修羅場

    240 :ちわわ 2017/03/18(土) 23:13:27 0.net
    (元)夫の(元)不倫相手が私の自宅に侵入している時に帰宅してしまい鉢合わせしたのが修羅場だった

    流れは、私が子どもの入院や手術で忙しい最中に元夫が不倫
    その頃から家や私の携帯に、夫が帰宅する直前に非通知無言電話があった
    今ふり返れば全部不倫相手の嫌がらせだったんだろうと思う
    元夫に伝えてもしらばっくれて知らん顔
    不倫相手を庇っていたのかな
    結局、車の助手席の下からラブホのカードが出てきたり
    自宅に長い髪の毛が落ちていたりで夫婦関係はボロボロ、いがみ合うようになり離婚した
    元夫はそこまでしても不倫相手を選んだのだと思う

    277 :ちわわ 2013/04/04(木) 15:23:16 ID:7S2lamKv
    もう15年くらい前の話。女友達に丘された?ことがある。
    女同士だから丘されたってのもおかしいし、だからといって性.的な関係を持ったってのも違う気がするけど。

    友達(以下A)は高校時代の友人で一緒に東京方面の大学に進学した。
    一人暮らしだったAの家には他の友人達も交えてよく遊びに行っていた。
    その日はたまたま私一人で遊びに行って話し込むうちにそのまま泊まることになった。
    横になってゴロゴロして話しているうちに、Aが私の身体を触りだした。
    ちょっとやめてよーって冗談ぽく笑ったけど、Aはやめようとはせず、服の中にまで手を入れて胸を才柔みだした。
    ちょっと冗談が過ぎると思い出した頃には完全に押さえ込まれ、下まで触られた上に指ではあったけど挿入まで許してしまった。
    もはやパニックたったのかなんだったのか、私は抵抗もせず彼女に好き放題触られたりなめ回されたりしていた。

    すみません、続きます。

    354 :ちわわ 2018/07/16(月) 09:47:20 ID:NqFC46Yp.net
    ちょっと衝撃的すぎて若干混乱してるんだけど。

    ついさっきコンビニでトイレ借りたんだが俺が入って15秒くらいで突然ドアを殴る音がして「早く出てくれませんか!?」「急いでるんです!」
    って声がしたから「直ぐ出ます」って返事をしてサッサと小便して出たんだがドアを開けるとそこには床一面に拡がる水たまりと大号泣する小学生くらいの男の子とその母親らしき人がいた。
    水たまりもどんだけ我慢をしてたんだよってくらいの大きさでトイレの入り口から通路側まで拡がってた。
    そして俺を見るなり母親らしき人に「何で直ぐ出てくれなかったんですか!」とか「緊急でもないのにトイレ使わないで下さい!」とかすげー剣幕で怒られたのよ。
    いやいや俺、まだトイレ入って直ぐだったし「出ろ」って言われてからも1分以内には出たしそこまで怒られる必要あんの?第一、緊急じゃなければトイレを使ってはいけないとかどこのルールだよ。
    確かにそこまで切迫はしてなかったけど意味もなくトイレを利用したわけじゃないしちゃんと店員に一言断りを入れて利用してるのにいきなり怒鳴るとか何考えてるんだ?

    と、驚きから怒りに変わりそうな時に慌てた店員が来てくれたんだがトイレの入り口は水たまりで用具が取れないからお手数ですが手伝って貰えないでしょうかと応援要請。
    俺も水たまりのせいでトイレから脱出出来ないので横の用具室からバケツとモップと雑巾を店員に渡した。
    ちなみにその間も子供は泣きっぱなしだわその母親は「早くしろ」の一点張りだわで大変だった。

    770 :ちわわ 2019/05/16(木) 21:50:55 ID:1FADWoGa.net
    新婦は生まれつき背中に目立つ痣がある。
    彼女は背中の開いたドレスは着たくないと言っていたのだが、その結婚相手が「女は皆ドレス着るのが夢!」みたいな思い込みのある人で
    彼の希望で、結局背中の開いたドレスで挙式することになってしまった。
    式の途中までは痣についてどうこう言う人もいなかったが、酔っぱらってタガの外れた新郎友人数名が「あの背中すげえな!」と大盛り上がり。
    自分含む新婦友人が注意しても知らんぷり。新郎親族は見て見ぬふり。新婦親族は黙って震えていた。
    当の新郎はというと高砂でただニコニコと見ているだけ。

    結局半年も経たないうちに離婚した。
    どうやら新郎はドレスの件以外にも相手の感情を無視して自分ルールを押し付けてくるタイプの人だったらしい。

    534 :ちわわ 2009/04/02(木) 06:17:12 0
    浮気されてた、気付いたきっかけはベット妙な臭いってのかな?自分の臭い以外の
    男の臭いがしたから。
    相手は同じマンションの自営の男だった、自営だから時間が自由になるし
    昼にやって来てはせっせと励んでいたらしい。
    頭に来たけど一時の感情で変に才柔めるのもと考え直し嫁には内緒で証拠集めを
    する事にした、が、そんな時に嫁妊娠が発覚。
    どちらの子か分からんがもしかしたら自分の子か?との思いもありとりあえず
    証拠集めよりも修復出来るか自問自答を繰り返す。
    一ヶ月もしない内に流産、病院に行き励ます、嫁は泣いていたが席を外し戻って
    来た時に見た(嫁は気付いていない)ホッとしたような嬉しそうな顔を見て
    自分の子ではないと確信した。
    んじゃ、そろそろ間男と嫁の前でぶっちゃけるか?と思っていたら間男の不治の病が
    発覚、ステージ4であっという間にあの世に旅立って逝った。
    葬式ではどんな想いなのかは知らんが泣きじゃくっていた、冷たい目でそれを見ていたと思う。
    葬式が済んで落ち着きが出て来た頃嫁が「人生何があるか分からないね、これからは
    2人で仲良くやって行こうね?」と言い出した。
    カッと頭に血が上ったが「冷静になれ!!」と何度も心で繰り返し無言でその場を
    立ち(探偵に頼んであった)証拠を持ち嫁の前に置き「本当に人生何があるか
    分からないな、自分がバツ1になるなんて思わなかったよ」と、意識しながら
    思いっきり低い声で言ってやった。
    その日の内にマンションから追い出し自分も必要な物だけ持ってホテルに行った、
    後は業者に頼み自分の荷物は新しいアパートに嫁の荷物は嫁実家に送らせた。
    嫁は泣きながら嫁親も手を着いて謝っていたが何も聞こえない振りしてそれなりの
    慰謝料もらって別れた。
    後で知人から嫁が不倫に走った理由を聞かされた、
    「せまられて断れなかった」だと、どこまで信じて良いかわからんが馬鹿馬鹿しいとしか思わなかった。
    相手の間男もこの世にはいないし、旦那の事を信じて疑わなかった奥さんに教える
    必要もないから間男側は何も知らないまま、まぁ、あの世であちゃーくらい思っているかも。

    126 :ちわわ 2012/07/01(日) 19:43:18 ID:su/lBwW7

    あんまり大したこともないんだけど、あとで修羅場だったとわかった修羅場。

    もう二十年以上前の、私が小学校低学年だった頃の話。
    父には年の離れた弟がいて、私も弟もおじさんの事がお兄さんみたいな感じで大好きだった。

    ある晩、夜中にトイレに起きたら、なぜか茶の間におじさんと寝間着姿の両親がいて、
    低い声でなにか話し合っていた。おじさんは無精髭が伸びていて、すごく怖い顔をしていた。
    大人の話を邪魔すると怒られるので、私は「いらっしゃい」と挨拶だけして部屋に戻った。
    だけど両親たちの話が気になったので、襖を少しだけ開けて、こっそり聞いていた。
    おじさんが低い声でなにか叫んだ。
    父の声。「おい、そげなもん、しまえ!」
    続いて母の声。「○○(おじさんの名前)さん、そんなことしたらいけんよ!いけんよ!」
    その後も低い声で言い争いは続いた。
    声の調子から只事じゃないのはわかったが、子供なんでいつの間にか眠ってしまった。
    でも翌朝、父も母も何も言わなかったから「もしかして夢だったかも?」ぐらいに思っていた。

    おじさんは近所に住んでいて、よくうちに晩御飯を食べに来ていたけど、その晩からは
    なぜかうちに顔を出すことはなくなった。

    おじさんがどういう状況なのかわかったのは、それから1ヶ月ぐらいしてから。
    当時のテレビで、警察の指名手配犯の写真と名前を流す5分ぐらいの番組をやっていて、
    ある土曜日に母と私と弟でお昼を食べていたら、テレビの画面ににっこり笑ってる
    おじさんの顔と、名前がドーンと…。

    おじさんは893みたいな悪い仲間と銀行強盗をやらかして、指名手配されていた。
    その事件は地元の新聞にも結構大きく報道されていて、私も読んだ覚えがあった。

    406 :ちわわ 2008/07/11(金) 08:22:26 0
    タヒ産はね…産みの苦しみだけ味わって、喜びのない出産だから
    味わった人間にしか分からないよ。
    私は流産させられたクチ。しかも犯罪者トメはまだ悠々と生き延びてる。
    それ相応の仕返しはしたけどwww
    というわけで>>397GJ!!これから今までの1000000000000000倍
    幸せになる魔法をかけておこう!

    767 :ちわわ 2013/06/07(金) 10:17:58 ID:bv9gUtEI0
    決着がついたので投下。

    中学3年の間しつこく私を粘着して虐めてきた女を、兄が婚約者として連れてきた事。
    事前に婚約者を連れて帰ると聞いていたので、母と二人でwktk待機してた。
    玄関で奴の顔を見た瞬間、今までされた事が頭によみがえってきた。
    奴はにこにこと笑って「はじめまして」って言ったよ。第一印象だったなら、きっと好印象を抱いたと思う。
    茫然としてる私を尻眼に「婚約者様」の紹介は滞りなく進んで、母も大層奴を気に入って
    いい人捕まえたわね!なんて帰った後兄の携帯に電話するほどに気に入ったようだ。パニック障/害が残ったせいで
    通勤が出来ず在宅で仕事をする私と、バリバリ稼いでる奴。味方なんていないと思った。学校でもそうだったんだから。
    私の事を覚えていないのなら、視界に入らないよう気をつければいいと思った。でも奴は私を覚えてた。
    兄からメアドを入手したらしくすぐにメールが来た。結婚したら同居するつもりな事。私を追い出すことは考えていないから
    よろしくねって。昔みたいに仲良くしようね!って

    すいません長くなります。続き

    9 :ちわわ 2017/03/25(土) 19:01:33 ID:oh79ysCh.net
    >>8に便乗。

    身バレ怖いから詳細書かないけど
    以前職場にバイトできていた男の子がいて
    「私子さんって男の人と付き合ったこと無いってホントですか」
    「俺処/女とヤったことないんすよね」
    「一度どうですか」とニヤニヤ聞いてきて、怖くてスルーしたことがあったけど
    その後も何かとセク八ラ発言が酷くて、
    年末の飲み会で強引に私の体触ってきて
    冗談っぽくだけど「一発でいいからヤらせて」みたいなことを言い出して
    周囲の人も見かねてそのバイト君がトイレにいった隙に
    「今なら大丈夫だから帰ったほうがいいよ」「家まで押しかけられたら怖いでしょ」と配慮してくれて
    その後も私の終了時間とバイト君の終了時間が重ならないようにしてくれたり
    重なったときは先輩が一緒に帰ってくれたりした。
    あと、そのあたりのことを上司に報告してくれて
    そのバイト君がクビになったことがあったんだけど
    1年後くらいにそのバイト君が婦女暴行で逮捕されてた。
    常習犯で過去にも近所で複数の事件があって、3年くらい前からやっていたらしくて
    うちで働いていた時にもそういう犯罪をしていたらしい。
    ちなみにそのバイト君の母親もうちでパートしてたんだけど
    事件の後、すぐ退職した。
    見た目割とイケメンだし、女に不自由しなさそうだし
    実際彼女がいるって話もしていたのに
    何故そんなことをするのか不思議でしょうがない。
    なんかの病気なのかな。

    816 :ちわわ 2009/01/05(月) 12:33:34 0
    今年のお正月の話。
    うちの旦那は種無し。結婚して3年経ってまわりがうるさくて検査に行ったら種無しと判明した。
    残念だけど旦那が好きで結婚したんだしそれでもいいやと私は思ってるんだけどトメはそう思ってなく、
    どうしても私を悪者にしたかったみたいでずーっと子無しに対するイヤミを言われ続けてた。
    旦那はもちろん自分のせいだと言いトメを〆るもトメは絶対嫁のせいと言い張り今年の正月も一触即発の空気に。
    毎年こうなので今年は義実家には行くのをやめようと思ってたんだけど、海外出張の義兄夫婦が
    日本に帰ってきたのと良ウトがガンで余命宣告をされているので仕方なしに行ったんだけど「やっぱり」な展開。
    毎年こうでウトに「トメいいかげんにしろ!」と怒鳴られ三つ巴の喧嘩になるんだけど、ここで義兄が立ち上がり
    台所から出刃包丁を持ち出し、トメの前の机にだん!と置いた。

    「嫁子さん(私)すまない。嫁(兄嫁)すまない。お前達はいつもこんな事言われてたんだな
     親父、おふくろ、俺もこいつ(旦那)も種無しだ!いらん玉ぶら下げてんだよ。嫁のせいじゃないんだ。
     言葉で言ってわからないんだったらそれ(出刃)でこんないらん玉取ってくれ。
     それが種無しの自分達を産んだおふくろの責任だ。親父、これ取ればおふくろはもう何も言わない。安心出来るだろ?」

    なんていうか凄い重い空気になって兄嫁さんは号泣。私もつられて号泣。旦那も俯いて涙流してた。
    ウトも「悪かったな。皆追い詰めたな。ったくお前達にこんな母さんまかせられないよなぁ。心配だよ本当に」と言って泣いた。
    トメは出刃をじっと見ながら「ごめんなさい」と謝って出刃を台所にしまって二階に行った。
    大の大人が狭い義実家のこたつにぎゅうぎゅうに入りながら泣いてるのは凄い寂しかったよ。

    結局その後はウトが遺産の話をしたりトメの行く末を話し合ったりしたんだけど、
    それじゃあまりにも悲しい最後のお正月になってしまうと思ってトメと話し合って
    ウトが行ってみたいと言っていたカラオケに行き家族で歌を歌って楽しげに帰ってきた。

    なんていうか怒涛のお正月だったけど、結婚して初めて良いお正月だったなと思ったよ。

    このページのトップヘ