いい話

    30 :ちわわ 2019/05/29(水) 22:36:21 ID:HOuaQfP40.net
    一昨日から昨日にかけて4回家の中でてんとう虫を発見した
    みんな同じガラで場所はバラバラ、見つける度に窓から逃がした
    去年亡くなった父かな、なーんつて

    38 :ちわわ 2019/06/01(土) 07:52:18 ID:SfohsxML0.net
    私は霊臭と声を聴くことが多い
    愛犬と一緒に寝ていた息子たちが巣立ってから、私が愛犬と一緒に寝るようになったんだけど
    必ず「コラ!!」とか「オイ!!」とかおっさん?の声で起こされていたのがなくなり、
    身体を触ってくる霊も出なくなった。
    金縛りもなくなった。今思えば犬と寝てから一度もないわ。
    一度だけ夜中にふっと目を覚ました時、ベッドの足元がすごく光り輝いていた時はビビった
    目をつぶっても眩しいの。本当に黄金。しかも全然怖くない。
    それからは良いことしか起きてない

    9 :ちわわ 2018/10/04(木) 10:28:02 ID:UJs
    私、コミュ障。困ってる人がいたら、声をかけていいのか、そもそもなんて言えばいいのか、迷惑になるんじゃ…と悩んでるうちに他の方が助けに行ってしまうこと多数。
    当然恋人もなし、結婚願望もなし。ただひたすらせめて仕事だけはと頑張ってるだけの状態

    先日、会社を出てからめちゃくちゃ体調が悪くなった
    時間的に病院も空いてないし、休めるような場所もないし、帰宅するしかないと思って電車に乗った
    電車はそこそこ混んでて座れなかったから、立って吊革につかまってた
    そしたら、私の顔色見て「よかったらどうぞ」って少し離れたところに座ってた、眼鏡をかけた優しそうな男の人が譲ってくれた
    その人は笑顔だったんだけど、その笑顔がなんていうかものすごく安心する感じで、体調不良ってのもあって、ものすごくホッとしたんだよね
    お礼を言ってありがたく座らせてもらったんだけど、なんでか分からないけど胸がいっぱいで泣きそうだった
    毎日仕事漬けで人の優しさに飢えてたのかもしれない。割とブラックだし
    その事があってから、電車で私の前に立ってる人が少しでも体調悪そうだったら、あの人みたいに笑顔で席を譲れるようになりたいと思ってた

    そんで昨日。電車で運良く座ってたら、前に妊婦さんが来た
    今だ!と思って、勇気を振り绞って立ち上がった
    コミュ障なりに頑張って笑顔で譲れたと思う。ちょっと声裏返ったけど
    妊婦さんからお礼を言ってもらえて、ちょっと誇らしい気持ちだった。私もやれば出来るじゃん!って

    結局最寄り駅まで立ちっぱなしだったんだけど、妊婦さんと降りる駅が一緒だったんだ
    何となく気にかけながら歩いてたら、その人の旦那さんが迎えに来てたみたいなんだけど、なんとあの眼鏡の男の人だったんだよ!
    こんなことある?!と思った
    二人ともにこにこしてて、穏やかな感じで歩いていった

    この興奮を誰かに伝えたかったけど伝える相手もいないし、ここに書いてる
    なんかあのご夫婦見てると結婚したくなってきた
    婚活頑張ってみようかな。まずは笑顔の練習からだけど

    375 :ちわわ 2009/08/27(木) 19:59:47
    この間バスの中から見えた和み
    犬猫注意


    渋滞してて正直暇だった。
    何気なく外を見ていると、あるお宅の庭でご飯中のでかくて真っ白い犬を発見。
    ハスキーあたりを純白にした感じ。一瞬狼に見えた。
    綺麗だなぁかっこいいなぁと釘付けになっていたら、ご飯に夢中だった狼犬がぱっと振り向いた。
    視線の先を辿ると何かちっさい毛玉が…よく見たら三毛の子猫。
    捨てられたのかガリガリに痩せてて、どうも狼犬のご飯に釣られたらしかった。
    二匹は物凄い体格差なわけで当然子猫はびくついてる。でも目の前にはご飯が。ご飯の前には氷山の如く聳える白い巨体が。
    挙動不審な子猫を見つめていた狼犬、見兼ねたのかゆっくりした動きでご飯から離れてそっぽ向いて寝そべった。

    狼犬「もうお腹ふくれたよー全然見てないよー(`・ω・´)」
    子猫「!?寝ちゃったの?食べていいの?罠なの!?でもご飯…(*゚∀゚*)」

    そんな感じで誘惑に勝てなかった子猫、一度食べ始めたら無我夢中でがっついてた。
    それをこっそり横目で見てる狼犬が「たんとお食べ(*´∀`*)」みたいな優しい顔してて、
    物凄い勢いで和むと同時に何だか泣きそうになってしまった。
    ふと気付いたら飼い主さんとおぼしき男の人までお家の中から窓越しに(*´∀`*)な顔で二匹を見てたし。
    子猫にも幸せフラグの予感と共にバスはようやく走り出しましたとさ。
    たまには渋滞も悪くない。

    841 :ちわわ 2008/01/16(水) 11:17:33 ID:KqVfn600O
    (1/2)
    194:おさかなくわえた名無しさん[Y8fUZdE8]
    昼食に寄ったファミ乚スでの話し。
    長文すんまそ。

    俺の隣の席にお母さんと3~4歳ぐらいの男の子が座った。
    あーうるさかったら嫌だなーと思いながら、自分の
    オーダーを待ってた。
    すると、その隣に座った親子の会話が聞こえてきた
    母「○○は、お子様ランチでいい?」すると、子が
    内緒話をするように母の耳に手を当てて(丸聞こえな訳だがw)
    子「そいでいい」
    母「もう少し声出してもいいよ。」
    子「そいにする(笑顔)」
    全ての子供がうるさいと思った俺謝れと自分に言ったよ。
    で、料理が運ばれてきて食べてると
    子「楽しいねお外でごあんは楽しいね」
    と母とニコニコお行儀良く料理を待ってた。
    親子の所に料理が運ばれてきて、
    子「かあしゃんいたあきますするよ」と母を促しててホノボノ。

    69 :ちわわ 2014/10/01(水) 00:54:50 ID:???
    ついでに自分語りしてみる

    俺の嫁とは自分が20歳から付き合いだ。嫁は4つ上。
    当時、自分が若いのもあってチャラチャラしてたし、
    勤めてた会社に嫌な先輩がいて辞めたいって嫁に相談したんだ。
    嫁「辞めてどうするの?地元帰るの?」って言われた。
    兎に角、辞めたかっただけでその後は考えてなかった。
    そしたら嫁は「とりあえず3年頑張ろう!私も頑張るから」と。
    ちょっと意味わかんなかったけど1人暮しだし、貯金もなかったし我慢して続けることにした。
    週末はいつも嫁が俺の家に遊びにきてたんだけど、しばらく行けないからと嫁からメール。
    理由がわからなくて不安になって嫁実家に凸したら、嫁 何か勉強してた。
    嫁「秘密で受験しようと思ってた。私が手に職つければ俺くん仕事辞めても大丈夫でしょ」と。
    嫁、看護士になるために受験しようとしてたんだよね。
    直感的にその時、俺コイツと結婚したいと思った。
    嫁が看護士免許取得した年に入籍した。

    続きます

    215 :ちわわ 2015/10/18(日) 00:49:46 ID:???
    過労で電車に飛び込もうとした時の体験。

    当時の私は20代半ば。連日15時間労働、休日出勤当たり前の超ブラックな職場で働いてた。パワ八ラのおまけつき。
    妙齢の女が独り暮らしで、しかも職場が過酷なものだから親の心配は半端じゃなく、盆休みにほとんど無理矢理実家に連れ戻された。

    しかし社畜だった私は2日休んだだけで職場のある町に戻ると決め、親の目を盗んで駅に行った。
    町へ行く電車を待っていると、特急通過のお知らせが聞こえてきて、ふと飛び込めばもう働かなくて済むじゃんと思いついた。

    憑かれていたというか、それが最良策だと思った。
    たぶん楽に逝けるし、親に心配かけることもなくなるし、労災とか認められれば鉄道会社への迷惑料もブラックに請求できるかも、と。

    いま思えば正気の沙汰じゃないが当時はもう、そうしようそれがいい!それしかない!!と勇んで一歩前へ。
    ファーンていう特急の警笛?が聞こえて、さあ行くぞって走り出そうとした時、向かいのホームに犬が見えた。

    それ、学生風の若い男の子が、脇に置いてたキャリーケースなんだよね。
    目ではそう見えるんだけど、どうしてか頭では犬だって認識するの。
    なにこれ、幻覚?て目を凝らすほどハッキリ犬の姿になる。
    その顔に覚えがあったんだけど、10年前に天国へいった初代ワンコだと気づいて驚いた。

    ペー太(仮)!!あんたペー太なの!?って叫んだか叫ばないか記憶にないけど、とりあえずワンコがこっち見ながら尻尾ふって、目の前をガーッと特急が過ぎてった。
    ホームぎりぎりにいたので風圧で尻餅ついて、駅員さんにめちゃ怒られて。
    あとは簡単に書くけど町には戻らず実家に帰って親と相談して会社やめた。

    それからしばらく休養したあと給料半分くらいの仕事に再就職してのんびりやりながら今に至る。
    昼間、2代目ワンコと戯れてたらふと思い出したので誰かに聞いてほしくて書いた。

    186 :ちわわ 2015/04/27(月) 16:01:11 ID:???
    うちの犬が脱走し、お友達の導きで帰宅した話 


    中学生の時、私のじーちゃんが白い子犬をどこかから貰ってきた。
    じーちゃんはゲートボールが趣味で、その帰りにスクーターに乗っけて突然つれて来た。
    うちは皆動物好きなのでスルっと家族の一員になった。
    子犬は女の子で、私がもののけ姫が好きだったのでサンちゃんと名づけた。
    それからじーちゃんは毎日スクーターで田んぼ道をサンちゃんと散歩した。
    じーちゃんは元々肺が良くなくて、あまり歩いたり走ったり出来ないからスクーターでゆーっくり散歩してた。
    5年くらい経ったある日、サンちゃんが庭の柵を飛び越えて脱走してしまった。
    お散歩ルートや近所中探し回ったけどとうとう見つからなかった。
    それからすぐ、じーちゃんが病気が悪くなって亡くなった。
    サンちゃん、じーちゃん亡くなるの分かって寂しかったのかなーとか家族で話した。
    もう戻ってこないのかな と半ば諦めていた頃のある朝、見知らぬ番号から電話が来た。
    出てみると声は70代くらいの上品そうなおばあちゃんで「うちにいる犬がもしかしたらお宅の犬かもしれない」と。

    419 :ちわわ 2018/06/13(水) 23:00:02 0.net
    今日セルフのガソリンスタンドで洗車機通そうと思ったら店員さんにコンコンって窓叩かれたのよ
    何かと思ったら「赤ちゃん洗車機泣きませんか?良かったら洗車機通しますので店内でゆっくりされて下さい」って言ってくれたわ
    きゃわめっちゃ泣くから助かったのよ

    1 :ちわわ 2017/06/09(金) 08:01:54 ID:aKWh0iST.net
    お父さんは来なくていいって言われた
    泣いてもいいか?