同僚

    836 :ちわわ 2017/11/03(金) 10:00:48 ID:0T/wbXRL.net
    ふと思い出したので書いてみる
    21歳の頃、10歳上の職場の同僚と付き合ってた
    元彼はご両親とうまく行っていなくて絶縁し家を出ていて、友達の家を転々としていたらしく、独り暮らしをしていた私とすぐに同棲状態になった
    煙草が嫌いな私のために煙草をやめてくれたり、早く帰った日はご飯を作ってくれたり、楽しく過ごしていた
    ある日、俺も家賃半分払うよと元彼から言い出した
    光熱費とかも上がってたし、ありがたかったので頂戴することにした
    お菓子の缶に入れておいて、ある程度溜まったら将来のための貯金にしようと思ってた
    時々、家に帰ると煙草の匂いがしていて、元彼に訊くと「知らないよ、止めたって言ったじゃん、信じてないの?」
    煙草を吸わない人は吸う人に比べてすごく煙草の匂いに敏感だと言うと(特に私は頭おかしいレベルの嫌煙)、ムッとして家を出て行く
    そのまま連絡が取れなくなって、翌日ひょっこり帰ってきて「ごめんね」って抱き締めるか土下座
    連絡が取れないことに不安MAXの私は「無事に帰ってきてくれてよかった」ってことで有耶無耶に
    自分に都合の悪い事はいつもそうやって解決?する元彼だった
    ある日、職場に元彼のご両親がみえた
    漏れ聞いた話によると、車の税金と携帯代を払ったのでその領収書を預けに来たらしい
    絶縁なんてしてないし、31にもなって親に携帯代払ってもらうってなんだそれ?
    どういう事か訊くと「それぐらいはさせて欲しいと言われたので、生きてる証明になるかとそうさせてやっている」とのことだった

    86 :ちわわ 2016/12/15(木) 02:56:15 ID:RfW
    結婚して一年未満なんだが、結婚直後から旦那に妙に女の影がチラついてた
    時々メッセージ入のチョコとか持って帰ってきて、そこに漢字間違いの多い字でラブメッセージが書かれてるんだよね
    「○○さんすごく貸しこい(賢い?)から、助けられてます(はぁと)」
    「今日はヘルプってくだされて(くださって?)有漢うございました!(有難う?)」
    土日の仕事ない日も携帯鳴ることが多くて、携帯からは女忄生の声が漏れ出てる

    そんで先月の休みに、家に仕事の用事だとその女から電話かかってきたと思ったら「旦那さんにすごーくお世話になってます」とアピールされて
    旦那にかわったら相談したいことがあるから家に来たいというらしい
    最初は旦那が断ってたんだけど私が「仕事なんでしょ?構わないよ」と逃げ道塞いで呼んだ
    当日はリビングで話してたんだけど、旦那がトイレに行ったすきに女から挑戦状叩きつけられた
    「私のほうが若くて同じ会社で仕事してる分理解がある」的なことを話したのかな
    あまり聞かずに旦那が戻ってきたので
    「旦那と同じ会社ってことはお給料いいよね?
    二人から慰謝料がっぽり貰えるし、私独り身でも生きていけるし、そっちの人生もありだよね」
    と話したら、女は「え?」みたいな顔、旦那は理解できずに私と女の顔を交互で見たあと顔が赤くなった
    旦那が「結婚にこぎつけるまで何年かかったと思ってるんだ!出ていけ!」と怒鳴って女を追い出した
    あらためて「私はあなたが居なくても一人で生きていけるから、慰謝料さえ払ってくれたら好きな人のところに行ってもいいからね」と伝えると
    二度と家に電話させません、家に変なものも持ち帰りませんと謝って来た
    わりと本気で契約違反の慰謝料さえ払ってくれたらいつ離婚してもいいと思ってるけど、旦那は最終勧告だと思ったらしい
    会社にも今回のこと話したらしい
    アホなメッセージ除いたら持って帰ってくるチョコもおいしかったんだけどなー

    1 :ちわわ 2020/11/16(月) 12:43:05 ID:NsU0N+JOa.net
    普通だろ

    185 :ちわわ 2019/12/27(金) 08:53:45 ID:1R.zk.L2
    仕事の休憩中に何人かと雑談してて
    「旦那さんにもお弁当作るの?」と聞かれ
    「いや、旦那の方が1時間半出発が早いから各自でお弁当詰める感じですね」
    と会話してたところ、後輩がいきなり入ってきて
    「かわいそう。私が結婚したら毎朝ホームベーカリーで手作りパン作ります。お弁当も作りたいです。」とドヤ顔
    すかさず同僚が「後輩さんが結婚したら今でも多い遅刻がもっと増えそうだね」とチクリと言ったら不愉快そうな顔して去っていった
    なんだったんだろう

    478 :ちわわ 2020/10/24(土) 18:13:15 0.net
    爺が元カノの誕生日に毎年国産松茸を贈ってることがわかったの
    もう15年も
    なんなのかな

    1 :ちわわ 2018/04/22(日) 15:12:47 ID:Smh
    なくなった理由が「参加した奴だけ出世してる」てのが理由

    でも、そんなことないと思うんだがなぁと

    1 :ちわわ 2015/03/01(日) 15:57:23 ID:aQU
    部長から呼び出されて「差別はやめろ!!」って言われ、
    これには俺も反論「差別したのは向こうです。私は日本の文化に馴染めないなら帰れ」って言っただけです。

    って言ったら、後輩が泣きだしてムカついたから退勤してきたわ

    391 :ちわわ 2012/04/21(土) 07:46:17 ID:3cHEuAph
    数年前、新入社員ですごく可愛い子がいた。
    色々仕事を教えたり手伝ってやったりして、悪くない雰囲気かなと思ったので個人的に飯に誘ったら、あっさりノー。
    断られる事自体はまあ仕方ないか、と思いながら冗談っぽい感じで「僕みたいなのは趣味じゃなかった?」と聞いたら…。
    「はい。顔が好みじゃないんです」
    「容姿的に釣り合わないと思いません?」
    とニッコリキッパリと言われて、冷めるってか頭から氷水ぶっかけられた感じ。
    確かにイケメンにはほど遠いけど、思ってても口に出すか?普通。
    ちなみに彼女は翌年、取引先の社長の息子(朝青龍似)と結婚した…。

    950 :ちわわ 2015/10/01(木) 14:59:29 ID:ZyO
    元カノがうざすぎる

    同じ職場で知り合った元カノは明るくて面白いし、ちょっと天然だけど気が利くムードメーカー的存在だったんだけど。
    ある日を境目に全く相手にされなくなった。

    その前の日に元カノ含めた6人で飲み会やって、終始みんなして元カノをいじって遊んでたからかもしれないけど。
    その時の元カノは別に怒った表情もなくへらへらしてたから気にも留めてなかったんだよね。
    翌日にメール送ったら返信が帰ってこず、電話入れても繋がらない。
    職場であっても無視される。目すら合わせようとしない。

    確かにこっちにも非はあったかもしれんが、いくら何でも大人げな過ぎて。
    怒ってるなら怒ってるって言えばいいのに。話し合いもせずにそこまでするってどない。
    26にもなる女がする事じゃないと思い、こっちから振りました。

    ちなみに元カノはその2か月後に居づらくなったのか、職場からいなくなってた。
    まーあんな性.格じゃ、どこいったって敵しか作れないと思うが。シラネ

    32 :ちわわ 2015/07/21(火) 17:35:14 ID:Bcu
    私が小学校まで過ごした村には、膿家と言って差し支えないレベルの家がごろごろあった。
    私がハイハイしていた頃から「うちへ嫁に」と40過ぎのおっさんが母親ひきつれて凸してきたことが何度もあったそうだ。
    恐ろしいことにそんなおっさんは1人では済まず、小学校中学年ともなればひっきりなしに「縁談」が舞い込み、
    通学中に声をかけられること数知れず、無理やり物陰へ引きずり込まれそうになったこともある。
    母は自分自身と私を守るために夜逃げ同然で村を出て離婚した。

    私が就職して数年たった頃、その村で、村おこしと銘打って嫁募集キャンペーンをやったことがある。
    それがローカル番組で特集されて、会社内でも話題になった。
    同僚(バツイチ子あり30代半ば)が興味を持って、
    「農家のお嫁さんになってくれる女性.は少ないから、お嫁さんはとっても大事にされるんだって」
    「子供のためにも、自然豊かなところで育児したい」
    と言い出し、「私、ここにお嫁に行こうかな」と本気で申し込みしようとした。

    それで、私が小さい頃にあった恐ろしい体験を話して、その村だけはやめておけと説得したのだが、
    「村を追い出されたのが悔しいの?」
    「自分が大事にされなかったからって、私が幸せになるのがむかつくの?」
    と斜め上の解釈をされて、あくまで私が嫉妬心から邪魔をしていることになってしまった。
    まあ確かに平成の日本で起こったことなんだよと言われても、突飛すぎて信憑性.薄いかもしれない。
    なので、意固地になってとめる義理もないだろうと、それ以上は引き止めなかった。

    彼女は実際にキャンペーンに申し込み、お見合いをして結婚した。
    入籍前に「農作業は一切手伝わせない」「子供と養子縁組する」などいくつかの条件を出して、
    相手に全部飲ませたと自慢げに語っていた。
    結婚と同時に彼女は退職したが、SNSにはまあまあ楽しそうな近況を書き込んでいた(共通の友人談)