116 :ちわわ 2012/05/30(水) 14:04:30 O
    職場の同僚と付き合い出し、結婚まで考え始めたところで
    彼女に無職引きこもりの姉、重度知的障/害で要介護の弟がいること、
    彼女の中ではその2人まで俺が面倒見ることになってたことが発覚。
    数回話し合っても考えが変わらなかったので別れを告げてから
    しばらくの間、彼女がス㋣ーカーと化した。
    上司、親戚、警察、ありとあらゆるところに相談したけど
    「よく話し合え」「男なら彼女を受け止めてやれ」
    「結婚まで考えた仲ならもっと大らかになって」と
    全く話にならなかった。

    ここまでが修羅場でこっから蛇足。
    会社に転勤願い出して関東→東北で転勤し、やっと平和になったと思ったら
    去年の大震災で東北支社が大ダメージを受けて俺は関東へUターン。
    また彼女に付きまとわれる恐怖に震えていたら、別の同僚がロックオンされてて
    その同僚はどうやら何も知らずに幸せそうにしていた。
    先週末式場の下見をしてきたらしいけど、俺は同僚が
    不幸になるのを黙って見てるべきなのか?
    今真面目に仕事も手につかんくらい真剣に悩んでる。

    81 :ちわわ 2019/10/03(木) 17:13:40 ID:kCr
    彼女の母親がクレクレだったことと、
    彼女がそれをなんとも思っていなかったことが判明して冷めた。

    彼女は幼稚園が終わった後、いつも同い年のAちゃんの家か、自宅で遊んでいたらしい。
    ど田舎(というか離島)で当時、同年代の子供がAちゃんとAちゃんの弟しかいなかったらしい。
    (幼稚園は島外で船で通っていたと言ってた)

    彼女はAちゃん家に行くたびにAちゃん所有の同じ絵本を夢中になって読んでて、それが半年くらい続いたから、
    おばあちゃんが「そんなに好きならその本あげるよ」と言ってくれた。
    その本は亡きひいおばあちゃんが買ったものだが、Aちゃんが全く興味を示さなかったから
    (そもそも絵本を買ったのが3歳の頃だから読み飽きていたのかもしれない)
    Aちゃんも「良いよ、いらないしあげる」と言ったという。

    彼女はそれをほのぼの話のように語っていてドン引きした。
    その絵本は今も彼女が所有している。
    Aちゃんはかなり早くに結婚して23歳にして子供が3人もいるそうたが、彼女は未だに返すつもりが微塵もなさそうだった。
    「彼女ちゃんいつも同じ絵本を読んでるよ~」と言われていたのに、娘が行くたびに他人の絵本をずっと読んでいることに注意しない母親、
    曽祖母がひ孫のために買った本をもらっていく図々しい母親、もらうくらいなら買えよと思った。(本土に買い物行くこともあると言ってたし買えないはずはない)

    彼女の母親も「あげるよ~」と言ってくれることを見越して彼女を注意しなかったのではないか。
    たとえAちゃんが気に入らなかったとしても弟が気にいるかもしれないのに。
    ひいおばあちゃんの形見と理解できる年齢になったら「返して」って思うだろうに。
    ひいおばあちゃんがどちらの親かは知らないが孫から曽祖母の形見を奪うおばあちゃんも毒祖母か。

    1 :ちわわ 2015/11/04(水) 20:59:27 ID:Gnz

    ペットのカエルがタヒんだから三日休みください言い出したんだがどう思うよ?

    576 :ちわわ 2014/11/09(日) 09:25:49 0.net
    3年程前の話
    俺実家は当時5人(両親、俺、妹、弟の順)全員既婚で別居、俺夫婦は子無しだった
    まず俺父が還暦目前にしてW不倫バレ、激怒した俺母が家出してうちへ
    俺母はムチュメタンマンセーで俺はゴミ扱いだったからおかしいなと思ってたら、嫁から俺母にも彼氏がいるクサイと報告が
    問い詰めたら俺母もW不倫、うちに転がり込んだのは彼氏宅に近いからとか氏ねよもう
    更にそれを知って逆ギレした俺父と俺父を追ってきた不倫相手の旦那さんと、俺母の不倫相手の奥さんが同時に来襲
    うちの居間で喧々諤々の大喧嘩、これに俺がブチ切れて全員を叩きだした
    この時点でお腹いっぱいだったのに、数日後に弟から「アニキ実は浮気がバレて・・・」と電話が入る
    ゲンナリしつつ弟嫁さんと話すが、先方(浮気相手)が妊娠してると聞かされて目眩がした
    これはもうダメだなと、弟の不出来を各方面に詫びつつ本人には説教
    弟は最終的に持ち家と財産差し出して離婚、更に浮気相手にも捨てられ俺も絶縁宣言して以後は知らない(タヒんではない筈)
    もうやだ氏にたいとか嫁に冗談半分で愚痴ってたら、今度は妹の旦那さんから「どうも浮気されてるっぽいんです」と相談が来た
    半ばなげやりでアドバイスして調べさせたら真っ黒だったとかもうね、ちなみに姪っ子も妹旦那さんの子じゃなかったとかなんなのと
    この件も向こうの実家から仲人さんや勤め先にまで頭下げたのは俺、両親は本人達の離婚調停と浮気相手の配偶者さんからの訴訟で火ダルマ炎上中だった
    申し訳ない、続きます

    285 :ちわわ 2013/12/01(日) 21:09:02 ID:xYZ6AGb7
    母親にお前なんか産まなければよかったって言われ続けて育った
    中学生でテンプレートのようにメンヘラ化して抗うつ剤などをODしてた
    毎日頭ぼーっとさせながら学校いってたんだけど
    とうとう様子がおかしいってことで保健室に連れて行かれて
    手首の傷やらを手当されながら色々きかれた
    そして2時間くらいして母親を召喚された
    担任+養護教諭+母親+私の緊急4者面談のような形になり
    母親は顔を引き攣らせながら私は悪くない、私は常識人だを連呼
    私はニヤニヤしながら母親の顔を眺めてた
    たいした取り決めがあったわけでもなくそのまま母親と帰ることになった
    私の態度が気に入らなかったらしく、途中で車から降ろされた
    仕方なく徒歩で帰り、マンションの階段をのぼっていたら
    自分の部屋がある階のところに母親が鬼のような形相で立っていた

    467 :ちわわ 2017/12/24(日) 11:34:50 0.net
    嫁の広島弁が怖かった修羅場
    長いです

    今年の正月に家族連れて俺の実家に帰ったとき
    うちは嫁姑が仲良くて、三が日は俺夫婦と弟夫婦揃って泊めてもらうことになってた
    娘(7)を寝かせたあと、みんなでリビングに集まってお酒を飲みながら楽しく近況報告や昔話をしてたら弟嫁がトイレに立った

    ちょっとしたあと、娘の泣き声がしたから嫁が様子を見にいったら「なんしよんならぁああ!!!」と聞いたことのない怒鳴り声
    めっちゃ怖いの聞いたことのない言葉と迫力に一瞬隣の家からかと思うくらい
    急いでかけつけたら、嫁が大泣きしている娘抱いて弟嫁を睨んでた
    弟嫁が寝ている娘を起こしてアレルギーのある果物を食べさせようとしていたらしい。一家全員大激怒

    長いので切ります

    707 :ちわわ 2019/10/05(土) 09:23:18 ID:rj.le.L1
    私が中学生くらいのときの話。

    家は通りから一本入って袋小路状になった奥にある。そのためその辺りに住んでる人しか普段はこない。

    ある日、その通りのところにフルフェイスのメット被った男の人がいた。別に何も思わずスルーしたけど、私が家に入る時に何気なく通りの方を見たら、その男の人が何故かこっちを見てて目が合った。
    その時に「えっ何?誰?」と思いつつも帰宅。家は誰もいなかったので部屋で寛いでると、玄関からガチャっと音がした。
    お母さんが帰ってきたかな、と思ったけど家に上がってくる音がしない。アレっと思って玄関まで見にいくと、さっきのフルフェイスの男が玄関のドアからヒョコッと顔を出してたんだよ。
    まじ心臓が止まりそうになった。
    当時、家に誰かいる時は施錠してなかったんだよね。
    ビビりながら、
    「だ、誰ですか?」って聞いたら、
    「あー、えっとー、あの、新聞いります?」とか言って。

    いやいや、新聞てなんだよ。新聞配達なわけないだろ。フルフェイスのメット被ったままで目しか見えてないし。ピンポン鳴らしてないし。怖いし、誰??と、テンパリつつ会話。
    「新聞はいりません」
    「そうですか、えっと、じゃあトイレ貸してもらえます?」
    「え?いや、え、嫌です。」
    「限界なんです」
    「向こうの公園にトイレありますよ」
    「いやーほんと限界なんで」
    とか言って靴脱いで家に上がって来ようとするんだよ。

    ほんと無理って思ってテンパってると、だんだん向こうはそれが面白いみたいな、私をからかってくるような口調になってきてさ、
    「彼氏いるの?」とか関係ないこと聞いてきたりして。
    もしかして知り合い?兄の友達か?とか一瞬思ったけど、だとしてもずっとフルフェイスだしピンポン鳴らさず玄関開けてたのとかおかしいし、もうパニックになって。
    その時、家の電話が目に入って、やっと警察を思い出して、
    「出てかないと警察呼びますよ!」って言ったら、やっと諦めて帰っていった。

    結局何だったのかよくわからなかった。
    家に私が入るとこ見てたから、留守宅に入ろうとしたわけでもないし、襲われそうになったわけでもないし、新聞屋ではないだろうし。終始フルフェイスのメットだったから顔もわからなかったし。

    当時は不思議だなーくらいの気分だったけど、今考えると相当こわい。
    でも今でも何の目的だったのかよくわからん。

    401 :ちわわ 2016/03/11(金) 14:00:40 ID:fgYVkHee.net
    両親に育てられたが、本当の父も母もわからなかった。
    詳しいことはわからないままだし、割愛してる部分もあるので、ネタだと思って読んでいただいても。

    物心ついた時から母が本当の母じゃないのは知ってた。
    赤ん坊の時から育ててくれて、私がいつか傷つかないようにと、小さい時から本当のことをうまく説明してくれてた。
    私を生んだ女性.のことは母もあまり聞いてないようだったし、私も興味がなかった。
    そして母は溺愛というには有り余るほど私を愛してくれて、おかげさまで私は卑屈になったことはなかった。
    父は田舎の長男ということで周りから「次は男の子を」と熱望されてたけど、父と母の間に子供はできなかった。
    何年待ってもできないもんだから、気の強い祖母や親戚たちが、よく母に
    「子ができないからわざわざ子のいる男を狙った」と
    父のいないところでイヤミを言ってた。
    そして両親は不妊治療を思いついた。
    父には既に私という子供がいるので不妊の原因は母らしいけど、初診は夫婦そろってという事で、二人で検査に行った。
    父が仕事の都合で結果を聞かず帰ってしまい、母だけが結果を聞いて帰ってきて、「やはり私が原因です」と言った。
    周りから責められたけど、父母は別れなかった。
    父は自分と子供に尽くしてくれる母と別れる気なんかなかったし、母は「私ちゃんと離れるなんてできない!」と言ってくれた。
    何より私が母にベッタリだった。

    しかしその後父がタヒんで母は私を連れて家を出た。
    女の子とはいえ家の跡取りは私しかいないのに、母と親戚が話し合った後、すんなり家を出ることができた。
    私は親戚に挨拶もせず、手早く家から連れ出された。
    遠くの地で母との生活が始まった。
    母は相変わらず優しかった。
    父が残してくれたお金もあったので、母の収入でなんとか母子2人生きていけた。

    213 :ちわわ 2018/01/22(月) 11:47:53 0.net
    義妹から
    「私の結婚式に実弟さんに出席してほしい
    披露宴がダメなら二次会に参加してほしい」
    と頼まれた
    実弟(28)は
    地元の国立大卒県庁勤め(地元では理想的wな経歴)
    高身長で学生時代に地元タウン誌にイケメンとして紹介されたことアリ
    なので義妹(33)の独身の友人に紹介したいと言う事らしい

    今でも実家暮らし、歴代彼女より母が大好き、
    デートより母との買い物を優先する
    今でも買い物は母と一緒、母の選んだ洋服を着てる
    年に2回は母と2人で旅行
    母と離れたくないから家を出るつもりは1ミリもない
    結婚したとしても絶対母と同居、どんな場合も母を優先する確率100%

    それでもいいの?と聞いたら顔面蒼白になってた
    残念でした

    331 :ちわわ 2019/11/06(水) 11:47:27 ID:4e.ai.L4
    親戚のババアがどあつかましい。
    そこんちの息子が、子供が闘病中に浮気。相手はなんと同じ病室に入院してた子の叔母w
    子供が全快後に離婚され、親権養育権は母親に。
    姑であるババアは「前からあんたが気に入らなかった、とっとと消えろ!孫は置いていけ!」と言うが
    当然そんなの通るはずもなく、子供は母親が連れていった。
    周囲は「お嫁さんにあんな態度したら、孫に二度と会えなくなるよ」と止めたが
    「嫁ごときにそんな権利あるはずない!」と聞く耳もたず。

    しかし蓋を開けてみたら本当に孫と会えなくなってババアあせる。
    面会権って実の親つまり父親にしかないらしい。
    だが息子はとっとと浮気相手と再婚し、子供?何それ、新婚生活サイコー!で浮かれまくり。
    子供に会う気まったくなし。養育費も踏み倒し。
    母親は「養育費をもらわない方が心置きなく会わせられずに済むから、しいて取り立てはしない」という態度。稼ぎがあるらしい。
    要するに姑舅が離婚後も孫に会えるケースは「関係が良好」「嫁のお情け」らしい。
    ようやく現実を知ったババア、
    「知ってたらもっと嫁に優しくした!」
    「何も知らない年寄りをだまして、ひどい嫁だ!」
    「私は哀れで無知な年寄りなのに。ああ可哀想な私」と会う人会う人に愚痴って泣く。
    しかし元嫁さんは別に何もだましてないし、誰もババアを可哀想と思う人はいない。
    ちなみに息子の今嫁のことは「前嫁より更に下、下の下!」と嫌ってるから、息子夫婦はババアの所へ寄り付かないらしい

    このページのトップヘ