修羅場

    299 :ちわわ 2015/05/10(日) 17:31:19 ID:ZsfhcmFx.net
    現在進行形の修羅場。
    兄家族が遊びに(というか母に母の日のプレゼントを渡しに)来るというので、姪っ子(姉の娘3歳・同居)と甥っ子(姉の息子1歳・同居)を連れてドーナツを買いに行った。
    帰って来たらリビングの空気が凍りついていて、姉がぶちギレてて兄嫁が泣いてた。
    母が二階に行ってなさいと言うので、姪っ子と甥っ子と、あと兄嫁の隣で泣きそうになってた兄の子(3歳女児)を連れて二階の自分の部屋へ。
    少しして母が飲み物とドーナツを持って部屋に来てくれて、何があったか教えてくれた。
    私が出かけてすぐ兄達が来たみたいなんだけど、兄が「買い物行くなら俺達が来るまで待ってうちの子も連れて行ってくれればいいのに冷たい」とか
    「あいつ(私)は姉ちゃんの子ばっかりかわいがってうちの子に冷たい」とか言ったらしく、兄嫁がそれに「そうだね」と同意。
    で、姉が「どの口が!」とぶちギレて、私が兄嫁にいびられていたことを洗いざらいぶちまけてしまったらしい。
    下ではまだ話し合い中みたいで、たまに兄と父の怒鳴り声が聞こえてくる。

    802 :ちわわ 2014/09/04(木) 20:45:17 ID:PnptI5f7.net
    私の母がまだ若い時にあった修羅場
    読みづらかったらゴメン



    母は当時20代半ばで、田舎から上京してOLをしてた。
    その時に付き合ってた彼氏とは結婚の話が出てて、彼の両親とも対面済みだった。

    んでその彼両親というのが、2人とも
    がっつり刺青をいれてた。
    なんでも彼父は、好きな女とお揃いの刺青を入れたい癖があるらしく
    息子にも同じことをさせようとした。
    彼氏は当時刺青は無かったけど、
    結婚する時にはいれるつもりだったらしい。

    母は彼父から
    「これが我が家の伝統だ。結婚するなら彫れ」
    と紹介された時に言われたとのこと。
    ※伝統のわりには彼の祖父母は刺青をしていなかったらしい、、

    母の答えはno。

    その後母は「刺青するぐらいなら別れる」と言ったが、彼氏が、嫌だの駆け落ちしようだのごねて、
    なかなか別れられなかった。



    ここまでが前提。

    195 :ちわわ 2021/06/17(木) 15:19:01 ID:vD.gd.L1
    長いです。長文嫌いな人はスルーして下さい。2つに分けます。


    5年前の修羅場。

    ある時、結婚した娘が突然夜中に帰ってきた。
    新幹線で帰省してくる距離を、ひとりで運転して車で帰って来たらしく
    帰ってくるなり「しばらく放っておいてほしい」と言ったまま、まだ残してあった自室に篭って出てこない。
    夫とふたりオロオロして一睡もできず。
    2度ほどトイレに出てきたようだけど、朝になっても私たちの前には出て来なくて
    夫が婿さんに電話して事情を聞こうとしたが、何度呼び出し音が鳴っても出なくて
    留守電に折り返し電話くれって入れてもかかってこない。
    仕方なく夫は仕事に出掛け、そのあと娘の部屋の前で「とにかく出てきて説明しなさい」って言ったら
    漸く出てきたんだけど、ずいぶん泣いてたみたいで目が真っ赤。
    で、娘が「離婚したらここに戻ってきてもいい?」って聞いてきた。
    「その前に説明しなさい。じゃないと何とも答えられない」って言ったら
    ぽつぽつ話し出したんだが、話を聞き終えて私自身が頭にカーッ!と血が上るのが分かった。

    娘は大学を出てすぐに同い年の彼氏と結婚したんだけど、
    子供は仕事に慣れるまで2年は作らないことにしていた。
    それは私たち夫婦も聞かされていたし、義両親にも話したと言っていた。
    ただ、私たちは納得してたけど、義両親は「一人っ子なので孫は一日でも早く、
    たくさん産んでほしい」と言う希望があって納得はしていなかったらしい。
    我が家も一人娘なんだけど、ふたりともまだ若かったし
    社会人として一人前になってからと言うのは、生まれる子供の為にも良い判断だと思っていた。
    義両親の対応は婿さんに任せていたようだ。

    娘、その年の健康診断で要精検が出て、あれこれ検査を受けた結果、初期の㲗癌が確定したばかりだったらしい。
    初期とは言え、全摘の必要は全くないが左右のバランスが崩れる程度には切除しなきゃならない。
    義両親からは相変わらず孫の催促があって、婿さんが「せっかくだからこれを利用して説得しよう」と言い出したそうだ。
    㲗癌の治療に専念したいから子供はそのあと、って説明するって。
    娘はその言葉もショックだったらしい。
    せっかくだからって言葉、私も聞いててムカついた。
    娘自身がまだ気持ちの整理がついてないのに、婿さんが「一緒に行って病気の説明から始めないと」って。

    675 :ちわわ 2020/01/06(月) 16:29:53 ID:Orf
    年末年始は仕事で、今日から数日休みなので帰省してる。
    実家に着いて荷物を整理してたら玄関が騒がしくなり、何事かと襖を開けたら飛び込んできた知らないおばさんに掴みかかられ、訳がわからないうちに天井を見てた。
    柔道でぶん投げられたらしい。
    分厚い脂肪がクッションになったのか私はノーダメージ。
    むしろ私は視界が襖→廊下→知らないおばさん→天井とくるくる移り変わって処理が追いつかない方にパニック。「は?」しか言えないロボットみたいになってた。
    デブな私を投げた細身のおばさんがバランス崩してるすきに旦那が間に入り、同日に帰省してた妹の彼氏が駆けつけておばさんをつかまえてくれた。
    私の修羅場はここまで。

    後から駆けつけた母に宥められ、リビングで全員テーブルについた。
    おばさんもパニックになっているようで、まくし立てているんだけど文章に必要な要素がたびたび欠落してよくわからない。
    母がお茶を淹れながらおばさんが父(昨年没)の方の親戚だと教えてくれた。
    おばさんは私達がおばさんのことを知らないのに動揺。
    なんとか話してくれたことによれば、全ての元凶は祖父母だった。

    206 :ちわわ 2017/10/12(木) 19:27:46 ID:jc2
    終息しつつあるものの現在進行中の修羅場
    自分は直接の当事者ではないのであんまり詳しくは知らないけど、知った時本当に腹が立ったので吐き出したい
    弟が職場でパワ八ラと暴カを受けていた。

    弟は高校を卒業してしばらく経ってから飲食系アルバイトを始めて今年で多分7、8年くらい
    自分はその間に結婚して実家を出てる。
    お互い時間が合わなくて年に2回会うかどうかで、良い歳してフリーターの弟と付き合うのが少し億劫だった

    滅多に会わないものの、子供の時体が弱くて当時珍しかった父子家庭でお互い支え合って生活した弟の事は、弟と息子の間くらい大切に思っている
    そんな弟が傷害事件になるほどの暴カとパワ八ラを受けたと先週知らされた。
    膝が曲がらない程の怪我をして仕事から帰ったのが事の発端

    怪我をした弟のかわりに父が先方と話をしたそうだが、これがまぁ酷い

    父から聞いた要約によると
    会社の社長に「経緯を知りたい。相手は2人だと聞いているので連れて自宅へお越し頂きたい」と連絡して呼び出したのだが、挨拶も名乗りもせず入ってくるなり事のあらすじと言い訳を話しだした。
    「遊びの延長(じゃんけんして負けたら肩パンチ)でしていた」
    「仕事をミスしたので軽いツッコミとしてだった」
    「自分達はパワ八ラも暴カもしていない」

    記録する、と宣言しレコーダーで録音されているにも関わらずこの発言。
    父はあまりの言い分に頭に血が昇り2時間ほどネチネチと誘導し最終的には認めさせたそうだ
    細かい会話は聞いた自分がキレて乗り込みそうなのと、思い出しても情けなくなるからと教えてくれなかった
    その日は認めさせて証拠もとれたので解散した。
    また翌日にこれからの事を話し合うと言って先方達は帰っていった

    長いので一旦切ります

    171 :ちわわ 2014/08/17(日) 00:01:26 ID:NxiduPGk.net
    俺の仕事先に新人が入った
    新人って言ってももう40過ぎのおっさんで今迄ニートかフリーターみたいな
    何かオタクっぽくて髪も禿げかけのロン毛でボソボソ喋る人だった


    俺の仕事場では二人一組で業務を行うんだけど
    年令は関係なしで先に入った方が偉いし指示も出す感じ
    俺はまだ20代半ばだけど仕事場ではおっさんより先輩
    だから俺もおっさんに指示出したりして仕事こなしてた
    でもおっさんは何が気に食わないのかずっと不機嫌

    腹割って話しておかないとこの先仕事に差し障っても困るから
    仕事帰りに二人で飯食いに行ってお互い酒入れてから
    「何が気に食わないの?ハッキリ言えよ」って聞いた

    そしたら「なんで一回り以上年下に指示出されなきゃなんないんだ
    つーか俺の方が年上なんだからお前は敬語使え」とかボソボソ言ってきて
    確かに俺は口の利き方が良くない所もあるけどおっさんの言い方にカチンときて
    「ウチの会社は先に入ったヤツが偉いんじゃ!年令関係ねーわ!
    お前こそ俺に敬語使え!」って売り言葉に買い言葉で口論した

    んで口論の末におっさんが俺の襟首掴みかかってきて
    「生意気なんだよお!」とか叫ぶから
    「そんなに気に食わないなら社長に言え!社長が決めた方針だろ!」
    って言い返しながらおっさんのロン毛掴んで引っぺがした

    471 :ちわわ 2014/11/16(日) 08:16:56 0.net
    >>466
    疑い過ぎも良くないが、注意はしといた方が良いよ。
    俺は鈍感過ぎて現場遭遇して始めて気づくという馬廘したわ。
    ベッドの中で頭隠して尻隠さず状態でやってるの見てやっと理解したという(笑)
    もう心まで持ってかれてたよ。もう少し早く気付けば、なんて思ったな。
    今でも嫁の真っ白な尻が間男の上でくねる映像はトラウマだよ。

    804 :ちわわ 2017/04/02(日) 11:11:55 ID:vGc
    すみませんがとても長いです。

    30歳の時、知人の紹介で見合い結婚した。相手は小3の娘がいたが、私は初婚。
    実は恋愛して婚約までした男忄生がいたが、
    婚約してから分かった相手の家庭の宗教問題が原因で破談にしたことがあり
    最初から色々分かった上での見合いの方がいいと思うようになっていた。
    見合い相手の男忄生は、元妻が職場の男忄生と不イ侖の挙句子供を置いて出て行って2年が経っていた。
    最初にはっきりとそういう事情を話してくれて、娘なのでどうしても男親では分からないこともあり
    再婚を決意したことも正直に話してくれたのが好ましかった。
    お見合いにしては長いだろうが一年付き合って、娘もとても懐いてくれて結婚を決意。
    娘とは相忄生が良かったのか、わりと上手くいっていた。
    少し心配だったのは、少しでも予定より帰宅時間が遅くなると玄関先で泣いていた。
    また捨てられるんじゃないかと不安になるんだそうだ。
    それを聞いてこんな小さな子がそんなトラウマを持ってることが可哀想で仕方がなかった。
    その後、一度妊娠したが夫と意見が分かれた。
    妹が出来れば寂しさを癒すことが出来るんじゃないかと言う気持ちと、
    せっかく授かった我が子を産みたいと言う気持ちを持っている私。
    子供が出来れば実子に愛情が傾き、連れ子への愛情が薄れるんじゃないかという夫。
    そんなことはないと言っても「堕ろしてほしい」と譲らない。
    だったら最初から避妊を提案してくれれば良かったのに、妊娠してからそんなことを言うなんてと
    この頃から少しずつ不信感が生まれてきた。

    842 :ちわわ 2015/05/20(水) 22:39:22 ID:a6orhYot.net
    私がまだ実家にいた10年以上昔の話。
    夕飯を食べて野球見ている時に玄関のドアがバンバン叩かれその後に激しくチャイムが鳴った。
    家にドアホンが無かったので、玄関からタヒ角になってる窓からそっと表を覗くと
    人が倒れているように見えたので慌ててドアを開けたら、女の子(以後Aと表記します。)がうずくまっていた。
    大丈夫!?と声をかけると、Aは顔を上げたんだけど顔を見てギョッとした。
    顔は毆られたらしく鼻と口の端から流血。シャツは引きちぎられてボタンがほぼ無く
    下着は辛うじて引っ掛かってるって感じ。スカートも半分脱げていた。
    動けなくなってしまったAを玄関に半ば引きずるようにして保護。
    私はAにしがみつかれて動けなくなってしまい、母親が警察に連絡。
    切れ切れに話すのを要約するとAの実両親は離婚し、彼女は母親に引き取られた。
    だけどその母親が亡くなってしまい、お葬式が終わり家に帰ってきた夜に養父に襲われたそうだ。
    警察はすぐに来てくれたけど、男忄生が来た事でAが激しく泣き出してしまい
    新たに婦警さんと救急車を要請してくれた。
    救急車が来て婦警さんが来ても、Aは私からしがみついて離れないので
    結局私も救急車に乗って病院まで行った。救急車の中でAが眠ったので私は病院から
    パトカーで送ってもらい帰宅。その後何回か警察に話を聞かれたけど、数回でそれも終わった。
    一ヶ月位経って警察から連絡があり、Aからお礼が言いたいので会いたいと言われ警察で会ったのだけど
    傷が消えたせいか、あの時より格段に元気そうに見えた。
    ご迷惑をおかけしてすみませんでした。本当に助かりました。ありがとうございます。とお礼があり
    彼女は知らなかったそうだけど、実父も亡くなっておりその妹さんの所に行く事になったと言われました。
    伯母さんも同席しており、丁重にお礼を言われお菓子を頂きこの件は終わりました。

    本当にあの襲われかけた(未遂だったそうです。)女の子を見た時は修羅場だったし
    ニュースで女忄生が襲われた事件を見る度に心が痛みます。
    あの子が今元気で幸せであればいいと願ってやみません。

    159 :ちわわ 2010/08/10(火) 14:23:54 ID:MM8K2Mow0
    この時期になると思い出す、数年前の巻き込まれたっていうか自分から突っ込んで行った修羅場

    俺男…当時大学4年、工学部、就職決定済、フツメン(だと思いたい)
    彼子…俺男の彼女、幼馴染、短大卒業後某派遣会社に就職
    上司A…彼子の上司、30代前半、さわやかイケメン

    俺男と彼子は小さい頃からの知り合いで、高校の時から付き合いだし、当時5年目に突入した所。
    交際は順調に進み、俺の卒業後に同棲開始→結婚と言うのが今後の予定(両実家も了承済み)。
    彼子は俺の就職先(他県)に付いてくるので、辞めるの前提で派遣会社に勤めてた。

    大学4年の夏の事
    俺の研究が本格的に忙しくなってきた処に、同時に彼子の仕事も繁忙期に入り、会える時間が激減。
    1ヶ月に2,3日にしか会えなくなってしまった。
    で、ある日お決まりの別れ話を切り出される。
    「こんなに会えない日が続くのは耐えられない」
    「私より研究の方が大事なんだね」
    「もっと私を大切にして欲しかった」等々
    毎日メールとか電話はしてたし、会えない理由は俺が忙しいだけじゃないのに全部俺のせいになってたり、微妙に俺のやってる研究内容を貶めてみたり、
    なんだかおかしいと思って問い詰めてみたら、「好きな人が出来たの」と白状した。
    更に詳しく聞くと、相手は上司のAで、既に俺と別れたら付き合い始めると約束してあるらしい。
    説得を試みるが、彼子の意思は固く失敗。

    別れるのは了承したけど、彼子両親とは家族ぐるみの付き合いをしてたし、小さい頃からお世話になってたから最後に挨拶だけでもしたいと彼子に言ったら、
    「アンタと私はもう別れたの!今更ウチの両親に媚売らないで!私が言っておくからそれでいいでしょ!」
    ってキレられた。このセリフでもう俺には一切の情が無いのがわかってしまってかなり凹んだ。

    物凄くショックだったけど、当時は本気で研究が忙しかったので、何とか気を紛らわす事が出来てた。
    そしてそのまま卒業→他県へ引越し→就職と大きく環境が変わったことで、彼子に対する感情も少しずつ薄れていった。