄砲を担いで山に登り、
    地域のレクリエーションとして村人と一緒に巻狩りを楽しんでいたという
    冬も終わりのある日、岩手県境に近い奥山に兎狩りに行ったのだが、その日は豊漁だったそうで、
    みんな山頂付近まで兎を追い上げ、小休止の時間になると満足そうに談笑していた

    先生が村人と談笑しながらうろちょろしていた時、突然、足元が「ズボッ」という感じで沈んだという
    あれ? と思った瞬間、今まで騒いでいた十数人の村人たちがピタッと騒ぐのをやめ、恐ろしい形相でこっちを見る

    え、なんなの? と思った途端、一人の村人が「おい先生、ゆっくり、足元を見ないでこっち来い」と言い、
    恐ろしい形相で両手を差し出した。先生は逆らうことも出来ず、ゆっくりと歩き始めたという
    ただ、一歩踏み出す事に「ズッ、ズズッ」と足元が沈み続け、いよいよ怖くなった
    あの、これは……と先生が言いかけた途端、その村人が「いいからこっちさ来い!」と叫んだ
    訳もわからず地面を蹴ってその村人に飛びついた途端、地面がボン! という音とともに消えたという

    なんとその先生は、20m近くある崖の上にせり出した雪庇の上に乗っていたのだった
    つまり、さっきまで自分が乗っていた地面は地面ではなく、雪の塊だったのだ

    いやーよかった、神様に感謝だな、あと少し遅ければ、先生は春まで雪の下敷きだったでぁ……
    と村人たちは大笑いしたらしいが、先生は気が気でなく、一日中震えが止まらなかったそうだ
    ただその六郷村の集落は現在ではダムの底になり、往時の村の面影はなくなってしまったという

    520 :ちわわ 2013/10/08(火) 21:01:56 ID:+q+HQ35i
    前の職場に私の休みの時いつも「代わってくれ」と電話してくる
    パートのオッサンがいた(仕事は販売業)
    宗教やってて、仏教でいう所の住職レベルの人?とかで、
    檀家の誰かが亡くなるとお経を上げに行かなきゃならないとかで…

    休みを代わるって言ったって月の頭なら代われる日もあるけど
    月末にも言ってくるんだよねそのオッサン
    上司からは「○○(オッサン)に辞められたら困るからお前休日出勤しろ」と
    言われるし…

    しかも宗教やってるおかげで時間に融通が利かないから
    正社員になれなくて給料低いんだよね
    そのせいで子供が満足に食べられなくて病弱なんだとかで
    しょっちゅう風邪だかインフルエンザだかで熱出した!と言って
    早退したり休み代われと電話してきたりする
    (奥さん何やってんだよと思ったが世の中の頑張ってる奥さんに悪いので
    言わないでおいた)

    おまけにそんなカツカツな状況でぽんぽん子供作りやがる
    せめて避妊しろよ…出産だけで結構お金かかるもんなんじゃないの?
    「子供のいないあんたには分からないだろうねw」と
    オッサンが笑いながら言ってきたからもはや同情は欠片もなかった
    誰のおかげで一月前から立ててる予定がグッチャグチャになってると思ってんだ

    581 :ちわわ 2009/06/11(木) 02:49:15 ID:8U3SDyrj
    つい先日の事なんだけども、
    後少しで日付が変わるくらいの時間に自転車をこいでいたら、前からタクシーが来た。
    ふとタクシーに目をやると、フロントガラスにある「送迎」とか「空車」とかの表示部分が、「助けて」になっていた。
    「え、『助けて』!?え?」と思って振り返ったが、タクシーは結構な速度を出していた為、既に距離があったのと、
    街灯が一切無い道だった為、車内がどうなっているかとか全く分からず。
    「というか…『助けて』なんて見間違いだよね?そんな表示無いよね?」と思いながら携帯電話で調べると、
    Wikipediaのタクシーの項目に「表示が『SOS』や『助けて』となっていたら通報するのが望ましい」と書いてあった。
    一気に血の気が引いて、とにかく通報しておいた。
    皆どこかしらのんびりしてる田舎町なのに、タクシーが助けを求める事態が起こるというのに衝撃。
    単なる表示間違いだといいけど…
    後、助けを求める為の表示がちゃんとある事にも衝撃。

    更に、通報に使ったのがGPS機能付きの携帯電話だったんだけど、
    通話を終了して画面を見たら、位置情報が自動的に警察に送信されていた。
    こんな機能があるのかと、ちょっと衝撃。

    230 :ちわわ 2016/09/17(土) 16:20:19 ID:UQB
    自分が二十歳の時に母が他界してからしばらくして大分落ち着いた頃に母の友人だった人から、母が生前家族にビデオレターを残していたとの事で
    それを父、兄、姉と一緒に見ることになった。
    初めは父に対して色々な思い出を語っていて、父も込み上げる何かがあったのか、半べそ状態で見いってたんだ。
    んで、兄、姉の事を話始めて、最後に自分の話になった。
    お世辞にも兄、姉と比べて良い息子だったと思えなかったし、勉強もあまり好きな方ではなかった。
    母には迷惑ばかりかけてしまったんだけども、そんんな事は気にしていなかったようでホッしたのも束の間
    最後の最後で、自分が父との間に出来た子じゃないという衝撃な事実をカミングアウトした。
    それを聞いて父と顔を見合わせたけど、父も知らなかった様子で
    父も兄も姉もパニック状態、自分は呆然としたままだったと思う。
    ただ、ビデオレターの中で悲劇のヒロインぶって泣いてる母が凄く気持ち悪いと思えた。

    とはいえ、20年も一緒に家族として過ごしてきたわけだし
    事実がそうだったとしても、いきなりよそよそしくなる事もなく
    とんでもない母親だったんだなということで
    ただただ、残された自分達が胸くそ悪くなるだけのビデオレターだった。
    で、自分が28になって結婚が決まったときに、ビデオレターを持ってきた母親の友人だった人から
    自分が父親だと告げられた瞬間が8年越しでの最大の修羅場だった。
    怒りに任せてぶっ飛ばしてしまったけども・・・

    317 :ちわわ 2020/12/16(水) 03:43:46 ID:hYlTWIYL.net
    職場の30代男忄生が突然会社に来なくなった
    何度連絡しても連絡がつかず「無断退職かな?」って流れになってたら
    約1週間後普通に出勤してきて衝撃

    もちろん上司や社長に詰められるんだけど
    「体調が悪くて、寝て起きたら1週間ほど経ってた」と言うw
    「診断書は?」と聞くと
    「一週間家で眠り続けてたので、病院に行ってないしあるはずがない」
    「保険証も紛失中なので病院には行きませんでした」
    あまりのぶっ飛んだ言い訳に一同、え、え、え、え、え???って反応だったw
    ツッコミどころ満載すぎて、逆に突っ込みづれぇわwって上司も言ってた

    連続無断欠勤なので本来はクビだけど、今回だけは信じますと、そのまま勤務継続になったのも衝撃

    1年もしない内にまた数日間無断欠勤し、今度は「ヤ𠂊ザに命狙われてて逃げてた」とか言い出したのも衝撃
    さすがにクビになったw

    863 :ちわわ 2010/11/05(金) 04:13:44
    30近くになりそろそろ結婚したかった俺に紹介された嫁は職場の同僚の奥さんの後輩(別会社)、
    当時大学出1年目、携帯の液晶を通してみた容姿は今ひとつだったが、会ってから判断するつもりだった。
    同僚夫婦を交えて食事中はホスト役の同僚奥さんがしきり、
    嫁は曖昧な返事しかせず、二人になってやや緊張が走った時の事だ。

    嫁「俺さん本当に結婚相手を探してるんですか?」
    俺「そのつもりです」
    嫁「だったらなんでさっき(4人で食事中)友達からって言ったんです?」
    俺「…結婚前提というと引かれるかなって思って、、」
    嫁「引きませんよ!私はもう男の人に遊ばれるの嫌なんです!」
    嫁「友達としてでなく、配偶者候補として付き合ってくれるんですよね?」
    俺「…はい、そうです」

    うわっ、適当にあしらってたのが見抜かれてたのかなぁ、思った。

    嫁「後、気になってるんですが同僚奥さんとはどんな関係なんです?」
    俺「…へ?」
    嫁「随分仲が良かったじゃないですか!」
    俺「ああ、彼女は大学時代同じサークルで同僚には俺が紹介したんです」
    嫁「…それだけですか?本当に」
    俺「…はい」

    実は美人でスタイルのいい同僚奥は大学時代の俺の元彼女、
    社会人になった後別の男に乗り換えられた数年後復縁を匂わせて接近してきた際に、
    同僚に会わせたら意気投合して結婚してしまったのであった。

    同僚には同僚奥から説明するはずだったがどうも俺と付き合ってた事をまだ知らない様子だった。
    なんとなく同僚に対して罪悪感があったので鋭すぎる嫁の口を封じる為に結婚する事にした。