886 :ちわわ 2021/03/05(金) 13:59:36 ID:Rb.yp.L1
    高校時代、先生が不イ侖して大変なことに。

    私のクラスの担任、A先生(女)が、隣のクラスの担任のB先生と結婚した。
    みんなでサプライズでお祝いの寄せ書きやらカンパしてお揃いのちょっといいマグカップやらプレゼントした。
    A先生にはとても喜んでもらえた。
    ところが半年も経たないうちに、B先生が私のクラスに授業しに来たとき、

    「そうそう、まだAには言ってないんだけど俺彼女が最近苦手でね」

    と言い出した。女友達と遊ぼうとすると止めてくるとか、そんな感じを
    生徒全員(なんでそれ私達に言うんだよ…)(そりゃ、嫌に決まってるよ)と思った。

    が、人望あるクラス委員が「A先生の家のことだから、みんな絶対に口外しないようにしよう。生徒にこんな話が漏れてるとわかったら先生も辛いと思う。親にも言ったらいけない」と説得して、みんなは度々B先生のA先生に対する愚痴を聞きながら秘密を胸にしまい込むことに。


    ところがそれからしばらくして、職員室で先生達がかなり楺めていた。
    うちの高校はマンモス校で生徒も多く教員も多い。そのためかなり職員室がデカくて、移動教室のときはショートカットできるため生徒はバンバン出入りするから野次馬ができていた。

    A先生がC先生に「返して!それは生徒がくれたものなの!返しなさい!」と例の私達がA先生に贈ったマグカップにお茶を入れて持っている新任のC先生(女)に、見たことないくらい怒ってた。

    C先生は「お茶飲んだら返しますから!」と言い、B先生は

    「生徒から貰おうがたかがマグカップだ!お前は大げさすぎる!」

    とかばい、C先生に「それあげるよ。うちのがヒステリックでごめんねー」とニコニコ。
    他の先生達が「ちゃんと返しなさい!」と怒るも「いいんですよ、安物ですしうちの嫁のものですから」。
    見ていた生徒の中には私含むA先生クラスの生徒もいたから、野次馬の生徒たちはドン引き&激怒。

    A先生はすぐ私達のところへ来て、「ごめんね。C先生が間違って使っちゃったみたい。後で洗って返してもらう。素敵なマグカップでお気に入りなの」とフォローしてくれたが泣きそうな顔してた。


    学年主任は「B先生は咄嗟におさめようとしてああ言ってしまったみたい。みんなに凄く申し訳なかったと言ってたよ」とフォローしてくれたがみんな信じなかった。学年主任は怒ると怖いので、B先生ビビったんじゃ?という見解。

    更に先生達の結婚から半年以上経った時、他クラスの部活で知り合った子が衝撃の画像をメールで回してきた。
    B先生とC先生がキスしてるところを休みの日に見たそうで写メったそうだ。

    私は部活終わりに先輩や後輩とそれを見てしまい、みんな( ゚д゚)となった。間違いなくB先生とC先生だった。
    慌ててクラスメートたちに「どうしよう、他クラスから回ってきた」と報告。

    翌日の昼休みまでには

    拡散した生徒のクラスメート&他クラスの友達&部活の先輩後輩→更にその生徒の友達、といった感じで拡散されたらしく、朝登校して更に騒ぎを聞きつけた生徒会長が執行会顧問の先生にすぐに相談するまで騒ぎが大きくなった。

    クラスどころか学年、更に全校生徒と先生達に知れ渡り、A、B、C先生はその日早退した。
    その日の夜にはうちの両親までママ友から騒ぎを聞きつけていて、私が帰ってきたら両親とも

    父「そんな屑男に教育者の資格なし」
    母「女として許せん」

    という感じで激怒しててそこまで話が伝わったかとびっくり。
    もう隠しても仕方ないと思い、クラス委員に電話して
    「私達の秘密も話そうよ。ここまで来ちゃったら隠してもムダだよ」

    と伝え、クラス委員も「うん、そうだね…」と気落ちした返事。

    「教え子からの贈り物を本人たちの目の前でけなした」
    「教え子から見たら担任にあたる先生をバカにし続けた」

    という2点を親に伝え、それらも不イ侖とあわせて考えれば納得行くと伝えた。
    そして結局、A先生はその翌日から体調不良により休職となったり、B先生のクラスにいた私の友達は、父親が不イ侖した時のトラウマが蘇って数日休んだ。

    その学期の保護者会では校長先生と教頭先生が出てきて「生徒に大変な不信感を与えてしまった」「不贞行為については学外で行われており処分まで至らなかった」「A先生は一身上の都合でご退職となった」と謝罪し、保護者みんな「BとCが辞めるべきだ」とブチ切れていたそうな。

    びっくりしたのは、翌年B先生とC先生が結婚したこと。
    職員室で、私達がA先生にあげたマグカップをC先生が使っていたこと。
    そして私達が社会人になり、その高校の教師として働き始めた友達が、「今だから言うけれど、A先生は退職ではなく自杀殳し亡くなった」と、当時の学年主任から教えられたということ。
    未だにBとCが勤務していること。

    思いっきりトラウマとして残っている。



    283 :ちわわ 2021/10/08(金) 12:44:56 0.net
    中学生婆子のクラスが荒れてるわ
    原因はまず間違いなく男子3人グループ
    特にそのうちの1人が、気の弱い男の子を一定期間㬥言イジメして
    またターゲット変えて同じこと繰り返すらしい
    そして授業態度も悪く成績も悪いそうだ
    イジメ加害者としていつも名前があがって被害者が何人もいるなら
    加害者の方を出席停止にすればいいのに

    41 :ちわわ 2007/05/20(日) 12:20:26
    うちの夫は伝書鳩気味ではあるが、トメへの苦情はきちんとトメへ伝えてる。
    トメは距離梨気味ではあるが、言えばわかる人なので大きな問題にはならない。
    夫にトメの苦情を言うと、夫はトメを叱るが、その後多少不機嫌になり、煮物の味などに文句をつけることがある。
    言いにくいことを言わせてるのだから多少不機嫌仕方ないかな、と思っていた。

    先日、夫が後輩に電話しているのを聞いた。
    「親と嫁、どちらをえこひいきしてもうまくいかないぞ。
    親に注意したら、むりにも嫁に注意する。
    池波正太郎の家族の極意だ」
    …そういうつもりかい。

    以来、料理に文句言われたら
    「うまいものを食べたいと思うなら、それだけの配慮を自分でしなくてはならぬ。
    たまさか外へ出てうまいものを食べさせなくてはだめだ」
    義実家旅行の話が出れば
    「母へつかえるのと同様、家内の母へもつかえなくてはならぬ。
    私は母を連れて旅行するとき、必ず家内の母も同行した」
    と、池波を棒読みで引用している。

    池波はやることやってるから言えたんだよバーカ。
    「一家の主である男は、二人の女に屈服するか、
    または二人の女を屈服させるか、そのどちらかを選ばねばならない」
    そっちがその気なら屈服させますから。

    639 :ちわわ 2021/10/12(火) 14:47:31 0.net
    体重減ったのが嬉しくて父にも言ったらまた食事の度に制限頑張ろうねって言うようになった
    もうやだ。制限されると苛ついて反発して食べたくなるって何度も言ったのに
    父は純粋に応援してるだけで婆の為に言ってるんだと思う
    同じ日本語を話してるのに言葉が通じない
    もうこいつ宇宙人だわ

    162 :ちわわ 2021/01/02(土) 23:50:16 ID:02.6y.L1
    新年早々、長話でごめんなさい。

    昨年秋に彼からプロポーズされて、
    その時に結婚の条件として提示したことを
    彼がどうしても受け入れてくれなくて
    何度も話し合いを重ねた結果、別れることにした。
    別れることに彼は納得してくれなくて
    これも何度も話し合ったけど平行線。
    だって、理解してくれないなら私は結婚できないと思ってるから
    彼がそれは出来ないと言うなら別れるしかないじゃない。

    私が提示したのは、新居は実家近くにしたい。
    そして直ぐではないが、いずれ母の生活に不安を感じたら引き取って同居したい。
    養子になってくれとは言わないがそれを認めてほしい。
    貯蓄もあるし、迷惑はかけないようにするので
    私が母に対してすることを認めてほしいと言うもの。

    私が子供の頃、母が私を庇って石段から落ちて
    骨折の仕方が悪くて片足を引きずるようになった。
    そのことで母にどうこう言われたこともないし
    歩けるんだから問題ないって前向きな母だったけど
    高2の時に父が病タヒしてから、不自由な足で仕事をして
    大学まで行かせてくれた。
    自分で奨学金貰って行くって言ったけど
    父がちゃんとお金を残してくれたから大丈夫だって言って。
    母は大学にはちゃんと行かせるつもりで
    父もそのつもりだったんだから、行きなさい。
    そしてちゃんと学んできなさいって言ってくれた。
    そんな母に、父の分も恩返ししたいと思ってる。

    続きます。

    1 :ちわわ 2021/10/17(日) 08:55:43 ID:o0RB2qL+0.net
    例えば、マスクはしないといけないとなればみんなマスクをするし
    時間を守らないといけないとなっててみんな守るし
    悪いものではない

    618 :ちわわ 2021/10/17(日) 10:06:53 0.net
    下の子が上の子に毆る蹴るするんだけどどうやったら止めさせられるのか
    婆と爺が叱っても怒鳴っても駄目なのよ
    手を上げたら虐侍になるし。詰んでる

    188 :ちわわ 2012/09/30(日) 02:15:53 ID:Mpavqd9X
    ちょっと痛かった修羅場の話。

    子供の頃、下校途中に友達とふざけてて溝に落ちて
    その溝にあったゴミ?でふくらはぎをザックリと切ってしてしまった。
    うわーやっちゃったよと思いながら溝から上がって、なんとか血を止めようとしているところ
    近くを通りがかった大人がそのケガを見てびっくりして救急車を呼んでくれた。
    救急隊員が○○病院へ行く、と言ったのを聞いて俺絶叫。

    子供たちとその親の間で、○○病院はヤブ医者として有名だった。
    同級生の一人がその病院で風邪と診断され薬をもらったが治らず、
    実はおたふく風邪だった→皆かかって学級閉鎖とか、
    骨折した子がレントゲンを撮ってくれなかったとか、噂で済まない事実だったから。
    (そんな病院が、救急指定されていたのが今考えると恐ろしい話だ)

    救急車を呼んでくれた人も、救急隊員も、俺がただ病院嫌いの子供だと思って宥める。
    そんなレベルじゃねえw 恐いのと痛いのでとにかく泣き叫ぶしかなかった。
    ○○病院に着いたらまさにそのヤブ医者が手当をしはじめた。
    そして一言、「こりゃー縫うしかないな」
    俺また絶叫。
    「痛くないから、すぐ終わるから」
    今度は、痛すぎて涙が出た。麻酔打たれたけど全然効かなかった。
    入院するほどじゃなかったし親も職場から迎えにきてくれたから帰宅。
    しかし縫われた傷が半端なく痛くて眠れなかった。

    続く

    371 :ちわわ 2016/08/01(月) 22:07:32 ID:kwC9V2uR0.net
    同い年だけど私が社会人で彼氏が学生なのでいつもワリカン、なのはまぁいいんだけど
    彼氏が学内の女子と内緒で遊んでたのが発覚して喧嘩した後
    「今日の食事代はこのお詫びにそっち持ちでいい?」と言ってみたら
    「俺に貧乏生活を強いるわけ?」と断られた時

    866 :ちわわ 2015/07/17(金) 13:16:28 ID:Feq
    台風の来るたびに思い出す人がいる。
    実家の近くに良く居たお婆さん。
    いつも小さな巾着袋を持って、外をうろうろしている。
    巾着袋を持っていて、小銭とポケットティッシュが入っている。
    晴れでも雨でも、暑くても寒くても、昼間は一年中外にいるから日焼けで真っ黒。
    喋っているのは聞いたことがない。

    台風の迫っていたある日、学校から帰る途中でお婆さんを見かけた。
    廃屋の軒先を借りて雨宿りをしているようだったけど、
    もう随分と雨風は強くなっていて、雨宿りの意味があまりないような有様。
    お婆さんはびしょ濡れで震えていた。

    家に帰って、祖母にお婆さんのことを知らせた。
    祖母は少し考えた後、町内会長さんのお宅に連絡を入れ、出かけて行った。
    小一時間ほどで帰宅した祖母は、
    「あなたももう中学生だから、世の中にはこういうことがあるって
    知っておいてもいいでしょう」
    と、そのお婆さんに纏わることを話し出した。

    昔々、隣町の地主の家に娘が生まれた。
    この娘は「頭のゆっくりした子」(祖母談。知的に障碍がある、という意味だと思う)で
    地主夫婦は娘のことをとても心配していた。
    自分たちが世話をできるうちはいい。しかし、親は子より先にタヒぬ。
    自分たちのタヒ後、娘はどうなる?

    地主夫婦は、娘に婿を取ることにした。
    家、土地、資産は娘に全部付けてやる。だから娘を一生面倒見てくれ。
    そういう条件で婿養子を探し、娘を結婚させた。
    娘夫婦は地主夫婦と同居で生活し、穏やかに暮らしているようだった。
    そのまま数十年が経った。

    地主夫婦は随分長生きして娘の面倒を見たが、それにも終わりの時が来る。
    まず妻が、続いて夫が倒れた。
    夫婦ともに、最後まで「娘を頼む」と婿に頼んでいたそうだ。
    婿が葬儀やそれに伴う雑事を取り仕切り、そして、娘夫婦が資産とともに残された。