怖い話

    372 :ちわわ 2007/06/28(木) 13:19:51 ID:NPmyvVy7
    十年近く前のことですが。学生時代一人暮らしをしたときの隣人が変だった。
    三十歳くらいの小柄な男で、引越しの挨拶に行ったらいきなり
    「俺が隣でラッキーだね。なんでも教えてやるよ。ところでまさか彼氏とかいないよね?」
    遠恋中の彼がいたけど、詳しく言いたくなくて「はあ、まあ」とか適当に答えた。
    そしたら人差し指でおでこを突かれて「見栄張んなくていいって」と。
    呆然としていると手を出して「合鍵渡しなよ。普通預けとくもんだから」
    そんな話聞いたこともないし鍵を渡す気なんてなかったから、急いで自分の部屋に戻った。
    次の日の夕方、ドアチャイムが鳴った。ドアスコープから見ると、隣人。
    気味悪くてドア開けなかったらドア越しに
    「俺これから仕事だけど、戸締りちゃんとするんだぞ」
    それからもほとんど毎日のようにピンポン。
    「もう荷物片付いただろ?部屋見せろよ」「合鍵早く作れよ」「じらすのってやりすぎはよくないぞ」
    その度に、彼氏がいますからとか関係ありませんからとか言い返したのに効果なし。
    その男は夕方から明け方にかけて働いてたみたいで、外で出くわさないのが唯一の救いだった。
    学校から帰るのも、男が出かけた頃を見計らって帰るようにした。
    するとそのうち、早朝、壁をトントン叩いてくるように。無視していると、
    今度はぶつぶつと愛?の言葉を呟く。
    「素直になれよ」「俺とおまえは運命の相手なんだよ」「全部教えてやるから怖くないよ」
    もう、実家(市内)に帰ろうかと思っていたとき、彼氏が県外から来てくれ、泊まることになった。
    その翌朝早くのこと。
    夜明け前に、私はなぜか目を覚ました。今思えば、ドアが開く音がしたんだと思う。
    部屋は暗かったけど、カーテンの隙間からすこしだけ外の光が入っていて、
    そこに誰かが立っているのがわかった。

    707 :ちわわ 2019/10/05(土) 09:23:18 ID:rj.le.L1
    私が中学生くらいのときの話。

    家は通りから一本入って袋小路状になった奥にある。そのためその辺りに住んでる人しか普段はこない。

    ある日、その通りのところにフルフェイスのメット被った男の人がいた。別に何も思わずスルーしたけど、私が家に入る時に何気なく通りの方を見たら、その男の人が何故かこっちを見てて目が合った。
    その時に「えっ何?誰?」と思いつつも帰宅。家は誰もいなかったので部屋で寛いでると、玄関からガチャっと音がした。
    お母さんが帰ってきたかな、と思ったけど家に上がってくる音がしない。アレっと思って玄関まで見にいくと、さっきのフルフェイスの男が玄関のドアからヒョコッと顔を出してたんだよ。
    まじ心臓が止まりそうになった。
    当時、家に誰かいる時は施錠してなかったんだよね。
    ビビりながら、
    「だ、誰ですか?」って聞いたら、
    「あー、えっとー、あの、新聞いります?」とか言って。

    いやいや、新聞てなんだよ。新聞配達なわけないだろ。フルフェイスのメット被ったままで目しか見えてないし。ピンポン鳴らしてないし。怖いし、誰??と、テンパリつつ会話。
    「新聞はいりません」
    「そうですか、えっと、じゃあトイレ貸してもらえます?」
    「え?いや、え、嫌です。」
    「限界なんです」
    「向こうの公園にトイレありますよ」
    「いやーほんと限界なんで」
    とか言って靴脱いで家に上がって来ようとするんだよ。

    ほんと無理って思ってテンパってると、だんだん向こうはそれが面白いみたいな、私をからかってくるような口調になってきてさ、
    「彼氏いるの?」とか関係ないこと聞いてきたりして。
    もしかして知り合い?兄の友達か?とか一瞬思ったけど、だとしてもずっとフルフェイスだしピンポン鳴らさず玄関開けてたのとかおかしいし、もうパニックになって。
    その時、家の電話が目に入って、やっと警察を思い出して、
    「出てかないと警察呼びますよ!」って言ったら、やっと諦めて帰っていった。

    結局何だったのかよくわからなかった。
    家に私が入るとこ見てたから、留守宅に入ろうとしたわけでもないし、襲われそうになったわけでもないし、新聞屋ではないだろうし。終始フルフェイスのメットだったから顔もわからなかったし。

    当時は不思議だなーくらいの気分だったけど、今考えると相当こわい。
    でも今でも何の目的だったのかよくわからん。

    348 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2016/09/23(金) 22:20:49 ID:z1z
    私が自意識過剰なだけかも。
    父母どちらも親友同士で赤ちゃんの頃から中学までずっと一緒だったA。
    友達というよりは家族のような関係だった。
    単純に私の成績不足で高校は別れ、A家族も引っ越しをしてしまってから会う機会も減り、部活やバイトで頻繁にあったA家族との旅行にも行かなくなっていった。(両親には毎回しつこく誘われたけど)

    高卒で就職してすぐの長期連休に2泊3日の旅行に行くけど?と両親に言われて行くことに。
    当日にはA家族も当たり前のように居て半泣きになりながら喜んでくれた。
    泣くほどのことか…?とも思ったけど朝も早く寝たかったから気にせずさっさと車内に。(移動は父の車)

    しばらくするとA母が「私ちゃん喉渇いたでしょう?Aが選んだのよ」と言ってジュースをくれた。
    Aも「それ好きだったよね?」と言って笑っていた。
    確かによく飲んでいたやつだったから有難く受け取ったけど、よく考えたら中学時代見向きもせず(発売されてなかったかも?)高校生になってしばらくしてから毎日のように学校の自販機で買っていたジュースだった。
    Aには勿論、両親にもこれが好きだなんて話をしたことはない。

    それから「好きだったよね?」と言われて渡されるお菓子やパン、飲み物は全て高校の時にハマったものだった。
    私が覚えてないだけでポロッと両親に話したのかもしれないけど、正直気持ち悪くて仕方が無かった。
    私が食べた物と同じ商品を、私が食べ終わってからAが食べ始めるのもかなり堪えた。

    旅行中にも色々あったけど上のが一番印象に残っていてFO中。
    両親がうるさいから独り暮らしも考えてるけど薄給なのとAに隣に住まわれそうで怖いのとでまだ実行できない。

    24 :ちわわ 2014/11/01(土) 16:22:06 ID:TB6iM9sO0.net
    すまない、まとめるのに時間がかかって。
    長くなる、そして書き慣れていないのでそれはご愛敬でどうにかして欲しい。

    私は虫や爬虫類が好きで子供の頃からたくさんの生き物を飼ってきた。
    大人になってから金銭的にも余裕が出来、今うちで三種類の爬虫類を飼っている。
    オマケに餌も飼育していて人から不快害虫とも呼ばれている虫も二十匹近くいて。
    それに加えて趣味で節足動物も何匹か飼っている。
    人からは理解されないけど私にとっては自分の子のように可愛がってるペット達なのでかなり幸せな日々を送ってた。
    そんな生活をして早何年となり、家族や近しい人等は私の趣味を知っていても普通の関係を築いてくれてる。
    今思えば皆優しくて私は恵まれていたんだと思う。


    そこで二三ヶ月前に、私と姉と妹と妹の恋人と出掛けた時のこと。
    妹の彼氏さんから
    「お姉さんは虫ならどんな虫が好きなんですか?」かと聞かれ。
    なんの考えもなしに素直に
    「虫なら艶っぽい見た目の種類が好き。どちらかというと節足動物が好きだから本当の意味で虫好きじゃないかもね」
    「気持ち悪い生き物が好きってこと?」
    この時点でちょっと失礼な子だなと感じたけどスルーして「うんそうだね」で笑った。
    その時はそれで話は終わった。
    と、思ってた。

    182 :ちわわ 2018/08/24(金) 00:30:38 0.net
    うちの義兄嫁。
    私と旦那に年の差があるため、義兄嫁は私よりひとまわり以上年上のアラフィフ。義兄と結婚したのが40台半ばだそうで、小梨。
    結婚前に1度会って連絡先を交換はしたが、1度も連絡はとっていなかった。

    私の妊娠中、突然携帯に向こうの家電から着信があった。とりそびれたのですぐにかけ直そうとしたが、今度は向こうの携帯から着信。びっくりしてそれもとらなかったら、家電と携帯を織り交ぜながら10回以上着信。
    時間をおいてかけ直したらワンコールで出て、「おめでたなのよね?おめでたなのよね?安定期に入ったなら1回でも2回でも義実家に顔出すべきだと思いますよ」と独特の地方なまりで勝ち誇ったように言われた。
    後日義両親に来てもらって安産祈願に行くことになっていたので、それを伝えると「そうですか」とガチャ切りされた。
    元々私は妊娠前は義実家には顔を出していて、新幹線の距離なので妊娠後は訪問を控えていた。義兄嫁は数年顔を出していなかったが、前日にトメの実家族の葬儀があって参列、義兄は仕事で帰ったが事前の約束もなしに本人だけ義実家に無理矢理泊まったらしい。

    夜に旦那から苦情の電話をしたら、悪気はなかった、私は7回流産していて今もおなかにタヒんだ子が入っていて、本当は同じ土俵だったんです、と電話の向こうで号泣したらしい。義兄はこちらから連絡しても逃げ回るばかりで、話ができなかった。
    聞いたところによると、義兄嫁はある職業の男性.が多く所属する結婚相談所に長年在籍しており、その末にその職業でない義兄と結婚したらしい。
    旦那はその職業で、最初に会ったときは義兄嫁は職業の話で旦那をほめてばかりいた。

    怖くてもう会いたくない。

    226 :ちわわ 2019/02/09(土) 09:07:25 ID:LGB/Did2.net
    ちょっとオカルト注意

    最近お互い忙しかったのが解決したから昔からの友人を家に呼んだんだけど
    玄関に出てきた旦那を見た瞬間顔色が変わって「お願いだから病院に行ってください」って頭を下げられた
    何だか鬼気迫る感じだったからその場で病院に行った
    旦那、脳に腫瘍ができてた
    しかもいつどうなるかわからないものでそのまま緊急入院
    友人になんで分かったのかを聞いたら歩き方だって言われたけど
    旦那と友人の接触は玄関だけだったんでそもそも歩いてない
    それに玄関で鍵が開くのを待ってる友人が独り言みたいに「くさい。何で?」って言ってたんだよね
    第六感を持ってる人が本当にいて、さらに身近だったなんて衝撃だった

    って話を両親にしたら、「あんたも昔あったじゃない」って言われて驚いた
    まだ小さい頃に友人家族と旅行中、友人が行きたくないって泣くからしばらくあやしてたら先の道で土砂崩れがあったらしい

    1人に別々の事で命を救われた夫婦っていうのも珍しいと思う

    482 :ちわわ 2016/07/20(水) 14:09:22 ID:vwrZ3Jf+.net
    昼寝で当時の夢を見たので思い出しカキコ。
    3年ほど前、実家を出て女の一人暮らしをしていた時のこと。
    深夜に帰宅してご飯を作っていたら
    男性.から玄関越しに監視されていた。

    超怖かった。心の中が修羅場だった。

    70 :ちわわ 2019/06/05(水) 10:13:09 .net
    本当にリアルで言えない話だけど私の兄弟20年以上引きこもり
    私は年数回しか実家は行かないけど、ある趣味の物(100万以上)を数年に1回買わないと包丁持ち出し親を脅す、仕事の事なんて言ったら◯してやると大暴れ、他人を◯◯してやるとかも言う
    最近の色々事件が本当に他人事じゃなくて、上に出てた1人残して出て行ったりしたら他人に何かやるんじゃないかとさらに怖くなって今まで以上に親は思い通りにしそう
    本気で胃が痛い

    156 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2017/02/10(金) 21:19:21 ID:zcb
    昔私を虐めていた男が階段から誰かに突き落とされて入院したとのこと
    なんかそいつは私が突き落としたと証言していたが現在私が住んでいるところとそいつが怪我した場所は
    どんなに見積もっても四時間以上かかるしその時間帯は隣県で仕事していたためどうあがいても無理
    当然ながら私何の罪にも問われない
    確認の電話が来たぐらいだけどそれも本当に形式上みたいなもの
    よくそいつを階段から突き落とす妄想をしていただけに衝撃的だった

    191 :ちわわ速報|修羅場・鬼女・2ちゃん生活まとめ 2015/06/05(金) 16:09:54 ID:???
    何かで説明がつく事象だったら誰か説明してほしい

    私は結婚して5年目
    結婚する前は何も考えていなかったけど、婚後の苗字はこの辺にしかなく、ハンコは買うのではなく作ってもらわないと手に入らない
    銀行などの名義変更を行おうとしてようやくそれに気づき、ネット注文しようかと思ったが姑に「街の時計屋さんなら、この辺にしかない苗字でも取り揃えてるかもよ」と言われ、古ぼけたその時計屋に向かった

    出てきたのは人の良さそうなおじいちゃん
    事情を話すも、やはりその苗字はないので特注するしかないとのこと
    1週間程で出来上がるので、出来上がったら電話をします、と言われてその日は帰った
    でも1週間しても2週間しても電話はこない
    会社からは手続きを早くしてくれとせっつかれているし、こちらから電話してみることに
    すると例のおじいちゃんが出て「印鑑が出来ましたと留守電に入れた筈なんですけどねぇ~」とのこと
    確認するも留守電には入っていない
    高齢だし、番号間違えたか、かけたつもりになっているんだろうと思い、お支払いをして、印鑑を受け取った
    そのまますっかりその事は忘れていたんだけど、つい3日前、仕事を終えると知らない番号から留守電が入っていた

    「○○時計店です~、ご注文の印鑑が出来ましたのでいつでも取りに来てくださいね~」
    とおじいさんの声

    とうとうボケたかあのおじいちゃん!と思い、家に帰り、姑に話すと
    「ちょっと、気味悪いこと言わないでよ」
    と嫌そうな顔をされた
    「○○時計店のおじいちゃん、2年前に亡くなったんだよ、知ってるでしょ?」

    いやいやいやいや知りませんし

    姑に留守電を聞かせたら絶句
    「○○時計のじいさんの声だね…」

    5年越しで留守電が届くとかあるの?
    気持ち悪いから留守電は消したけどまたかかってきたらどうしよう
    ホントに気持ち悪いから何かで説明がつくならそれで納得したい

    このページのトップヘ