いい話

    69 :ちわわ 2014/10/01(水) 00:54:50 ID:???
    ついでに自分語りしてみる

    俺の嫁とは自分が20歳から付き合いだ。嫁は4つ上。
    当時、自分が若いのもあってチャラチャラしてたし、
    勤めてた会社に嫌な先輩がいて辞めたいって嫁に相談したんだ。
    嫁「辞めてどうするの?地元帰るの?」って言われた。
    兎に角、辞めたかっただけでその後は考えてなかった。
    そしたら嫁は「とりあえず3年頑張ろう!私も頑張るから」と。
    ちょっと意味わかんなかったけど1人暮しだし、貯金もなかったし我慢して続けることにした。
    週末はいつも嫁が俺の家に遊びにきてたんだけど、しばらく行けないからと嫁からメール。
    理由がわからなくて不安になって嫁実家に凸したら、嫁 何か勉強してた。
    嫁「秘密で受験しようと思ってた。私が手に職つければ俺くん仕事辞めても大丈夫でしょ」と。
    嫁、看護士になるために受験しようとしてたんだよね。
    直感的にその時、俺コイツと結婚したいと思った。
    嫁が看護士免許取得した年に入籍した。

    続きます

    215 :ちわわ 2015/10/18(日) 00:49:46 ID:???
    過労で電車に飛び込もうとした時の体験。

    当時の私は20代半ば。連日15時間労働、休日出勤当たり前の超ブラックな職場で働いてた。パワ八ラのおまけつき。
    妙齢の女が独り暮らしで、しかも職場が過酷なものだから親の心配は半端じゃなく、盆休みにほとんど無理矢理実家に連れ戻された。

    しかし社畜だった私は2日休んだだけで職場のある町に戻ると決め、親の目を盗んで駅に行った。
    町へ行く電車を待っていると、特急通過のお知らせが聞こえてきて、ふと飛び込めばもう働かなくて済むじゃんと思いついた。

    憑かれていたというか、それが最良策だと思った。
    たぶん楽に逝けるし、親に心配かけることもなくなるし、労災とか認められれば鉄道会社への迷惑料もブラックに請求できるかも、と。

    いま思えば正気の沙汰じゃないが当時はもう、そうしようそれがいい!それしかない!!と勇んで一歩前へ。
    ファーンていう特急の警笛?が聞こえて、さあ行くぞって走り出そうとした時、向かいのホームに犬が見えた。

    それ、学生風の若い男の子が、脇に置いてたキャリーケースなんだよね。
    目ではそう見えるんだけど、どうしてか頭では犬だって認識するの。
    なにこれ、幻覚?て目を凝らすほどハッキリ犬の姿になる。
    その顔に覚えがあったんだけど、10年前に天国へいった初代ワンコだと気づいて驚いた。

    ペー太(仮)!!あんたペー太なの!?って叫んだか叫ばないか記憶にないけど、とりあえずワンコがこっち見ながら尻尾ふって、目の前をガーッと特急が過ぎてった。
    ホームぎりぎりにいたので風圧で尻餅ついて、駅員さんにめちゃ怒られて。
    あとは簡単に書くけど町には戻らず実家に帰って親と相談して会社やめた。

    それからしばらく休養したあと給料半分くらいの仕事に再就職してのんびりやりながら今に至る。
    昼間、2代目ワンコと戯れてたらふと思い出したので誰かに聞いてほしくて書いた。

    186 :ちわわ 2015/04/27(月) 16:01:11 ID:???
    うちの犬が脱走し、お友達の導きで帰宅した話 


    中学生の時、私のじーちゃんが白い子犬をどこかから貰ってきた。
    じーちゃんはゲートボールが趣味で、その帰りにスクーターに乗っけて突然つれて来た。
    うちは皆動物好きなのでスルっと家族の一員になった。
    子犬は女の子で、私がもののけ姫が好きだったのでサンちゃんと名づけた。
    それからじーちゃんは毎日スクーターで田んぼ道をサンちゃんと散歩した。
    じーちゃんは元々肺が良くなくて、あまり歩いたり走ったり出来ないからスクーターでゆーっくり散歩してた。
    5年くらい経ったある日、サンちゃんが庭の柵を飛び越えて脱走してしまった。
    お散歩ルートや近所中探し回ったけどとうとう見つからなかった。
    それからすぐ、じーちゃんが病気が悪くなって亡くなった。
    サンちゃん、じーちゃん亡くなるの分かって寂しかったのかなーとか家族で話した。
    もう戻ってこないのかな と半ば諦めていた頃のある朝、見知らぬ番号から電話が来た。
    出てみると声は70代くらいの上品そうなおばあちゃんで「うちにいる犬がもしかしたらお宅の犬かもしれない」と。

    419 :ちわわ 2018/06/13(水) 23:00:02 0.net
    今日セルフのガソリンスタンドで洗車機通そうと思ったら店員さんにコンコンって窓叩かれたのよ
    何かと思ったら「赤ちゃん洗車機泣きませんか?良かったら洗車機通しますので店内でゆっくりされて下さい」って言ってくれたわ
    きゃわめっちゃ泣くから助かったのよ

    1 :ちわわ 2017/06/09(金) 08:01:54 ID:aKWh0iST.net
    お父さんは来なくていいって言われた
    泣いてもいいか?

    542 :ちわわ 2014/09/21(日) 14:47:52 ID:???
    ちょっと違うタイプの衝撃話。

    私の祖父は昔はとても短気な人だったらしい。
    私の眉毛の上には2cmほどの傷があって(傷の位置はフェイクです)
    その傷の原因を作ったのが祖父だと言う事は聞いていたので
    (祖父が暴れて割れたガラスの破片が直撃したとか)
    よく暴れたという周囲の話は本当なんだろう。
    だけど、私の記憶にある祖父は
    たまに激高するときがあったけど
    度々ってわけじゃなかったから
    “怒ったら怖い人”と言う程度の認識だった。
    暴れる姿なんて見たことなかったし、
    普段は無口で矍鑠としてて、
    私はそんな祖父をカッコイイと思ってたし、
    その傷の事も、私自身はそれほど気にしてなかった。
    うんと小さい頃の傷だから、黒子と一緒で
    それも含めての自分の顔と思ってたし。
    だから“おじいちゃん子”というわけじゃないけど
    祖父にはそれなりに懐いてた。

    その祖父が、私が25歳の時に亡くなったんだが、
    遺言で孫娘である私に8桁単位のお金が残されていた。
    その件についての相続争いはなかった。
    生前から、両親や叔母たちには了解を得ていたらしい。
    叔母に「父さんのせいで傷つけちゃったから慰謝料のつもりかしらねw
    女の子の顔に付けちゃって気にしてたからw」って笑いながら言われたけど
    当の本人である私が気にしてないのになーと不思議な気分だった。(つづく)

    531 :ちわわ 2011/07/10(日) 15:25:18 ID:usj2Y9Fr
    スーッとはしないかもだけど、母の話

    うち母子家庭で、オカンが遅くまで仕事してたから昔小学校終わってから託児所?みたいなとこに預けられてたんだ。
    あたしが2年の時、そのホームの一学年上の女の子Aから目の敵にされていた。
    もう毆る蹴る当たり前。背中に鉛筆刺されたりした。
    Aからのいじめは結構長い間続いてたんだけど、それが急にピタっと止んだんだ。
    いじめるどころか面倒みてくれたり遊んでくれたり、もう別人みたい。
    丸くなったっていうのかな、Aは今までいろんな子と楺めてたけどそれもなくなった。
    あたしもすっかり今までのこと忘れて、ほぼ毎日一緒に遊んでた。

    761 :ちわわ 2016/11/20(日) 14:29:50 ID:i5ZrWkOA.net
    ながーーーいので分けます。
    長文嫌いの方はスルーでお願いします。

    来年、結婚が決まった。
    昨日、母の再婚相手で私が高校生のころから一緒に暮らしてる養父と二人でコタツで飲んだ。

    養父のことは大好き。
    母を大事にしてくれるし、いきなりできた女子高生の私を本当に気遣いながら大事にしてくれた。

    本当の父親は所謂モラ八ラで、母が泣くまでやり込めるような人で、父親は私が小2の時に女を連れてきて「来月からこいつとここで住むから今月中に出て行け」と言って本当に追い出された。

    母方の祖父は障碍があってあまり実家を頼れず、本当に貧乏で育ちました。
    お風呂も毎日入れない、制服もおさがりのみ、1つの袋麺を母と二人で分けて食べる夕食も普通、靴下も穴を縫って履き潰した。

    高1の時に母が仕事先の社員さんに結婚を前提に付き合ってほしいと言われたので会ってほしいと言われた。その時は母が幸せになれるとかじゃなく、この貧乏から脱出できる!と思った。

    それから養父のマンションに二人で引っ越した。
    一人部屋を与えられて嬉しくて仕方なかった。
    高校2年にして新しい制服、ローファー、初めて携帯も買ってもらった。
    バイトもやめて大学にも行きなさいと言ってくれた。
    特別お金持ちではないんだろうけど大金持ちになった気分だった。

    浮かれた生活が続いたある日、家族みんなで朝寝坊をした。
    バタバタとみんなで準備してて、母が養父の仕事行く用意してる時、養父は母に一つ一つ「ありがとう」と言ってた笑っていた。
    ネクタイを手渡しては「ありがとう」朝ごはんがわりのおにぎり握ってる母を見ては「ありがとう」と。

    その光景を見た時になぜか涙がどばどば出てきた。
    なんて優しい人なんだろう。お母さん幸せそうだな。好きな人に尽くしてるお母さんかわいいな。
    そう思うと涙が止まらなかった。

    養父は突然泣き出した私を見てあたふたして「大丈夫だよ!!急げばまだ間に合うから!一緒に駅まで走ろう!!」と、私が遅刻しそうだから泣いてると感違いしたみたいでしたが、その養父の慌てっぷりがまた嬉しくて涙が出てきました。

    276 :ちわわ 2017/04/26(水) 00:55:39 ID:DQ/Ubsqa.net
    高めのビストロで隣のお客様からおごられた
    よく来るのか聞かれたから
    「たまの贅沢です」って言ったら
    「今日は鯵のエスカベッシュが美味しいから」 
    「合わせるならこのワインがおいしいよ」
    いるんだな、ジェントル!

    765 :ちわわ 2018/01/02(火) 19:43:10 ID:hFZeUCIe0.net
    昔交換留学で来た嫁にひたすら日本語で話しかけるという嫌がらせにも見えることをした
    最初は困った顔をしてた嫁も、帰るときには泣きながら「連絡ずるがらぁ~」と抱きついて来るまでになった
    大学でもこっちに来て近くに住み、そしてそのまま就職して帰らなくなったw